フェイス, 科学

フェイスとロジックは対立しない

ある人々は言う、この科学万能時代に神とか霊とか論理的でないと。パウロは言った、肉において誇るところがあるならば私はだれにも負けないと(Phil 3:4)。私もあえて言おう、論理を誇る者があれば、私は彼らに負けることはないと1)論理の限界についてはゲーデルの不完全性定理でも明らかだ。

フェイスはロジックを超える!

主イエスは生まれつき盲目の男の目を開くとき、つばきと土を混ぜて泥を作り、彼の目に塗り、シロアムの池に行って洗えと命じた(John 9:7)。「はぁ? 主よ、彼は目が見えないのですよ、シロアムの池は急な階段を降りるのです。目を開いてあげてから、洗え、と言うべきでしょう?」

私たちの生まれつきの魂の一機能である思い(mind)は必ず理屈に従ってジャッジする。それは不合理だ、論理的でない、おかしい、馬鹿らしい・・・と。逆に言えば、生まれつきの魂の人は自分の理性を誇り、論理に従うことを人間性の最高の指針とし、自身のプライドの根拠とする。だから、彼らは霊のことは理解できないし、彼らにとっては愚かなことなのだ(1Cor 2:10)。つばきで泥を作って、目に塗るって!?

魂(Gk)の人は神の霊に属する事柄を受け入れません。その人にとって、それは愚かなことであり、理解できないのです。霊によって初めて判断できるからです。-1Cor 2:14

論理のユニットは「p→q」だ。「pならばq」と読む。英語では”p implies q(pであることはqであることを意味する)”だ。pとqを満たす要素の集合(真理集合)をそれぞれP、Qとすると、このunitが真であるときは、「x∈Pならばx∈Q」のこと、i.e. P⊆Qのことだ2)つまりxが集合Pに属していれば当然に集合Qにも属すること。。言い換えると、「x∈Pであるのにx∉Qであることはない」ということ3)xが集合Pに属しているのに集合Qに属さないことはない、ということ。、すなわち「¬(p∧¬Q)」のこと4)例えば、「雨が降る⇒傘をさす」とは”「雨が降りかつ『傘を差さない』こと」はないこと”です。。この真理表は次のとおりになる(〇は真、×は偽)。

p q ¬q p∧¬q ¬(p∧¬Q)
× ×
× ×
× × ×
× × ×

このような操作を形式論理というが、私たちの通常用いている思考法則(シーケンス)を定義したものだ5)ちなみにこの真理表によれば、「-1=1→(-1)2=1」も、「2=1→22=1」も正しいのだ! え、なぜ? と質問が。要するに、仮定法、反実仮想の世界。。私たちはこのような法則、まあ、地上の知的法則に従うことを良しとする。が、イエスはあえてこのような法則を逸脱するのだ。

そもそも「神は父・子・聖霊の三パースン(位格)にいまして、唯一である」といういわゆる三位一体の定式もこの論理から逸脱している。これを神学では「パースンにおいては区別されるが、本質においては同質(ホモウシオス)である」とか解釈を加えて定式化して一応納得するわけ。が、自然における光ですらも波であり、粒子でもあるわけだから・・・。

・・・とお遊びは置いておいて、イエスはあえて私たちのオツムを弾けさせる。唖の男を癒すときには、両耳に指を入れ、つばきをつけて彼の舌に触った(Mark 7:33)。はあ? 何の意味が? 知恵の木の実を摂った人類に対する神の挑発とも言えるかも知れない。神の知恵と人間の知性と、どちらが偉大なのか?神の知恵は人間にとっては愚かなのだ。それが十字架だった(1Cor 1:18)。

神の国を地上に顕す鍵は従順。それはすなわちリスクを取ること。人の目にとっては愚かな道を歩くこと。ラザロを蘇らせる時も、イエスはあえて愚かにも4日も待った。会堂司の少女を蘇らせるときは、「寝ているだけだ」と言って、人々から馬鹿にされた(Mark 5:39-40)。イエスは自分の身内からも「狂っている」と見られている(Mark 3:21)。パウロもしかり(Acts 26:24)。

かくしてフェイスは希求するものの実体(サブスタンス)、見えないものの証明(現出)なのだ(Heb 11:1)。それは論理を超越している。目の前の事象を論理の網でシーケンシャルにとらえたがるのが人類の性。が、イエスは違う。すべてをフェイスの目で見ている。それは見えないものが見えるものを構成することを知っておられるから(Heb 11:3)。彼は霊によりたちまちのうちに見えない実体を把握し、それを語り出すのだ。すると目の前の事態は一瞬にして変えられる。

死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。-Rom 4:17

これが神のキングダムにおける生き方。キングダム・シンキング(マインド)キングダム・アッタランス。まことに

「わたしは信じた。それゆえに語った」としるしてあるとおり、それと同じ信仰の霊を持っているので、わたしたちも信じている。それゆえに語るのである。-2Cor 4:13

References   [ + ]

1. 論理の限界についてはゲーデルの不完全性定理でも明らかだ。
2. つまりxが集合Pに属していれば当然に集合Qにも属すること。
3. xが集合Pに属しているのに集合Qに属さないことはない、ということ。
4. 例えば、「雨が降る⇒傘をさす」とは”「雨が降りかつ『傘を差さない』こと」はないこと”です。
5. ちなみにこの真理表によれば、「-1=1→(-1)2=1」も、「2=1→22=1」も正しいのだ! え、なぜ? と質問が。要するに、仮定法、反実仮想の世界。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of