以前、朝のジョッギング中、池の水鳥が一斉に飛び立った。えっと思うまもなく、ズドンと地震が。横浜で震度4。直下型だ。彼らは感知するのだ。彼らにはそのような能力、パワーがある。知性はないだろうが、本能が機能しているのだ。動物はその本能によって生きている。それが人間の能力をはるかに超えることは衆知のことであろう。

精神分析の岸田秀氏は、人間は本能が壊れたため、知性によって幻想の中に生きるはめになったと言っているが1)人間は自然界を観察し、その法則を見出し、予測し、コントロールすることによって心の安定を保つ。自然そのものと直接にコンタクトすることのリスクを回避するためにサイエンスやテクノロジーを生み出したのだ(☞科学と信仰)。、まことにそのとおり。要するに現実から遊離し、ブレインのマトリックスに生きている。たとえば動物の生殖行動はあくまでも子孫維持のためだが、人間は必ずしもそうではない。だから人間の性行動は多かれ少なかれ倒錯している。

では、クリスチャンは何によって生きるわけ? 義人はフェイスで生きる、聖書に明確に書いてある。しかし、しかしだ、キリスト教徒の多くは、実はこう思っている:それは理想論。現実はそんなに甘くない。見てみよ、世は混乱、キリスト教界もスキャンダルだらけ、信じたってガンで死ぬ人もいっぱいいるではないか。所詮、カネがなかったら生きられない。フェイスで腹が満たされるのか。いい加減、現実を直視してみろよ。Dr.Lukeは最近、おかしくないか?

実は、こういった声があることは私の霊が感知している。彼らは自分で勝手に作り上げた「信仰で生きる」の幻想を追っかけているに過ぎない2)すでに日本語の「信仰」なる単語が不適切であることは何度も指摘している。原語はピスティス(Gk)、エミュナ(Heb)であり(☞Emunahの奥義)、日本語で理解する信仰とはかなり異なる内包を有する。聖書の真理は日本語で考えてはならない。御言葉は御言葉により定義するのだ。。この業界を覆っている霊はこのようなものである。

しかし、逆に質問しよう:そういうあなたは何によって生きているのだろうか? 才能? カネ? 会社? 地位? 学歴? 人間関係? 社会保障?・・・人はそれぞれに何かによって生きているのだ。それが当たり前になりすぎて、自分では意識できないほどに。あなたは無意識的に何かによって生きているのだ! が、ときにそれが崩される瞬間が来る。その時、人は動揺し、混乱し、恐れと不安に見舞われる。その時、自分が頼っていた物の正体が分かる。もし、キリストにのみよるのであれば、それはけっして揺るがされない(Rom 9:33)。

それで、わたしのこれらの言葉を聞いて行うものを、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができよう。雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけても、倒れることはない。岩を土台としているからである。-Matt 7:24-25

この岩とは、いわずもがな、キリストである(1Cor 10:4)。かつて『真理はあなたを自由にする』において、「フェイスはI-AMの実体化だ」と書いた。まことにそのとおり。イエスはご自分を「エゴ・エイミー」、すなわち「わたしはある」と言われた。そう、I-AMだと言われたのだ3)I-AMとはYHWH、それは最高のエロヒム、父子聖霊にいますお方の固有名詞であり、LORDとかと訳すべきものではない。現代聖書では御名が隠されている。御名の回復が急務である。。御子は神のサブスタンスの現出(Heb 1:3)。その方をsubstanciation、実体化すること。これがフェイス。

霊的法則(フェイスの法則)は物理的法則を超える(Rom 8:27)。重力の法則に飛行の法則が打ち勝つように、フェイスの法則は物理的法則を支配する。ないものがあるようになる。神はないものをあると呼ばれるお方(Rom 4:17)。主は「その神フェイスを持て」と言われるのだ(Mark 11:22)。神はフェイスを語り出して創造のみわざをされた。原則は同じ。われわれもフェイスを語り出すのだ。

神のバイブレーションは全地に満ちている(Ps 19:4)。そのバイブレーションと私たちの霊を共鳴させること。これがフェイス。フェイスはバイブレートする霊である4)創世記1章2節、神の霊が水の上を「動いていた」の原語は、「振動していた」。つまりバイブレーションだ。卵を孵化させるときに雌鶏は熱を与えるが、熱とはバイブレーションに他ならない。。そのバイブレーションが私たちのマインドに言語化あるいは映像化されるとき、それを語り出す。するとそれが現出するのだ。

「わたしは信じた。それゆえに語った」としるしてあるとおり、それと同じフェイスの霊を持っているので、わたしたちも信じている。それゆえに語るのである。-2Cor 4:13

おいおい、Dr.Lukeはニューエイジかグノーシスにはまっているのではないか?と言われるむきがあることももちろん承知。が、イエスはそのようにしてみわざをしたであろう。Are you with me? キリスト教徒はオツムだけの、肉汁の抜けた筋張ったステーキを食わされている。ニューエイジの方がよほど霊的法則を知っている。

繰り返すが、ヘブル11章1節のフェイスには定冠詞がない! 彼らはそのシックスセンスであるフェイスを、間違った方向とチャネルを通して使っているのだ。ゆえに、ナントカ神学とかカントカ主義などよりも、元ニューエイジや悪魔礼拝をしていた人々の証は霊的世界に関して実に学びとなるのだ。何度も繰り返そう―

キリスト教なる宗教のマトリックスから解放されよ!

References   [ + ]

1. 人間は自然界を観察し、その法則を見出し、予測し、コントロールすることによって心の安定を保つ。自然そのものと直接にコンタクトすることのリスクを回避するためにサイエンスやテクノロジーを生み出したのだ(☞科学と信仰)。
2. すでに日本語の「信仰」なる単語が不適切であることは何度も指摘している。原語はピスティス(Gk)、エミュナ(Heb)であり(☞Emunahの奥義)、日本語で理解する信仰とはかなり異なる内包を有する。聖書の真理は日本語で考えてはならない。御言葉は御言葉により定義するのだ。
3. I-AMとはYHWH、それは最高のエロヒム、父子聖霊にいますお方の固有名詞であり、LORDとかと訳すべきものではない。現代聖書では御名が隠されている。御名の回復が急務である。
4. 創世記1章2節、神の霊が水の上を「動いていた」の原語は、「振動していた」。つまりバイブレーションだ。卵を孵化させるときに雌鶏は熱を与えるが、熱とはバイブレーションに他ならない。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of