Entry

Category: 社会

思想や正義の病理の究極

 

Asama.jpg

思想や正義という病理。この事件は中三にTVで目撃した。実に怖い。一人ひとりはかなりインテリ、正義感が強く、社会の不正を黙視できない。それが高じて(これも下のR=klogSの法則による)、自己批判・総括と称する互いの粛清、結果虐殺された者14名。

-あさま山荘立て籠もり犯が真相を告白…連合赤軍事件45年目の新証言、BS朝日で9日放送

これは何も社会だけではない。神学なるものもかなり怖い。キリスト教の歴史も血塗られている。たとえば神学者が崇めるカルバン。彼の病理はサディストであると私は指摘しているが、彼の行状についてはこの記事を参照してほしい(⇒http://www.dr-luke.com/diarypro/archives/914.html)。彼は発作が起きると、自分の批判者をあえてとろ火で処刑した。一部抜粋しておく。

----------------
カルヴァンの花崗岩のような性格、鉄のような頑迷さにつきあたるのである。この偉大な狂信者にとっては、一生を通じて和解ほど無縁なものはなかった。彼は中道ということを知らなかった。彼が知っていたのはただひとつの真理、彼自身の真理だけだった。彼にとっては、すべてか、無か、完全な権力か完全な放棄か、であった。

自分自身に憑かれたカルヴァンは、誰かが自分の意見と違う意見を表明したりすると、そのつど、はげしい怒りにおそわれた。ひとに反駁されると、カルヴァンは一種の神経症の発作をひきおこし、肉体の内部ふかくで精神的な興奮が転移すると、胃がむかついてきて胆汁を吐き出すのだった。相手がその反論をどんなに客観的に、どんなに学問的に展開して見せてもむだだった。相手が大胆にも自分と違った考え方をしたいうただその事実だけで、カルヴァンは彼を自分の不倶戴天の敵であるばかりか、世界の敵、神の敵とした。
----------------

ニッポンキリスト教においても異端カルト糾弾の火の手が上がった時期があった。私などは時が時であれば、すでにとろ火で処刑されていたことであろう(まあ、その間は六本木で遊んでいたのだが・・・)。このような場合、放置すれば相手が自分の異常さを証明する。この業界の闇と病は極めて深いものがある。キリスト教赤軍派のようなものだ。

ちなみに、私自身は一切この業界とは無関係、あちこちの大センセイの顔色伺いも不要、ナントカ教団や、カントカ同盟なんぞとも関係がない。かつて首都圏の顔たるボス牧師に義理を通さずに聖会を開いてとんでもないことになった事件があったそうな。どこぞの業界とソックリではないか。

まことに「君子危うきに・・・」ではある。私が今、こうしてYouTubeやPodcastで自由な発信をしていられるのも今の時代であるからなのだ。

偽りの代償

aikosamagekiyase-4-600x396.jpg

FBで流れてきたこの記事。ある方が、上のリンク先の一連の写真を見て、両親は😊してるのに、本人だけやせ細る様はホラーだと。まことに。これね、前にも書きましたが、牧師の家庭などでもよく見られる病理。彼らの家庭には多くの場合問題を抱えているメンバーがおりますし、最悪自殺者も出る。あの姜さんなどにも言えますが・・・。どこかに嘘があるのです。一番弱いところにそれが集中するのですね。

参考:Dr.Lukeの一言映画評―『シークレット・オブ・モンスター』

東芝問題と『沈黙』の共通点

東芝問題もキーワードは侵略。下手すると半導技術を盗まれる。国家的資源を取られるわけ。

またこのクリップでも論じているが、『沈黙』、タコツボ・ニッポンキリスト教内では盛り上がってるようだが、これが一般人の感想なのだ。キリスト教、まあ、当時はカトリック、それもイエズス会だが、マレさんの指摘通り、日本に対する侵略だったわけ。それを時の為政者は鋭く見抜いたのだ。

自己憐憫のタコツボ的感動論はもうやめた方がいいでしょうね。なにしろ、今回福者に認定された高山右近などは神社仏閣を破壊しまくっているわけで。油まき事件どころではありませんから(笑)

 

イランとトランプの行くへ―エラムの弓は折られる

Elam-map.jpg

前から指摘してきたがイラン(エラム)に対する聖書預言の成就が近いかも・・・。エラムはまさにイランの核開発の中心地ブッシューフェル一帯だ。キッシンジャーを登用している点も重要になる。上の過去ログ参照のこと。

エレミヤ書49:34-39

エラムに向かって。ユダの王ゼデキヤの治世の初めに、預言者エレミヤに臨んだ主の言葉。
万軍の主はこう言われる。わたしは、エラムの弓/彼らの最上の武器を折る。
 わたしはエラムに向かって/天の四隅から、四方の風を吹きかける。わたしが彼らをこの風で吹き散らすので/エラムの難民が逃れて来ない国はなくなる。
わたしはエラムを敵の前でおびえさせる/彼らの命を求める者らの前で。わたしは彼らに災いを臨ませる。わたしの激しい怒りを、と主は言われる。わたしは彼らの後ろに剣を送る/彼らを滅ぼし尽くすまで。
わたしはエラムから王と貴族を滅ぼし/そこに、わたしの王座を据えると/主は言われる。
かし、終わりの日に/わたしはエラムの繁栄を回復すると/主は言われる。

偏見・差別の真実

偏見とか差別はね、あって当たり前。それがないかのようにフリをするからウソになる。実はそれらに強硬に反対する人は、自分の心の真実に直面することをおそれているわけ。(社会制度のことを言ってるのではないですよ、心の真実のことです。)

かつて、アインシュタインの「相対性理論」について、日本語で「相対」を「あいたい」と読み、それが男女の仲を意味することから、「性」の理論だとして、社会的に大騒ぎになったのだ。これがね、今で言えばディスルことの本質。もっともらしい顔してるやつが実は一番XXなんですよ"(-""-)"

ま、同様に、日本語訳聖書で、日本語で考えて勝手な思い込みをして空転するむきも多いわけ。日本語のマトリックスにはまって、まことにご苦労様です

男と女の間には・・・

この記事、面白い。男と女の間には・・・。

-20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由-現代社会の不況・貧困問題が影響している?

 

最近、暗黒女子とか言われているようだが、確かに女の方が有機質な感じ、どろどろ感を求める。男は無機質なんだな。だから2Dアニメやフィギュアの世界でOKになるわけ。(ぼくも臭いとか苦手だし、つり革はつかめないし、金属にべったりついた皮脂とかゾッとするし、トイレも女子はペタッと座れるらしいが、絶対シート敷かないと無理)

大脳ネットワークも、男は左と右の分離活動傾向が高いが、女は有機的に結合している。だから直感で、男のウソが分かる。男は左脳で一生懸命つじつま合わせするけど、ボロがでるわけ(あ、これはぼくの体験ではない)。

中村雅俊の歌にもあった:

別れの場面の度、女は女優だった/幸せ終えてみれば、男は喜劇だった、とね。

マネーシステムは幻想である

マネーは幻想。ここでも何度も指摘しているが、銀行の貸し出し伝票処理は、<貸し出し/現金>ではないのだ。<貸し出し/預金>。たとえば100万円キャッシュがあると、準備率の逆数倍まで貸し出せる。準備率が10%ならば、1,000万円まで(⇒詳細)。つまりないものを貸しているわけ。

負債者はこの幻想額+金利を払う。さて、この金利はどこから生まれるのだろうか?誰かが借りた幻想額がマーケットに流通する。いわゆるマネーサプライだ。これが現状のマネーシステム。この経済学の先生、ようやくそれに気がついて論文で書いたら大学を首になったとか・・・

しかし、経済でB/S分析してようやくマネーのトリックに気がついたって、アカデミズムがいかに空理空論やっているかってことの証明。キリスト教なる業界の神学なるものも同じだが。

信用創造のカラクリ

この先生は無から負債を創り出す信用創造を暴いて、大学を首になったとか💦

記事

追記:米政府負債19.5兆ドル、オバマが9兆ドル増やした。わが日本は1千兆円越え。要するに今のマネー経済は誰かの負債が流通マネーを生むから、必ず借金する存在が必要なのだ。問題はどうやってチャラにするか・・・。歴史を見ればわかる。

-The National Debt Just Officially Hit $19.5 Trillion; It Was $10.6 Trillion When Obama Took Office

エルサレム分断は当面回避

究極にはエルサレムは分断されるが(Joel 3:2;Zech 14:1-4)、まだ先に猶予されそうだ。幸い、異邦人の時がまだ続くわけ(Luke 21:24)。確かに日本の状況は今のままでは悲惨すぎる。YHVWは言われる、どうしてこの国をおしまずにおれようか。右も左も分からない1億2千万の人々がいるのだから(ヨナ書参照)。

-70 Nations Paris Peace Conference Total Dud, Anti-Israel Gathering Defeated

究極のFAKE、マネー経済

この記事とヴィデオは面白い。マネー経済はフェイク。前々から書いているが、銀行が貸付する時には、<貸付金/現金>ではなく、<貸付金/預金>。それも現ナマの10倍とかを貸し出せる(正確には「現ナマ/準備率」)。要するに誰かが借金するからマネーは回る。だが、必ず誰かが破産するから、他の債務者は金利を払えるのだ。バブル時代は銀行からカネ借りてくれと電話が来て、オレもそこそこになったものだとか悦に入っていたものだが・・・。世はまことに浮世狂言なのだ。

-詐欺か、錬金術か。ただの紙切れが「1万円札」になる本当の理由

 

忍び込む偽りに注意せよ

Eye.jpg

クリスチャンを自称する者たちもビートルズあたりにかぶれると、同性愛を認知したり、国境や宗教のないジョン・レノン的世界を夢想する者たちがいる。明確に言うが、これらは偽りである。神と御言葉に真っ向から反している。

いと高き神が国々に嗣業の土地を分け/人の子らを割りふられたとき/神の子(エロヒム)らの数に従い/国々の境を設けられた。―申命記32:8

神は、一人の人からすべての民族を造り出して、地上の至るところに住まわせ、季節を決め、彼らの居住地の境界をお決めになりました。―使徒行伝17:26

申命記ではエロヒムたちに割り当て地が与えられ(=宗教の根拠)、使徒行伝では人間に居住地が定められた(=国境の根拠)。これを無視するのがバベルの塔であり、現代では<△に一つ目>で象徴されるNew World ReligionやNew World Orderである。それらはバベルの塔の再建。神への反逆だ。

大衆にとって心地よい言葉や思想は、歴史を見ればわかるが必ず破滅へと導く。ヒトラーも当初は英雄だったのだ。ビートルズなどはNWRやNWOの旗手であり、その歌はそのための洗脳あるいはMCの媒体である。自分の感性やインスピレーションを御言葉よりも重んじること、これが大いなる罠になる。音楽家や芸術家を気取る人々の陥る罠だ。

私は2008年当時からオバマはファシズムを触媒する危険人物であると警告したが、そのとおりであった。2016年はグローバリストが表面上崩壊したように見える。が、これは一時のこと。彼らは必ず再び立ち上がってくる。時代は繰り返すのだ。まことに―

陽の下に何も新しいことはない。今あることは、かつてもあったことなのだ。―伝道の書1:9

2017年は終末へ向けた劇的な動きが起こる。地球的にも、地政学的にも、政治経済的にも・・・。同時に、神の国も激しく現出する。神の大いなる栄光を見るだろう。神の目は<一つ目>ではなく、<七つの目>なのだ!(Rev 5:7)

BE PREPARED!!!

ニッポン人はスゴイ!

FUKUSHIMA.jpg

チェルノの10倍もものともせず💦

Pagination

Utility

CALENDAR

11 2017.12 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH