浮生-一石-

浮生-一石-

2019-05-06 0 投稿者: drluke

浮生    一石
流鶯 碧樹に 前盟を話す
藍花 空林に 世情を遺(わす)る
遥かに覊懐(きかい)を想うも 人 已(すで)に遠し
新荷 滿目にして浮生を樂しむ
(七絶・平起式・平下八庚韻)

鶯は友と相応え、紫陽花(集真藍)は美しく、昔の女性(ひと)を想い起こさせ、蓮の葉は魚鱗のごとく輝き、竹林は幽にして玄。ひととき世俗を忘れさせてくれる園なのだ。