カテゴリー: 漢詩

漢詩, 独白

本日は藤村操の命日でした(追記あり)

巌頭之感悠々たる哉天壤、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て此大をはからむとす。ホレーショの哲學竟に何等のオーソリチィーを價するものぞ。萬有の眞相は唯だ一言にして悉す、曰く、「不可解」。我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに …

日記, 漢詩

漢詩:黑泉夢―一石

本日は黒泉SPAにて一首を・・・ 黑泉に夢む  一石韶光(しょうこう) 料峭(りょうしょう) 春暉(しゅんき)を弄す風冷ややかにして 櫻雲(おううん)に 玉屑(ぎょくせつ)の霏(ひ)たり野興たり 黑泉に 何(いず)れの處 …

漢詩, 異見, 社会

漢詩:『揺江月』-一石

この詩はオリンピック招致が決まり、高き都庁の頂を極め有頂天だった猪瀬氏に対して詠んだもの。その後、彼は落ちた。五輪に関わる人々も次々に塵芥にまみれた。そして今、この国全体に滅びの風(霊)が吹いてきている。 なお、藤原氏の …

フェイス, 漢詩

老子によるオーガニック・ライフ

老子第五十七章-それ天下に忌諱多くして、民弥々貧し この警鐘、真に現代ニッポン(とその合わせ鏡のニッポンキ業界)に対するものだ: ●全文:正を以って国を治め、奇を以って兵を用い、無事を以って天下を取る。吾れ何を以ってその …

漢詩

左脳を離脱し法に則るエクスタシー

<<読み>>閑來事として 従容ならざるは無し 睡り覺むれば東窓 日已に紅なり 萬物靜觀すれば 皆自得 四時の佳興は 人と同じ 道は通ず天地 有形の外 思いは入る風雲 變態の中 富貴にして淫せず 貧賤にして樂しむ 男児此に …

漢詩, 独白

磨甎作鏡(瓦を磨いて鏡となす)-キリスト教徒の愚かさ-

FBの会話から: H氏:克己勉励こそが美しい、という歴史的な民族心情が聖書解釈活動にも滑り込んでいるのですね。重いなあ~。 Luke:まことに。修養会とか、修練会とか、まことにウザイわけです。

漢詩

祈りは霊の息であり自分の心である

四時(しいじ)止息すること無く 年は去り又年は來る 萬物に代謝有れども 九天に朽ち摧(くだ)けること無し 東は明るく又西は暗し 花は落ちて復た花は開く 惟だ黃泉の客のみ 冥冥として去りて回(かえ)らざる有り 寒山和尚の詩 …

漢詩, 社会

白居易の漢詩から見るタコツボ・ワールドの悲喜劇

對酒  白居易 蝸牛角上 何事かを争う 石火光中 此身を寄す 富に隨ひ 貧に隋ひて 且らく歓楽せよ 口を開きて笑ざるは 是れ癡人(ちじん) カタツムリの角の上みたいなちっぽけな世間で何を争っているのだ、 火打ち石のような …

漢詩

浮世を離れ神のマトリックスに生きる

浮生    一石 流鶯 碧樹に 前盟を話す 藍花 空林に 世情を遺(わす)る 遥かに覊懐(きかい)を想うも 人 已(すで)に遠し 新荷 滿目にして浮生を樂しむ (七絶・平起式・平下八庚韻) 鶯は友と相応え、紫陽花(集真藍 …

漢詩, 独白

世事都訛-丸川さんの質問答弁に思ふ

  世事 都て訛たり   一石 當年 風貌 細腰(さいよう)多し 浮客 時を痛む 髪己(すで)に皤(しろ)し 何(なん)ぞ人生に耐えん 胡蝶の夢[1] … Continue readin …