フェイス, 歴史

再建主義者の「AD70年携挙&再臨説」を論駁する

すでに再建主義の富井氏の論はここでもできる限り正確に紹介し、その論点の難を指摘している。たとえば、「”再臨”が二回ある」とか、「黙示録の書かれた時期はAD60年代」とすることなどについては別の記事で論駁している1)「再建主義」のTAGを参照されたい。

今回は、いわゆる教父たちが携挙や再臨についてどのような証をしているかについて、紹介してみたい。再建主義の富井氏によれば、プレ・ミレ再臨の艱難前携挙説などは19世紀にイエズス会のラクンザなどの影響を受けたプリマス・ブレズレンのJohn N.Darbyが発明したそれまで存在していなかった異説であるとする。つまり初期教会ではもっぱらポスト・ミレだったと言うわけだ。

ところがこちらの記事によると、 Irenaeus (130 A.D. – 202 AD) 、 Cyprian (200 AD – 258 AD) 、 Ephraim (306 AD – 373 AD) などは切迫再臨・携挙を信じていたと指摘している。

そして最後にこうまとめている:

The Early Church Believed In The Rapture

The ancient writings are clear – the belief in the Rapture has existed since the days of the Apostles.
Although there are not a great number of writings on the end times from the early centuries of the church, there is no question that there was a belief in the Rapture among the church fathers and they taught it with strong language and scriptural support. In terms of the timing of the Rapture, the early church fathers placed it before the end times Day of The Lord/Great Tribulation. The writings of early saints in the church are not Scripture and should not be treated on the same level of the Bible. These writings also do not “prove” that the pre-Great Tribulation Rapture or the Beginning and End Rapture series are correct. Only rightly divided Scripture from the Bible can determine if a specific belief is accurate or in error.  But the writings of church fathers can serve as useful commentaries (just as we use Bible commentaries today in our studies) and certainly prove that the Rapture doctrine existed well before John Darby and has been a part of Christian belief since the earliest days of the Apostles. (下線はDr.Lukeによる)

これらの教父たちはAD100以降に生きた人々である。その彼らが「これから起きる携挙」を信じていたのだ! つまりAD70に携挙があったとは証言していない。かくして(大)患難前携挙、それは19世紀のDarbyの独善的発明ではない! 初期教会から一貫して信じられてきたものである。これについては、はて、富井氏はどう回答されるのであろうか?

References   [ + ]

1. 「再建主義」のTAGを参照されたい。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of