Information

3_White_logo_on_color1_256.jpg

ブログ・スクリプトをWord Pressにチェンジしました。明日(2017年3月10日)以降、このページは更新しません。新しいブログに移行します。

-DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE(http://www.dr-luke.com/wp/)

なお、フレームは以前と同じです。

-http://blog.dr-luke.com

また過去ログはこちらで一覧可能です。

-Dr.Luke's Spiritual Insight(本ブログ)

-過去ブログ2

-過去ブログ1

 

Entry

Tag: ポストミレ

再建主義者の脳内マトリックス

20160719-1.jpg

これは実に興味深い。いつもの再建主義の富井氏の脳内マトリックスだ。クリップさせていただこう。

7つに時代を区切るのはディスペンセイション主義でも同じだが、問題は、今の2000年の見方。私たちはダニエル書の70週預言の69週と最後の1週にはさまれた異邦人の時代、恵みの時代、あるいは教会の時代と見る。そして異邦人の時が満ちるとき、携挙とイエスの再臨が起こり、その後、文字通りの千年期が開始される。・・・というマトリックス(現段階では)を持っている。

再建主義のマトリックスはちょうど千年分スライドしているわけ。だから彼らにとってはすでに黙示録19章までは成就している。彼らにとってはすでに最後の1週に入ってしまっている!?もっともSDAの解き明かしでもすでに70週は満了しているのだが・・・(彼らは69+1とは分けない)。

さて、実に面白いことだ。同じ聖書を読んでいて、そこから構築される脳内マトリックスはこれほどに異なるのだ。これはちょうど上の図のようなもの。

わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。-1Cor 13:12

tomii 2016/07/18(月)22:56

サタンの一時的な解放2

もし黙示録20・7-10におけるサタンの一時的な解放が、現代のイルミナティによる世界支配を意味するのであれば、直後に大審判がなければならない。

また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。
ま た私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。そして、数々の書物が開かれた。また、別の一つの書物も開かれたが、それ は、いのちの書であった。死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行ないに応じてさばかれた。
海はその中にいる死者を出し、死もハデスも、その中にいる死者を出した。そして人々はおのおの自分の行ないに応じてさばかれた。
それから、死とハデスとは、火の池に投げ込まれた。これが第二の死である。
いのちの書に名のしるされていない者はみな、この火の池に投げ込まれた。(黙示録20・11-15)

しかし、このような審判がすぐに来るとすれば、では、諸国民の弟子化というイエスの命令は成就しないままに終わるのか、という疑問が生じる。

イエスは「すべての国民を弟子としなさい」とマタイ28章で言われた。

ということは、それは、必ず実現するということである。

実現しないようなことをイエスが命令されるはずがない。

だから、われわれは千年王国の最後の時代には生きてはいない、と結論できる。

千年王国は、諸国民が弟子化するまで続く。

今のイルミナティの世界政府は、千年王国の最後に起こる反逆と比較すると小さい試みである。

「二度の世界大戦が小さい試みだと?」と言われるかもしれないが、聖書を読むとそうとしか考えられない。

私は、今の反逆は第2ステージだと考える。

第1ステージは、紀元1000年ごろにあった。

その時も反逆はあった。

十字軍は、実質シオニスト運動であり、タルムードユダヤ人による聖地回復、神殿建設の試みであった。

しかし、失敗した。聖地は奪還できず、神殿も再建できなかった。

第2ステージである現在においても、彼らの試みは失敗するだろう。

十字軍に発するテンプル騎士団がフリーメイソンとなり、第2ステージへの準備を開始した。

そのシオニスト的努力の集大成が、イルミナティによる国連建設であり、世界統一政府の実現である。

しかし、土台として据えられたEUがイギリスの脱退によって崩壊しつつある。

世界政府は完成しない。

これで第2ステージも失敗に終わる。

1997年から第3ステージが始まった。

なぜならば、キリストの生誕後ちょうど2000年後が1996年だからである。

今の時期は、第2ステージから第3ステージへの過渡期である。

第3ステージは、黄金の千年期と呼ばれるだろう。

第2ステージにおけるサタンへの裁きの後に、サタンは牢に投げ込まれる。

悪霊の活動も弱まるだろう。

フリーエネルギーの実用化、インターネットを通じたコミュニケーションの拡大、再生医療による長寿化など、科学技術の著しい発達により、世界は回復に向かうだろう。福音が、ほとんどすべての国民に受け入れられ、地上のシステム全体が聖書の原理によって運営される。

第3ステージの終末にサタンの本格的解放が起きる。

それまでの祝福千年期の間にもサタンは準備をしている。

その準備が表面化し、最後の最後に特大の反逆が起きる。

そして、神は最終審判を下され、永遠の世界が到来する。

つまり、新約時代における歴史とは、千年王国の発展の歴史である。

それは、3つの段階に分かれると思われる。(ただし、これは聖書に明示されていないのであくまでも私の推測である。)

第1千年期:紀元前4年から紀元996年まで。

第2千年期:紀元997年から1996年まで。

第3千年期:紀元1997年から2996年まで。

キリストが到来される前の時代、つまり紀元前の時代は次の4つの千年期に分かれる。

第1千年期:アダムからノアまで。

第2千年期:ノアからアブラハムまで。

第3千年期:アブラハムからダビデまで。

第4千年期:ダビデからキリストまで。

旧約時代の4つの千年期と新約時代の3つの千年期を合わせると、7千年期になり、一週間と同じ7という数字にまとまる。

それゆえ、新約の第3千年期は日曜日にあたり、「安息の千年期」になるのではないだろうか。

聖霊の著しい働きにより、最後の千年期において、神の民の数が増え、世界のすべての民族の間で、クリスチャンが多数派を占め、文化を変え、世界全体がキリストの王国らしくなる。

今の時点では、世界はキリストの「法的」王国であるが、千年後には「実際的」王国に変貌しているだろう。


再建主義者いわく、現代は千年期の最後の時代?

これはちょっとビックリなお説。クリップしておこう。

tomi 2016/07/16(土) 21:25

サタンの一時的な解放

しかし千年の終わりに、サタンはその牢から解き放され、
地の四方にある諸国の民、すなわち、ゴグとマゴグを惑わすために出て行き、戦いのために彼らを召集する。彼らの数は海べの砂のようである。
彼らは、地上の広い平地に上って来て、聖徒たちの陣営と愛された都とを取り囲んだ。すると、天から火が降って来て、彼らを焼き尽くした。
そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。(黙示録20・7-10)欺きの時代、エキュメニカル運動の時代、反逆の時代。

・・・・

われわれは、これらを目の前で見ている。
黙示録20章の千年王国の最後の時、つまり、悪魔が一時的に解放されている時代とは、現代なのか。
もしそう考えると、われわれの未来は、「敵による取り囲み」と「天からの裁きの火」である。
「彼らは、地上の広い平地に上って来て、聖徒たちの陣営と愛された都とを取り囲んだ。」
プレ・ミレは、この「都」をエルサレムととらえるが、新約時代において、ある特定の場所は都と呼ばれていない。都とは、神殿のある場所であるが、新約時代において神殿とはクリスチャンの体であるから、都は一か所に特定できない。
「聖徒たちの陣営」も、聖徒たち(クリスチャン)が全世界に散らばっているので、一つの場所に特定できない。
それゆえ、これをイスラエルにある「ハルマゲドン」に特定することは不可能である。
この個所は、サタンの軍隊がクリスチャンを圧迫すると考えるべきである。
「天から火が降って来て、彼らを焼き尽くした。 そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた」
「天から火が降って来て、彼らを焼き尽くした」。これも象徴的な表現である。
第2列王記1章において、神は、エリヤの祈りにこたえて、天から火をくだされ、偶像礼拝する王アハズヤが2度派遣した五十人隊の長とその部下五十人、計 102人を焼き尽くした。アハズヤがなぜエリヤのもとに彼らを派遣したかというと、彼が王の不吉な運命を預言したからである。
正しいことを伝える預言者への迫害に対する神の回答は、火による焼き尽くしである。
同じように、御言葉を守るクリスチャンも追い詰められるが、神からの直接の裁きによって敵が全滅し、解放される。

プレミレVS.ポストミレ―同じ書を読んでいても・・・

20160607-3.jpg

今回、再建主義の富井氏が次のように書いている:

tomi 2016/06/14(火) 23:28

今日われわれが目撃しているのは「第3の世界政府破壊」である2

この世界はキリストの王国である。(1)
キリストの法が支配している。(2)
・・・
イエス・キリストが紀元70年に神の国を開始されてからこの世界はキリストによって支配され、その支配を拒絶する人全員に呪いが下る。(3)
・・・
9-16節から、「家」とは「神の国」を指していることが分かる。
つまり、神の国を建設するはずのイスラエルの民がイエスを見捨てたが、それが基礎となったと。
パリサイ人に主導された当時のイスラエルは、グローバリストの国であった。(4)
・・・
これがイルミナティのトップ中のトップ。
(Edward Hendrie, Solving the Mystery of BABYLON THE GREAT)
彼らが『シオン議定書』を書いた。
この書にあるように、パリサイ人の目的は今日でも「ユダヤ人をメシアとする世界政府の建設」である。
・・・
彼らにとってナザレのイエスは邪魔者である。
当時、パリサイ人は、イエスを十字架につけて殺せば、自分たちの世界政府ができると考えた。
イエスは彼らにとって偽メシアであった。
本当のメシアならば、十字架から降りてきて、ローマ軍と戦い、勝利するはずだと。
しかし、結果は、ユダヤ民族の滅亡であった。
紀元70年に、イエスは再臨され、ローマ軍を通じて、世界政府建設を目指す堕落したイスラエルを裁かれた。(5)
そして、「捨て石」であったご自身を「本当の世界政府」つまり「神の国」のための礎石にされた。(6)
図式化すると、

A:パリサイ人の流れ:バビロニア思想→ミシュナー→バビロニア・タルムード→偽メシアによる世界政府
B:イエス・キリストの流れ:聖書→ナザレのイエスをメシアとする世界政府

この2つの世界政府の戦いこそが、聖書の中心テーマである。(7)
紀元70年に再臨のイエスは、Aを破壊され、Bを確立された。
今日われわれが住む世界が向かっているのは、再度のAの破壊と、Bの確立である。
・・・

実に不思議だ。マインドにおけるパラダイムが、同じ本を読んでいて、これだけ異なるのだ。

(1)これはそのとおり。すでにジーザスの初臨で神の国が地に介入し、現在われわれをとおして拡大しつつある。

(2)今、われわれを支配する法は廃された石の律法ではなく、いのちの御霊の法則。

(3)なぜAD70年なのだろう。すでに十字架上でイエスは「完成した」と言われた。神殿の幕も裂け、そこに刺繍されたケルビムも裂かれた。これは旧約の終わり。それを復活により証明された。昇天されるときに、「天と地の権威はわたしに与えられた」と宣言された。

(4)パリサイ人がグローバリスト?

(5)AD70年の再臨は第一の再臨で、さらに千年期後に第二の再臨があるとか・・・? それでは再々臨であろうに。

(6)イエスは「わたしの国はこの世のものではない」と言われたはずだが。

(7)物理的な五感(血肉)の世界のおける戦いではなく、霊的領域におけるもののはず。しかもすでに主は勝利されている。それを地上において現すことがわれわれの使命。必ずしも世界政府を樹立することではない。これは主の再臨の後に主ご自身がなさること。これがプレミレの立場だ。

そして現在が千年期、つまり文字通り物理的な神の国であるとすることにおいて、もっとも致命的な点は、血肉は神の国に入ることはできないこと(1Cor 15:50)。この旧い創造に属する肉体が霊の体に変貌することによってのみ、文字通り全存在が神の国に入る。今は霊がその領域に関わるのだ。私たちの霊をとおして、神の国のサブスタンスがこの五感の領域に現出する。これがフェイスのパワーだ。

またポストミレを認めるには、黙示録の成立時期がAD70年以前でなくてはならない点と合わせて(これについてはすでに論駁している)、富井氏の説には多々学ぶべき点があり、インスパイアされることも多いが、現在までのところポストレミ、あるいは再建主義を認めるには至らない次第。あくまでも聖書を読むのに、このような視点があるのかと、ひとつのパラダイムとして学ばせていただいている。

-再建主義者富井氏との対話-旧約律法と新約のいのちの御霊の法則

スパムが多くて、一時クローズドしていたハードコア・セッションを再開します。こちらのコメント欄では扱えないようなテーマはこちらまでヨロシクです。

ポストミレvs.プレミレ

20160601-5.jpg

今晩もまたニコラス・ケイジの『レフト・ビハインド』が放映されるようだ(⇒http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/108083/index.php?m=01)。 まあ、ノンクリスチャンの方にとってはトンデモ系妄想物語と思われると推察するところではあるが・・・。この作品はT・ラヘイらによる、ディスペンセイ ション主義に基づくシナリオ。つまりジーザスは千年期前に再臨され、エクレシアはさらにその前に上げられる、いわゆる前艱難期(ダニエルの最後の7年)携 挙説に立つ。これをプレ・ミレニアムと言う。

これに対して、すでに今は千年期であり、すべての国民が弟子とされた暁に、つまり地上にジーザスの国が司法的にも社会的にも経済的にも、自然法に基づくの ではなくモーセ律法によって確立した後にジーザスは再臨される、とする立場がある。これをポスト・ミレニアムと言う。アメリカでリバタリアン主義に影響を 与えているラッシュドゥーニーの再建主義が有名。

この二つの立場は黙示録をいかに解釈するかの差による。プレミレではフーチャリスト、つまり未来を予言してい るとし、ポストミレではプレテリスト、つまりすでに成就しているとする。なお、プレテリストにもパーシャル(今は千年期とする)とフル(今は新天新地とす る)があるが。とにかくマタイ24章やルカ21章の終末の様はAD70年のエルサレムの陥落を予言したものであると言うわけ。つまり黙示録の終末はすでに 終わっていると・・・。

20160601-6.png

さて、ここで問題となるのが、黙示録の成立時期だ。ポストミレによれば、それはAD70年以前に書かれていなくてはならない。が、通常はヨハネの晩年、 AD90年代に書かれたとされている。ポストミレでは黙示録の"666"をネロと同定し(これは私も同意)、ネロが同書17章の6番目の皇帝であるとす る。よってヨハネが黙示録を書いていた時の皇帝であると言うわけ。つまり黙示録はAD60年代に成立したと。しかし、ここにトリックがあるのだ。カギはギ リシャ語の"επεσαν"の意味にあるのだが・・・、ここではこれまで。興味のある方はこちらをどうぞ!

・666の正体は?(⇒http://www.dr-luke.com/diarypro/archives/3033.html
・ポスト・ミレか、プレ・ミレか?(⇒http://www.dr-luke.com/diarypro/archives/4396.html

なお、携挙の時期については保留。小生も、希望的立場としては前艱難期を期待するところではあるが・・・。

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

CALENDAR

05 2018.06 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Trackback

Re:真の礼拝とは-Colin Urquhart
2018/04/30 from 承認待ち