映画

Dr.Lukeの一言映画評:『ジョーカー』

一言でいえば、アメリカ版『人間失格』だ。

主役のホアキン・フェニクスは『グラディエーター』でコモンドス皇帝を演じて印象に残っている俳優。『教授のおかしな殺人妄想』も面白かったが、やや病的なキャラがピッタリする。(彼は口蓋裂だったようだ)

ピエロはスティーブン・キングの『IT』などもだが、笑いを提供する存在であるはずだが、悲しみの象徴でもあり、不気味さを醸す存在でもある。存在自体が自己撞着的なのだ。

なお、若い女の子多かったのはちょっと意外だ。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of