フェイス, 歴史

「日本はユダヤ系キリスト教国である」と再建主義者

いつもの再建主義の富井氏の論。日本は神が残されたユダヤ系の国であると。昨今、宇野正美以来、日本には新旧のユダヤ人が来ており、日本は真のイスラエルであるとし、神社にはその秘密が隠されている主張する人々が増えている感じだ。雑誌『ムー』系のニッポンクリもけっこういる。かく言う私も、同誌は必ずしも嫌いなわけではない。

ポイントは旧約のユダヤ人の反逆により、あのイスラエルの地はYHWHにより、AD70年に見捨てられたとする。代わりにこの日本列島が真のイスラエルとして選ばれたわけである。しかしながら、御言葉はエレツ・イスラエル(カナンの地)は永遠のイスラエルの嗣業の地であると宣言している(Ps 105:11)。以下、引用・・・。


tomi 2019/10/18(金)10:27

われわれの祈りによってルシファーの世界征服計画は頓挫する

故江上波夫東大教授が述べたように、日本には紀元2世紀に初代教会の人々がやってきたのである。

神武天皇は秦氏であり、秦氏は、弓月国というユダヤ系キリスト教国からやってきた。

紀元前2世紀にやってきた徐福は物部氏の祖先になったが、物部氏は秦氏と互いに璽を見せ合って、同族であると確認し、畿内の政権を秦氏に委譲した。

つまり、物部氏もユダヤ人なのである。

神は、日本にユダヤの王族を隠してこられた。

パレスチナのユダヤ人は、ミシュナーによって堕落し、バビロン化した。

ルシファーを崇拝するパリサイ人に支配され、預言者を次々と殺し、最後には御子まで殺害した。

そのため紀元70年に裁きが下り、イスラエルは滅んだ。

しかし、イスラエルの中にはイエスに従う「本物のユダヤ人」がいた。

彼らは初代教会を形成し、ローマ軍のエルサレム包囲から逃れて、東に移動した。

イスラエルは全滅したのではなかった。

マタイ25章でイエスは「羊と山羊をわける」と言われた。

紀元70年に羊と山羊は分けられて、羊は救われ、山羊は滅んだ。

この羊系ユダヤ人は歴史から忽然と姿を消すのだが、江上波夫氏は、日本にやってきたという。

山羊系ユダヤ人は、異邦人の中に散って、迫害を受けながら徐々に力を蓄えて、現在、世界の富を独占するまでになった。

日本は、羊系ユダヤ人の国であり、おそらく皇室は、古代イスラエル王家の末裔だろう。

山羊系ユダヤ人が信じるタルムードはルシファー崇拝の書である。

彼らは、世界を統一し、ルシファーの国にしようとしている。

それを妨害するクリスチャンを黙らせるために、ディスペンセーション主義を注入して、クリスチャンを自分たちの仲間、つまり、シオニストに変えることに成功した。

日本は、この計画を挫折させるために用意された神の秘密兵器であり、その秘密は日本人自身にも隠されてきた。

物部・秦氏の末裔である八咫烏たちは、この秘密を絶対に外部に漏らさない。

伊勢神宮の心御柱と八咫鏡も絶対に外部に秘密にされている。

日本は表面上、多神教国で、仏教国であると見えるが、実は、本家本元のユダヤ系キリスト教国である。

このことは、皇室自身も知らない。

それくらい秘密にされてきたのは、「最後に破壊するため」である。

毒麦は毒麦の姿を現さない限り、抜き取ることはできない。

911において、バベルの塔はその姿をはっきりと現した。

2本の塔が破壊され、1本の塔になった。

ヘーゲルの「正反合」である。

テーゼとアンチテーゼを対立させ、最後に止揚し、合わせる。

この1本の塔の名は「ワンワールド・トレードセンター」。

バベルの塔である。

欧州にもバベルの塔がある。それがEU会議場。バベルの塔の形をしている。

世界は、ルシファー崇拝者によって牛耳られた。

しかし、日本には、神が最終兵器を残しておられる。

それがわれわれ日本人クリスチャンである。

われわれの祈りによってルシファーの世界征服計画は頓挫する。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of