タグ: シックスセンス

フェイス

本日の一冊:田川建三版『新約聖書』-フェイスとは?

例えば、これはちょっと意外な程だが、ヨハネ7章39節(John 7:39)、大抵の訳は「聖霊が注がれていなかった」とか「くだっていなかった」とする。これでニッポンキリスト教聖霊派の「聖霊様充満~、油注ぎ~」が発生する。田 …

フェイス

神のフェイスを持て!-キリスト教マトリックスからの解放-

今回の聖書協会の新しい訳では、ヘブル11章1節が「信仰とは願うことの実質」とされているようだ。「確信」から「実質」に変えられたことは進歩であるが、ようやくの感が否めない。このギリシャ語は「ヒュポスタシス」、つまり実体、実 …

フェイス

フェイスは天のキャッシュディスペンサーからサブスタンスを引き出すこと

明日のメッセと関連するが、再建主義の富井氏が面白いことを書いているのでクリップしておく。先に私は、フェイスとはポイントを使うようなものであると言った。フェイスは天に蓄えられているポイント(=サブスタンス)を、地上において …

フェイス, 科学

フェイスとはクオリアによるマトリックスを離脱するチャネル

何も考えずにこの画像をクリックして、黒いドットを30秒見つめてください。 WOW!!! 一瞬何が起きたのでしょうか? 「色」などの感覚(クオリア)は大脳が作っている。われわれは大脳が作ったクオリアによって構成されたマトリ …

フェイス

パラダイム崩壊の時代の生き方-フェイスで生きることは理想論?-

以前、朝のジョッギング中、池の水鳥が一斉に飛び立った。えっと思うまもなく、ズドンと地震が。横浜で震度4。直下型だ。彼らは感知するのだ。彼らにはそのような能力、パワーがある。知性はないだろうが、本能が機能しているのだ。動物 …

フェイス

フェイスはタービュランスのない成層圏に生きる

かつてニッポンキリスト教ではアメリカキリスト教のベストセラーなる『境界線』なるものがもてはやされた。が、これは心理学と処世術にみ言葉をまぶしたもの。精神医学的には自我境界と言う、世の心理学の焼き直しに過ぎない。 バウンダ …

フェイス, 漢詩, 科学

其の兌を塞ぎフェイスを使え-魂と霊の分離-

GYMにてスイミングをする際、体重と体脂肪を測定する。現在、それぞれ69.5キロ、10%台後半。ホントはもう少し絞りたい。最近は1,800Calレベルを意識している(もちろん楽しむときは目一杯だが・・・)。高タンパクを意 …

フェイス

1ペテロ3:18は単なる「身代わり」を意味するのか?

先にこの聖句について、邦語訳の「身代わりに」は意訳であると指摘した(☞キリストは私をオーバーライト(上書き)した&ワンショット@YouTube)。これについてダビデ某なる方が異議を唱え、Dr.Lukeのギリシャ語の文法的 …

フェイス, 科学

電磁場と霊魂の場:シックスセンスの世界へ

著書にも書いたが、今日電波の存在を疑う者は誰もいない。五感では感知できないが確かに存在する。それは物理的サブスタンス。人類はそれをマックスウェルの方程式に従ってコントロールできる。だからスマホやTVが可能なのだ。それらは …

フェイス, 科学

Dr.Lukeのワンショット@vimeo:フェイスとサイエンス

フェイスとサイエンス―Dr.Luke from Luke Osamu Karasawa on Vimeo. これらは元々矛盾しない。創造主の創り上げた五感で感知できる自然の構造と法則を見出すのがサイエンス。霊的領域にタッ …

フェイス

Dr.Lukeのワンショット@vimeo:ナチュラルVs.スーパーナチュラル

ナチュラルVs.スーパーナチュラル―Dr.Luke from Luke Osamu Karasawa on Vimeo.

フェイス

フェイスとは永遠が時空間に切り込むこと

天(霊的領域)のサブスタンスは永遠の現在のもの。時間の流れや空間の制限を一切受けない。それは普遍かつ不変。これが真理。対して地(物理的時空間)の事実は時間と空間の中で転変する。 目に見えるものは一時的であるが、目に見えな …

フェイス, 科学

人間はトーラスである-霊と魂の調和した姿

内視鏡なる単語がある。胃や腸の”中”を観察するツール。私もかつて大腸検査をして、自分の腸の中を視た。不思議な感覚がしたものだ。が、実は胃や腸は内部ではない。トポロジカルには外部である。つまり体表面 …

フェイス, 科学

視・聴・臭・触・味そして信(再掲)

この五感は誰もが分かる。視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚によって私たちのうちにある世界のモデルが構築されている。私たちはこの五感あるいは五覚によって何気に生きている。それぞれの覚はそれぞれの物理的実体、つまり物理的サブスタン …