フェイス, 漢詩, 科学

其の兌を塞ぎフェイスを使え-魂と霊の分離-

GYMにてスイミングをする際、体重と体脂肪を測定する。現在、それぞれ69.5キロ、10%台後半。ホントはもう少し絞りたい。最近は1,800Calレベルを意識している(もちろん楽しむときは目一杯だが・・・)。高タンパクを意識して、炭水化物はできるだけカット、が、油断すると増える。

ちなみに息子が勤務するある超大企業では昼食代手当が毎日2,000円だとか・・・。はぁ、何食ってんの?って感じだが、人間、食いたいだけ食うと体はぶよぶよになるばかりでなく、老化も進む。スピリチャアルにも鈍くなるし、ブレインも低下する。俳優の榎木孝明氏が30日間の不食を行った際、食べないと感受性が高まり、頭脳も冴えると証言していた。聖書でも断食を勧めている。

このボディは霊(spirit)と魂(soul)を入れる容器に過ぎず、いわゆる物理的サブスタンスと接触し、五感によって支配されている。現代人は五感の奴隷になっていると言える。つまり五感で感知する世界のみがリアリティーと思い込んでいるのだ。五感のカプセルに幽閉されている。

霊の機能であるフェイスは五感を超えた世界をリアルなものとして経験できる。つまりシックスセンスなのだ。映画『スターウォーズ』のフォースはバイブルのフェイスのパクリ。フォースによって遠くを見ることも、未来を知ることもできる。これは元々フェイスのパワーだ。末期のガンすらも癒される。フェイスの覚醒。これ、終末を生きる人類の究極のテーマ。それは聖霊とわれわれの霊の相互作用による。

この霊こそは、わたしたちが神の子供であることを、わたしたちの霊と一緒になって証ししてくださいます。-ローマ8:16

しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである。-ヨハネ16:13

ここで大切な点は、今回のメッセでも語ったが、霊と魂の切り分けがなされること(Heb 4:12)。このとき霊は五感(魂)の波動を受けることなく、臨在を常に楽しみ、聖霊の声を明確に聞くことができるようになる(☞霊と魂の分離について)。

ちなみに五感に縛られない生き方は老子も言っている(第五十二章)。

其の兌(あな)を塞(ふさ)ぎ  其の門を閉じれば  終身勤せず
其の兌を開き 其の事を済(な)せば  終身救われず

人間の身体にある穴を開きっぱなしにし、その感覚を貪ると心身は消耗するが、それらをふさげば健やかに生きることができる、というわけ。まずは食を支配すること。争いはすべて食を巡ることが原因なのだ。資本主義も共産主義も、一見高尚な思想体系に見えるが、元を正せば、いかにして食うか、が起源。

対してイエスは言われた―

何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。・・・ 空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。 また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。-マタイ6:25-27

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of