再建主義の富井氏の思想と私のそれはかなりかぶっていること、特に社会や政治・経済に対する見方はきわめて似ていることは、ここの読者諸氏にはお分かりと思う。しかしながら、モーセ律法の取り扱いは致命的に異なっている。私はモーセ律法は不備(i.e.いのちを与えないこと-Gal 3:21)があるゆえに廃棄され(Heb 7:11-15)、その上位互換ヴァージョンであるいのちの御霊の法則が導入されたと言っている。ゆえに御霊により生きるならば、自動的にモーセ律法は満たされると聖書に書いてある(Rom 8:4)。

かつて、富井氏は新約と旧約を混同するなと書いておられる

旧約のシステムと新約のそれとを混同してはならない。
今でもエルサレムに神殿を建てようとする人々がいる。
新約時代に、神殿は「クリスチャンの体」である。
クリスチャンの体は、神の霊が宿るところ。
あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。(1コリント6・19)

イエスは、神殿を三日で建てると言われた。
イエスは彼らに答えて言われた。「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう。」(ヨハネ2・19)
これはもちろん「復活の御体」である。
つまり、神殿は、イエスの復活の体になった。
そして、クリスチャンは契約によって一体であるから、われわれの体も神殿である。
だから、新約時代において、石づくりの神殿など不要なのだ。
石づくりの神殿をエルサレムに建てることは、イエスが再建された神殿を否定することになる。

あるいは、また、現イスラエルがクリスチャンによるものではなく、イルミナティによるものだからフェイクと言われているわけだが、ここがよく分からなかった。極私的には、別に、イルミナティが作ろうと、また彼らが神殿を再建して、旧約の儀式を再開しようとなんら問題ではないのだ。なぜならそれはエクレシアの外の事象だから1)ここで”エクレシア”とはいわゆるキリスト教界(会)とは必ずしも同義ではない。目に見える物理的教団や教派、あるいは組織や宗教法人などとはほとんど関わりがない。それはキリストの充満であり(Eph 1:23)、”キリストの奥義(Eph 3:4-6)”なのだから。。神は現在、いのちの御霊の法則をエクレシアの領域において、働かせている。もちろん一般恩恵としての聖霊の照明、すなわち世に対して、罪と義と裁きを証する働き(John 16:8)はすべての領域にあるが(だからこそ私ですらも救われたわけだが)、それに応えた者だけがエクレシアの領域に生きるのだ。しかし再建主義ではこの線引きが欠如していることに今回気が付いた。だからイルミナティによるイスラエルはフェイクであり、神殿も再建されるべきではないのだ!

これはいわゆる万民救済説の人々が言う、全宇宙はキリストの体であり、すべての人が、信仰の有無や相違によらず救われているとするのと似ている2)富井氏がそれを採っているわけではない。彼は伝道により御国を拡大することを主張される。しかしその御国とは、彼の定義によれば、超民族化されたモーセ律法の適用される領域に他ならない。私的には復活のいのちの領域、すなわちいのちの御霊の法則が支配する領域と言いたいところ。。しかし現経綸では、神は明らかにエクレシアの領域とそれ以外の線引きを設けられている。キリストとベリアルと何の関わりがあるか、救われる者と滅びる者の間には致命的なギャップがあるのだ。これは厳粛な事実であり、これを曖昧にするならば、キリストの十字架と血潮を侮る偽りの”福音”を告げ、人々を滅びへと招く重大な罪である。もちろん神の主権は全宇宙に及んでいる。サタンですらも! 法的にはキリストが天と地のあらゆる権威を帯びた宇宙の主権者である。が、重大な相違は、キリストの頭主権に服するエクレシアにおいては、神は復活のいのちによる直接統治をされるが、その外では復活のいのちはなく間接統治である。これは富井氏も言われている。

ここで問題となるのは、現経綸では私たちの霊は再生された新創造であるが(Gal 6:15-16)、体は依然として旧創造にのものだ。だから私たちは、特に大脳辺縁系の影響を受けてもろもろ葛藤する。パウロですらこの幕屋の中で呻いて、これを脱ぎ捨てたいと叫んでいるほどだ(2Cor 5:2)。況や、世俗にまみれた小市民Dr.Lukeにおいてを也、である。今の経綸を終わらせて、主が来られるとき、私たちの体は瞬時に栄光の復活の体に変えられる(1Cor 15:52)。ここから文字通りの千年期へと入るのだ。そこはすべての領域でキリストの直接統治が行われる。その時の私たちの復活の体は、罪を犯さない体ではなく、罪が宿っていない、罪を知らない体である。これが神の子の出現であり、私たちの栄光の望み、全被造物ですらうめきをもってその時を待ち望んでいるのだ(Rom 8:22-24)。

再建主義の問題点のひとつとして、この現在の私たちの体に対する理解と取扱いがずれているようだ。ここでも人が霊・魂(知・情・意)・体の三部構成(Trichotomy)であること3)最近では富井氏もTrichotomyを唱えだされた模様、神の救いのプロセスは、エクレシアにあっては<霊の再生(すでに)→魂の再構成(進行中)→体の変貌(未来)>を認めないと、それこそキリストとベリアル、旧約と新約をごちゃ混ぜにする誤謬に陥るのだ。そこでいわゆる福音とは、霊の死んだ人をして、霊を生かすことと言える。これは私たちの業ではなく、神の超自然的な仕事だ。神の国は神の霊から生まれた者だけが入り得るのだから(John 3:3)。それはすでにキリストにあって到来し、現在拡大しつつあり、いずれ完全に出現する。この三つの時制をわきまえないととんでもない混乱を引き起こすであろう。

参考:人間の聖書的啓示と現代精神科学

かつてリンカーンが奴隷解放宣言をした瞬間、アメリカの奴隷はすべて消滅した(完了形)。法的に、客観的には。しかしそれまで奴隷であった人々は、その事実を知らないため、あるいは知ったとしても信じないため、依然として過酷な主人を恐れ、自分は単なる奴隷と思い込んでいる。その思い込みに従って彼らは行動し、その結果を自らに招く。自分たちの新しいアイデンティティ(=自由人)や、新しく所有した権利を主張することもできない。心がそれまでの経験によって萎えているからだ。過酷な主人もできるだけ彼らを騙して、そのまま自分の手元に置こうとするだろう。ここに彼らの客観的立場と主観的経験のズレが生じるわけ。

私たちがメッセージで語ることは、子があなたがたを自由にするのであれば、あなたがたはまことに自由な者となる、と主イエスが言われた、と告げるだけ。後は聞く側の問題。

信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。

よく言われるが、馬を水辺までは連れて来れるが、実際に水を飲ますことはできないと。それは馬自身の決断に任される。クルシチャン化の原因は-

 ・思い(mind)に種々のフィルターがかかっており、そのままに言葉を聴くことができない(認知の歪み)。
 ・聞いたことをそのままに信じていない。

すでに私たちは客観的事実として、過酷な奴隷状態から解放されて、神の夏休みに入っているのです! では、その夏休みをあなたはどう過ごしますか?-これがクリスチャン生活のすべて。そして富んでいる者はますます、持たない者は・・・なのだ。それはすべてあなた次第!

神の約束は、ことごとくこの方において「然り」となったからです。それで、わたしたちは神をたたえるため、この方を通して「アーメン(そのとおり)」と唱えます。

信じたわたしたちは、この安息にあずかることができるのです。なぜなら、神の安息にあずかった者は、神が御業を終えて休まれたように、自分の業を終えて休んだからです。

十字架はこの旧い私と新しい私の交換の場であり、そこで旧い価値観・生き方のパタンが新しい価値観・生き方のパタンへと置き換わる(再条件付け)。まことの十字架って、素晴らしいと思いませんか?

Follow me!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

References   [ + ]

1. ここで”エクレシア”とはいわゆるキリスト教界(会)とは必ずしも同義ではない。目に見える物理的教団や教派、あるいは組織や宗教法人などとはほとんど関わりがない。それはキリストの充満であり(Eph 1:23)、”キリストの奥義(Eph 3:4-6)”なのだから。
2. 富井氏がそれを採っているわけではない。彼は伝道により御国を拡大することを主張される。しかしその御国とは、彼の定義によれば、超民族化されたモーセ律法の適用される領域に他ならない。私的には復活のいのちの領域、すなわちいのちの御霊の法則が支配する領域と言いたいところ。
3. 最近では富井氏もTrichotomyを唱えだされた模様

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村