Information

3_White_logo_on_color1_256.jpg

ブログ・スクリプトをWord Pressにチェンジしました。明日(2017年3月10日)以降、このページは更新しません。新しいブログに移行します。

-DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE(http://www.dr-luke.com/wp/)

なお、フレームは以前と同じです。

-http://blog.dr-luke.com

また過去ログはこちらで一覧可能です。

-Dr.Luke's Spiritual Insight(本ブログ)

-過去ブログ2

-過去ブログ1

 

Entry

マインドのメタモルフォーシス

Truth.jpg

この記事はオススメ。

-Keys to Transformation: Your Mind has a Direct Effect on Your Soul and Spirit

思い(マインド)のメタモルフォーシス、私の『真理はあなたを自由にする』(リバイバル新聞、2001年)でも強調しておいたが、最近のメインテーマになってきている。同書はこちらで読むことができます(⇒http://www.kingdomfellowship.com/Ministry/readingroom.html)。

邦語訳では「心を新たにし」となっているが、「思いを新たにし」だ(Rom 12:2)。心(Gk.カルディア)と思い(Gk.ノウス)は異なる。邦語訳のいい加減なターニノロジーの使い方が問題を生むのだ。

参考:霊の機能と魂・体の相互作用について(http://www.kingdomfellowship.com/Topics/Manindepth.html

TODAY'S CELEBRATION 【Feb 19, 2017】―しるしを求めよー

MSGタイトルしるしを求めよ

聖書個所:イザヤ7:11;ローマ1:17;ローマ15:19;使徒6:8;コロサイ1:24など

2017年2月26日のセレブ:

 ・場所:エスカル会館2F会議室
 ・時間:1300-1700

WebKingdom Fellowship®

YouTubeDr.Luke's Kingdom Fellowship Celebration

ApplePodcast:Kingdom Fellowship Celebration

セレブレーションのライブ録音DVD:希望者にお分けできます。1ヶ月分、3,000円(原則4DVD);あるいは希望のタイトル1枚1,000円にて。ご注文はオンラインショッピングにてどうぞ。あるいはメールにもOKです。

全国有名書店で発売中

ルーク唐沢

紀伊国屋にてもどうぞ

イエスの誕生と死、そして復活が意味するものは何か?最初の人類アダムとエバの“失楽園”、ノアの箱舟、モーセによるエジプト脱出・・・数々の映画のテーマにもなる聖書の奇跡とイエスの生涯に新しい光をあてる。それらは現代人のわれわれとどんな関係があるのか?神は今もなお生きて働かれるのか?それを経験する鍵は?人類のロングセラー「聖書」の世界をよりあざやかにリアルなものとする挑戦的な書。

●面白い口コミがありました:聖書は既読ですが、モーゼが杖をついたら海が二つに割れたり、イエスが一つのパンで何百人の人を養ったりと、神話的な話として読んでいました。この本を読んでからは、神話や伝説ではなく、リアリティとして感じられるようになりました。
Amazonにて:Dr.ルーク先生には、勇気や元気を貰えます! お話を聞いたり、ご本を読むうちに「キリストの本質」が学べます。何年教会へ通っても理解出来なかったことが、数か月で分かる感じがしました。キリストは死んだ「宗教」ではない、フェイスそのものです。人生観が変わります。
●メールにて:一気に読んだ。読みやすくて、時間を忘れて読んで、まったく抵抗なく、すぅ~~~~っと入ってくる内容だ。
楽天にて:最初はとっつきにくかったです。というのは、カタカナ日本語多すぎます!でも、彼のyoutube聞き始めて、とってもおもしろくなってきたので、とうとう読み始めました☆内容は本当にアーメン!(まことにその通り)です☆すばらしいね☆Youtubと一緒にみるのがおすすめです。

 

本日のセレブでの難病の癒し

メッセで、弁証ではなく、実証だと語った。で、さっそく証が。実に面白い。ある兄弟、現役の医師で、難病があった。が、なんとフェイスで癒されたと。処方されていた薬も飲むことをやめたと。彼の癒しのカギは罪責感から解放されこと。私は解放された、自由だ、と。WOW!!! すでに癒しのサブスタンスを得ておられる。その上、明確に癒されたと言い切った。事実、肉体もそれに応答している。OK

ナウ、フェイスは願う事柄のサブスタンス(あるいは実体化)、見ていない事柄の立証である。-ヘブル11:1(私訳)

まことに主はジェホヴァ・ラファ。モア・ザン・イナフだ

こうして語ることにより、霊に感光されたサブスタンスを現像し、焼き付けすることになるのだ(スマホの時代、意味わかるかなあ)。だから、証はきわめて大切。

More Than Enough

こちらはOur Version....

こちらは黒人Gospel....

Agnus Dei-KF VS JC

実証VS.弁証

message_img02.jpg

今回、雑誌『Newton』の前社長が逮捕される事件がFBで流れてきて、びっくりしてサイトをのぞくと、かつて受験時代にお世話になった初代編集長の竹内均先生の一文があった。

-竹内 均 初代編集長のメッセージ

よくキリスト教弁証学なる分野があって、それ系の本もある。これ、自然科学系の人間から見ると実にいかがわしく感じられるのだ。佐藤優氏もいうとおり、神学は虚学であり、論理的整合性がもっとも低い、声がでかいヤツが勝つ学問だと。

下で紹介したNewtonの竹内均先生の言葉がピッタリする。

もう一つ私がつねに心がけたのが「実証」ということ。実の証拠ということですね。文科系の学者の先生はよく「弁証」ってんでね,弁舌でもって言いくるめるというような方法をとられますが,自然科学ではそういうことをやらないんです。実の証拠をたくさんあげてくるという,このやり方です。

フェイスも弁証ではなく、実証の時代。まことに

神の国は言葉(ロゴス)にではなく、力(ドュナミス)にある―コリント書

とあるとおりだ。これまでのニッポンキリスト教、文系アプローチで今の状況。まことに現代は、量子力学に見られるように、サイエンスがGODに肉薄している時代。旧態依然としたアプローチでは世から呆れられるだけであろう。

今、フェイスとは願う事柄のサブスタンス、まだ見ていない事柄の立証である。―ヘブル11:1(私訳)

サブスタンスをもって立証する時代なのだ!

I EXALT YOU....英国VS.米国

英国Kingdom Faithと米国Jesus Culture・・・英国はデリケートかつシットリ、米国はワイルドかつドライな感じ。もちろんどちらもすばらしい、カギはフォーカス・オン・ジーザス。

しるしを求めよ-イザヤ7:11

あなたの神、主に一つのしるしを求めよ、陰府のように深い所に、あるいは天のように高い所に求めよ。-イザヤ7:11

Ask a sign from YAHWEH your Elohim; make deep the request, or make it high above.-Isa 7:11(HRB)

アハズはこの後、自分はしるしを求めて神を試みることをしないと宣言する(Isa 7:12)。もっともらしい返答だが、これはまっかな偽り。悪しき時代はしるしを求めるが・・・というジーザスの言葉を引いて、今日はしるしもないし、求めてもならないと言う節がある。私もかつて主張したことがあるが、これは悔い改める。これが、実は自らのフェイスの欠如の弁明あるいは言い訳に使われるのだ。主、在りて在る、YHWHなるエロヒムが言われるのであれば、それにアーメンと応答して、栄光を帰するのがフェイスである。

私たちのセレブも参加者が増えてこられ、いよいよ会場としているホテルの会議室が満杯になりつつある。YouTubeの視聴数も4日で500超、急激にピッチが上がっている(4週間で1,000といった感じ)。今年は"More Than Enough"。英国の友人Jarrod CooperのTwitterにより、「しるしを求めよ」と今回鋭く語り込まれた。そのためにはまず手放すこと。かつての緑のビルもクーデターにより手放したが(注)、これは極私的には実に解放された。いや、ほんと2013年は実にゆっくりと遊ばせてもらえたcool 

で、2014年からセレブを今の場所に移したが、これは正解であった。ここはローケーションもグッド、霊的にも天が開いている感覚(ネクストの場所についてもすでに言葉は与えられている。人間的には「はあ!?」という感じだが)。カネも同じ。まずは手放し、神の国に種をsowingすること。最高で1,000倍の祝福を得るのだから!

あなたたちの神、主が人数を増やされたので、今やあなたたちは空の星のように数多くなった。あなたたちの先祖の神、主が約束されたとおり、更に、あなたたちを千倍にも増やして祝福されるように。―申命記1:10-11

2017年、世界はあちこちで予測不能な事態が次々と起きているが、神の国に生きるわれわれは、一言で言って、ワクワクする次第。神の激しい愛によるわざを見るであろうから!

ワーシップはただジーザスのみにフォーカスすること―コリン・アーカート

(注)というか、ケイタイもおいていけと言われ、私が追い出されたのだった(笑) なお、「公式サイト」なるものがいぜんとして残されていますが、これは不法状態にあります。また20年かかって収集したCDを盗まれたのはちょっと残念。その後、彼らは空中分解し、緑のビルから逃走した。メールや携帯を受信拒否し、一切の連絡手段が断たれたままになっている(彼らのサイトも昨年8月から更新されておらず、フォームメールで返却を求めても無しのつぶて状態・・・)。

春の詩を二題

oi.jpg

立春も過ぎまして、春めいてきました。で、春の詩を二題。

shunpu.jpg

春風を愁う  一石
玄天に 春意(しゅんい)動き
淑氣(しゅくき) 晴空に滿つ
却(かえ)って恨む 花の涙を含むを
愁(うれ)え教(し)む 粉を送るの風
(五絶・仄起式・上平声一東韻)

これは花粉症で苦しんでいた頃に詠んだもの。今は癒されております。

次は巨匠王維のもの。並べるのはちょっと・・・ですが

shakshu.jpg酒を酌んで裴迪(はいてき)に与う
酒を酌んで君に与う 君自ら寛(ゆる)うせよ
人情の翻覆(はんぷく)は波瀾に似たり
白首の相知(そうち)も猶を剣を按(あん)じ
朱門の先達は弾冠(だんかん)を笑う
草色全く細雨を経て湿(うるお)い 
花枝動かんと欲して春風寒し
世事(せじ)浮雲 何ぞ問うに足らん
如(し)かず 高臥して且つ餐(さん)を加えんには

ここまで生きるとけっこうこの境涯が共有できるわけ

万物はバイブレーションである

天は神の栄光を物語り/大空は御手の業を示す。
昼は昼に語り伝え/夜は夜に知識を送る。
話すことも、語ることもなく/声は聞こえなくても
その響き(=弦・バイブレーション)は全地に/その言葉は世界の果てに向かう。
                                -詩編19:1-5

五感で感知できない次元、そこでは常に何かの知識がやり取りされているのだ。物理的領域においてすらしかり、いわんや霊的領域においてをやである。

癒しが現れない理由

癒しが現れない理由。結局はフェイスの有無なのだが・・・。プライドが俺には信仰がある!ってあえて主張すると逆にね・・・。Lehigh Valleryの皆さん、ヨロシク

ナウ、フェイスとは願う事柄のサブスタンス、まだ見ていない事柄の立証である。-ヘブル11:1(私訳)

使徒信条告白~、我はナニを信ず・・・とか、確信、確信とガンバルものではないのです。

追記:God released Himself into Earth Realm! WOW! イイですね、これ 言葉(Dabar)はマター、実質、サブスタンスそのものなのだ(今週のマイ・メッセ参照)。

出家と献身-ニッポンキリスト教のタブーをあえて

Tomika.jpg

こういうキャピキャピ系の子は、実はかなり無理しているのだ。限界だったんだろうね。

-清水富美加さん出家 「とくダネ!」菊川怜さん「芸能界は精神的に支えがないと…」小倉智昭さん「それが幸福の科学だったのか」

こちらは「出家」、ニッポンキリスト教は「献身」。あんまり変わりないような・・・

クリスチャンはね、みな献身しているんです。仕事辞めて、神学校行って、牧師按手受けて、晴れて牧師センセイの誕生・・・ってシステム、聖書のどこに書いてあるわけ?ジーザスが「先生と呼ばれるな」と言われているでしょう?

そもそもポイメンは牧【師】などではない。牧する者、つまり牧【者】に過ぎないのだ。それもね、エペソ書見れば、使徒・預言者・伝道者・牧者/教える者と言うランク(これもね、五役ではない、四役。幕屋の構造見れば明らか。これはまたいずれ)。よく夫婦でダンナが牧師で、オクサンが伝道師とか称してあたかも牧師見習いみたくなっているが、とんでもないニッポンキリスト教的勘違い。

そもそも教職と信徒といったシステムはエペソの教会で入り込んだが、ジーザスが「ニコライ派の教え」として断罪していますが、それが何か?(これは「ニカオ=民衆+ラオス=支配」の意味) しかし、これを指摘するとね、このギョウカイのタブーだから、かなりヤバいわけ (って、してるじゃん、ハハ)

詳細はこちら⇒教会歴史について(http://www.kingdomfellowship.com/Topics/churchhist.html

要するにPistis=Faithを信仰、Poimen=Pastorを牧師と訳すから、ニッポンキリスト教が生まれる。それは日本語のマトリックスのトリックなのだ。すべからく、霊的真理は日本語で理解するな!

追記:"Not that we are sufficient of ourselves to think any thing as of ourselves; but our sufficiency is of God;"、ここを新改訳は「資格」と訳しているが、KJVは"sufficiency"、Strongではability。牧師の免許とか、そんな教団カプセルだけで通用する紙切れ貰ってもしょうがいないでしょうに・・・。

追記の追記:ニッポンキリスト教のシーンに引っ張り出されたころ、マジで不思議なことだらけだった。これ、そのリスト⇒ニッポンキリスト教の七不思議+1

 

Pagination

Utility

CALENDAR

07 2018.08 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Trackback

Re:真の礼拝とは-Colin Urquhart
2018/04/30 from 承認待ち