フェイスはホープをスーパーインポーズする

フェイスはホープをスーパーインポーズする

2019-04-12 0 投稿者: drluke

彼は望み得ないのに、なおも望みつつ信じた。そのために、「あなたの子孫はこうなるであろう」と言われているとおり、多くの国民の父となったのである。 –ローマ4:18

これは新共同訳だが、他の訳も同じようなものだ。が、田川訳はこうある-

彼は希望に反して希望を信じた。その結果すべての民族の父となった。「汝の子孫はこのようになろう」と言われているとおりである。

岩波訳では-

アブラハムは、希望に抗いつつ、〔しかもなお〕希望に基づいて信じた。そして・・・

KJVではこうだ-

Who against hope believed in hope, that he might become the father of many nations, according to that which was spoken, So shall thy seed be.

新共同訳などが意訳であることは明らかである。この「反して;抗いつつ;against」とされた原語は”para”。原義は「そばに」。「希望」の原語は対格なので1)ギリシャ語の前置詞は名詞の格支配により意味が変わる。、”(with accusative case) to the proximity with (local [especially beyond or opposed to] or causal [on account of]).”(Strong)。つまり「緊密性、特に、超えてとか反して」の意味だ。希望には緊密でありつつもそれを超えてあるいは反して、とはいかなる意味か。

次の”believe in”の前置詞”in”の原語は”epi”、その原意は”A primary preposition properly meaning superimposition (of time, place, order, etc.)”(Strong)。すなわち、時間や場所や順序のスーパーインポーズ。それが支配する「希望」は与格であるため、”(superimposition) of rest (with the dative case) at, on”(Strong)。その上に頼りつつ、基礎を置きつつ、安息するというスーパーインポーズだ。スーパーインポーズとは下地の上に何かを焼き付けること。つまり、希望の上にフェイスが安息として焼き付けられる、あるいは上書きされるのだ(⇒キリストは私をオーバーライト(上書き)した)。

信じた私たちは安息に入った。-ヘブル4:3

希望とフェイスの違いはこちらを参照して欲しいが、よく「神様はいつか私を癒して下さると信じています」とするむきがある。これははっきりと言うがフェイスではない。ゆえにこのような証しをする限りは癒しは現れない。そしてしばしば「こんなに信じているのに神様は癒してくださらない」として、私の言う「ポセイドン・アドベンチャー・メンタリティー」に陥る。「神がいるのになぜだ~」と叫ぶのである。それは神を有責者とすること。まことに「肉の思いは神に敵対する」のだ(Rom 8:7)。

フェイスは「くださるだろう」ではない。「くださった」である。つまり完了形。「既に得た」とわかるのだ。これを「フェイスの瞬間」と私は呼んでいる。仮に目の前は変わらなくとも、症状があろうとも、「得た」とわかる。それは永遠のNOWのリアリティーが<今・ここ>においてゲットすること。すると時系列において五感の領域に現れるのだ。アブラハムは希望に抗ったが2)私たちもしばしば希望を持ちつつ、一方で葛藤することがある。はたして神はこの願いを聞いてくださるのだろうかとか・・・。希望はあくまでも希望であり、まだリアルではないからだ。、その希望はフェイスにより上書きされた。ゆえに願うものを得たのである。

今、フェイスとは願われるサブスタンス(実体・証書・土台)、まだ観測されていないことの現出である。-Heb 11:1(私訳)

ホープはフェイスによりスーパーインポーズされるとき、その願うサブスタンスをゲットしたとわかるのだ。

信仰、希望、愛、この中でもっとも大いなるものは愛であるとして(1Cor 13:13)、愛こそすべてとやるむきがある。これはウソである。すべてフェイスによらないことは罪であるゆえ(Rom 14:23)、フェイスによらない愛は罪である;しかし、山を動かすフェイスがあっても愛が欠如していれば虚しい(1Cor 13:2);そこで大切なのは愛によって(dia)働くフェイスである(Gal 5:6)。この”dia”はチャネルを意味する。愛はフェイスの培地・チャネルであり、愛が増し加わればフェイスもそれに応じてさらに働く。そして希望はフェイスによりスーパーインポーズされる! この三者の関係を曖昧にしてはならない。

References   [ + ]

1. ギリシャ語の前置詞は名詞の格支配により意味が変わる。
2. 私たちもしばしば希望を持ちつつ、一方で葛藤することがある。はたして神はこの願いを聞いてくださるのだろうかとか・・・。希望はあくまでも希望であり、まだリアルではないからだ。