カテゴリー: 独白

歴史, 独白, 社会

このままだと共同幻想を喪失した国の終焉が近い

現憲法以下、財政法にしても、日銀法にしても、戦後の日本を弱体化するシカケがあることは否定できない。財務官僚も法律に忠実なだけなのだ。国民はまったく知らずに、働けど働けどわが暮らし楽にならず。で、ダメ出しの最後は二千万貯め …

漢詩, 独白

本日は藤村操の命日でした(追記あり)

巌頭之感悠々たる哉天壤、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て此大をはからむとす。ホレーショの哲學竟に何等のオーソリチィーを價するものぞ。萬有の眞相は唯だ一言にして悉す、曰く、「不可解」。我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに …

フェイス, 独白

古いものを削り新しく生きる

自分の実績とか功績とか、古いものを大事するようになったら、霊的歩みはオワル。痛みを伴うが、絶えず古いものを削られて、新しいいのちの芽生えを味わうこと。これがメタモルフォーシスだ。

フェイス, 独白, 科学

内なる塗油はすべてを教える

311でも、コロナでも、大衆は感情によって容易にマニュピレートされることが分かる。人は大脳辺縁系を刺激されて恐れを惹起されると知性は抑圧され、エビデンス&ロジックは吹っ飛ぶ。何かにすがりつき「権威」の言うがまま。で、一億 …

歴史, 独白, 社会

ユダヤ人VS.アイデンティティの中核が蝕まれているニッポン人

極私的には天皇マンセーではないが、シンボルたる天皇がなくなればこの国はほんと崩壊するだろう。それこそ日本という共同幻想の崩壊だ。共和制などで運営できる集合的精神構造はこの国民にはないからね。これは思想がデンデンの問題では …

フェイス, 告知, 独白

再建主義者富井氏にエールを送る

この記事はまことに同意である。 神を信頼するということの意味 ここで電車の例を語っているが、これは極私的にもしばしば語ってきたことだ。何をするかの問題ではなく、どこ行きの列車に乗っているかがすべてを決める。 自分がその列 …

書籍, 独白

Dr.Luke的『正法眼蔵生死』

メッセで少し紹介した道元の『正法眼蔵』。まことに鎌倉時代にこのような天才が存在したのだ。今、われわれが見ている仏教はおよそその本筋から逸脱したものである。 人類は善と悪を知る知識の木の実を食べて後、善か悪か、損か得か、生 …