恵みとフェイスの領域の拡大

恵みとフェイスの領域の拡大

2019-08-02 0 投稿者: drluke

恵みとフェイスは相伴って働く。恵みの領域においてフェイスは自由に働く。例えば、どんなに自分の髪を引っ張って、フェイスによって空を飛べ~と命じても飛ばない。これは恵みの領域と関係がないから。ペテロは言っている、いのちと敬虔に関わることはすべて与えられていると(2Pet 1:3)。

キリストのうちにいのちがあり、恵みと真理(実体)に満ちていた(John 1:4;14)。私たちは彼から恵みに次ぐ、恵みを受けたとあるとおり(John 1:16)、恵みはいのちの領域において、いのちの御霊の法則に従って働く(Rom 8:2)。

しるしと不思議も恵みの言葉を証しするために主がなされる(Acts 14:3)。この意味でいわゆる一部の聖霊派のようにしるしと不思議だけを切り離して求めることはあまり意義がないのだ。フェイスと恵み、恵みとフェイス。恵みの領域が拡大されるならば、フェイスの領域も拡大する。逆もまた真なり。

フェイスはサブスタンス(Heb 11:1)、その霊的サブスタンスの領域をどれだけ委ねていただけるか、これは私たちの側の条件による。小さなことに忠実な者は大きなことを任せていただける(Luke 19:17)。あるいは世の不正の富を忠実に管理するならば、霊的な真の富を管理させていただける(Luke 16:11)。自分に任されている領域を知ること。これは恵みによって計り与えられたフェイスの度量を超えないことである。

わたしは、わたしに与えられた恵みをとおして、あなたがたの間のそれぞれに言う。正当な限度を超えた高い思いをいだくことなく、むしろ、神が各自に分与した信仰の度量の程度により、健全に思いを用いるべきである。-Rom 12:3(私訳)

ここの「健全に」とある単語は2テモテ1章7節(2Tim 1:7)の「健全な思いの霊」と同じ語源をもつ。この単語は邦訳ではしばしば「慎んで」、「慎みの霊」、あるいは「自制の霊」などと訳されるが、「健全な思い」が適切。カギはここでもマインドの使い方。しばしば勝手な思い込み、つまり勝手なマインドの使い方をフェイスと勘違いするむきがある。これが個人預言とかの形となり、実質的には聖書が禁じる口寄せと同じ様相を呈する。シーザーが喝破したように、人は聞きたいことを聞き、見たいことを見る。それが聞けるまで、あるいは見ることができるまで、追及する。かくして占いやタロットカードやオイジャボードなどに人気が集まるのだ。

人間を豊かにするのは主の祝福である。人間が苦労しても何も加えることはできない。-Prov 10:22

フェイスは何の努力も要らない。神は人の汗を嫌う。

頭には亜麻布のターバンをかぶり、腰には亜麻布の短いズボンをはかねばならない。汗が出るようなものを着てはならない。-Eze 44:18

神の祝福、God’s favorに生きるならば、恵みの領域が広げられ、するとフェイスの領域が拡大し、何の苦労もなく、私たちは富む者とされる。それは魂の健全性と密接に関係しているのだ。

愛する者よ、あなたの魂が繁栄しているように、あなたがすべての面で繁栄し、健康であるようにと祈っています。-3John 1:2

病は気から、精神が病を生み出す。特にマインドの状態がカギ。健全な精神に健全な肉体が伴う。マインドをいかに管理するか、ここに霊的経験のすべてのカギがある。