Information

3_White_logo_on_color1_256.jpg

ブログ・スクリプトをWord Pressにチェンジしました。明日(2017年3月10日)以降、このページは更新しません。新しいブログに移行します。

-DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE(http://www.dr-luke.com/wp/)

なお、フレームは以前と同じです。

-http://blog.dr-luke.com

また過去ログはこちらで一覧可能です。

-Dr.Luke's Spiritual Insight(本ブログ)

-過去ブログ2

-過去ブログ1

 

Entry

Tag: マトリックス

概念の世界、オツムのマトリックスを離脱する時代

Supersolid.jpg

-A new form of matter: scientists create the first supersolid

この記事、実に面白い。量子レベルでは粒子とか波動の区別は無意味になるのと同様に、流体とか個体とかの区別ができない物質ができた。ナチュラルワールドはオツムの概念の世界を超えるのだ。いわんやスーパーナチュラルにおいてをやである。神学などはあえて無意味とは言わないが、フェイスとは関係ない空理空論に過ぎない。

『沈黙』の評価に見られるそれぞれの心のマトリックス

実に面白い。かつての『パッション』も『サン・オブ・ゴッド』、そして『ノア』などの作品に対する評価は実にバラバラ。これ、要するにそれぞれの内なる「神」像、つまりマトリックスを投影しているからに他ならない。『沈黙』により、人間の弱さを知り、その弱さに同情を惜しまず、むしろ自分が足蹴にされる神を見る人は自己憐憫のマトリックスを投影している。

苦しむ人々を無視してあくまでも自分の信仰を貫くことが真に神の御心に沿うのかどうかとか・・・、遠藤周作の心のマトリックスから染み出した問題設定に「うーむ」と呻きつつ、人間の負っている宿命的不条理が・・・とかやる人は、十字架の真の意味が分かっていない。オツムの空転に陥っている。

よろしいですか、御言葉なんと語っているか。フェイスによらないことはすべて罪(Rom 14:23)。ゆえにフェイスによらない愛は罪。十字架を経ていないヒューマニズムの愛は、魂のものであり、強調するが、罪である。しかし愛の欠如したフェイスは虚しい(1Cor 13:2)。虚しいのであって、罪ではないから注意されたい。大切なのは愛によって働くフェイスである!(Gal 5:6)主体はあくまでもフェイス!愛はフェイスの培地である。

今、フェイスとは願う事柄のサブスタンス、見ていない事柄の立証である。―ヘブル11:1

フェイスがなければ神に喜ばれることはできない。―ibid 11:6

主は言われた、わたしよりも父や母を愛する者はわたしにふさわしくない。つまり神の愛はセンチメンタルではない。ハードコアなのだ。すべての事について言えることだが、各人のマトリックスの投影である以上、意見や感想の一致などは見られるはずもない。またそのようなすり合わせは無意味。究極的にジャッジするのは御言葉。

神の言葉はもろ刃の剣よりも鋭く、関節と骨髄、霊と魂を切り分ける。―ヘブル4:12

そう、愛も霊的サブスタンス、それは魂の感情由来のものではない。霊から生まれるものなのだ。この切り分けができるか否か、これはいずれ神の前にひとりびとりが立つときに明らかにされる。

なお、これを言うと興ざめだが、所詮、小説の世界、映画のオハナシに過ぎない。マジになるものでもないのだ。

追記:やはりもっとも安心して誰にでもおススメできるのは『ベン・ハー』だ。最近のリメイク版はどうなっているのでしょうか?どなたがご存知ですか?

ヨブの災いの原因

再建主義の富井氏が紹介している面白い記事がありました。ガンなどは恐れる必要はないのです。恐れる人はそのとおりの結果を招くでしょう。"FEAR(恐れ)"とは「False(偽りの)Expectation(期待)がAppearing(現出して)Real(現実)となること」ですから。ニューエイジでは「引き寄せの法則」とか言いますが真理です。

-安保流「がんを治す4か条」

ヨブ記も、神が災いを送ったとして、人間の苦難の原因は神にあると神を告発する人々がおりますが、あれは元々ヨブが恐れを抱いていたのです。フェイスに穴があったのです。しかも自分の義を主張している。そこをサタンが突いた。私が恐れていたことが降りかかった、と自ら告白しているわけ。

サタンの訴えをなぜ神は許可するのかとか言う人がいますが、その人がそのように信じているのですから神は防ぐことはできない、むしろ神はサタンに対して、いのちだけは奪うな、とヨブを保護したのです。ヒューマニズムにかぶれた自己中心・自己憐憫視点から見ると神の善意をひねくって解釈するのです。これは遠藤周作の『沈黙』も、ジーン・ハックマンの『ポセイドンアドベンチャー』も同じ病理。

いいですか、神はあらゆることにおいて善。GOD IS GOOD! 決してご自分から試みることはないと書いてあるでしょう。人が自ら招くのです。その人の心がマトリックス(子宮)としてその人にとっての現実を生み出す。だから、恐れるな!主イエスがもっとも言っていたことです。

恐れる者には神の愛がまっとうしていない。完全な愛は恐れを取り除く。

フェイスにより人間の言語マトリックスを超える

FBの方で次のようなご意見がありました。大切な点なのでこちらにても紹介しておきます。

A氏:聖書は日本人の伝道を前提にしていないのかぁ!と思うほどです。また、あちらこちらの巷のメッセを聞いていても「この訳は頂けない」「この訳は間違っている」「へブル的背景を知らないと」とかやってる。この国では聖書を手にしてもらうだけでもやっとのことなのに、さらに中身云々となったら誰が救いに与れるのかホント気が遠くなります。

小生:これは英語でも他言語でも同じでしょう。特に日本語は不利ですが。記録された言葉は人間の言語マトリックスに神のことばを投影する作業だからです。

ゆえにフェイスが必要なわけです。フェイスとはサブスタンスの実体化。それは霊によってのみ可能です。霊のことは霊によって知るとあるとおりです。

そして何よりも神の国はロゴス(言語)にではなく、ドユナミス(力)にあるわけで、人間の言語に投影され記録されたいわゆる御言葉をオツムでアレコレいじっても、霊的なサブスタンスにはタッチできません。これがいわゆる神学です。それはマインド・マトリックスに過ぎません。

カギは霊にあります。フェイスの覚醒、さらに霊的エンジニアリングに熟練する必要があるわけです。無限の霊的領域に飛躍し、透視するカギです。

ミラクルの条件

人は不思議なもので、不自由と思いつつも、そこでとりあえず生命の安全が保障されると、そこに安住するものなのだ。けっこうガマン強いと言うか・・・(認知的不協和最小化の原理)。これが現代ニッポン社会であり、その合わせ鏡であるニッポンキリスト教のクルシチャン。そこがコンフォートゾーンとしてのマトリックス(子宮)だから。人は常に子宮復帰願望を抱いているのだ。しかし、ミラクルはコンフォートゾーンから一歩足を踏み出す時に経験できる。あの小舟から出たペテロのように・・・。それがフェイス。その決断はあなた次第

マトリックスからの解放のカギ―選択―

Matrix1.jpg

Matrix2.jpg

マトリックス(Matirx)とは子宮、つまりネットワーク・カプセル。人は自分で自分をマトリックスに幽閉しているのだ。

<現実とは何だ?明確な区別はないのだ。五感で知覚できるものが現実というなら、それは大脳による電気信号の解釈に過ぎないのだ。>

<おまえは奴隷だ。誰もが生まれながらに束縛され、においも味も感触もない心の牢獄に幽閉されている。>

フェイスはこの五感のカプセルを超える。

あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にする。―ジーザス

赤い錠剤と緑の錠剤、どちらを選びますか?

Dr.Lukeのワンショット―マトリックスとは何か?

マトリックスの語源はmater、つまり母、そして子宮。
何かを生み出す培地、特にマインドに組み込まれた構造体ネットワーク。

物質はバイブレーションのマトリックス

max-planck.jpg

献身的な物理学者として、すなわち全人生を完全なるサイエンス、物質界を解明する仕事に捧げた者として、私が単なる空想家であるとは誰も思わないであろう。そのうえで、原子を研究してきた私は、あなたがたに、いわゆる物質なるものは存在しない、と言わざるを得ない!すべての物質は原子の粒子にバイブレーションをもたらし、今この時に原子なる極小の太陽系をまとめあげているある力のお陰で生じまた存在するのである。この宇宙に知的かつ永遠なる力が存在することはあり得ないが、なおわれわれはこの力の背後に意識的かつ知的なマインドあるいはスピリットが存在すると想定しなくてはならない。これこそがすべての物質のマトリックスなのだ。―Max Planck

niels-boahr.jpg

われわれがリアルと呼んでいるあらゆる事はリアルとはみなせないものから構成されている。もし量子力学があなたにとって大いなるショッキングとなり得ないとしたら、あなたはまだそれを理解していないからなのだ。―Niels Bohr

 

天は神の栄光を物語り/大空は御手の業を示す。
昼は昼に語り伝え/夜は夜に知識を送る。
話すことも、語ることもなく/声は聞こえなくても
その響き(=バイブレーション)は全地に/その言葉は世界の果てに向かう。
-詩編19:2-5

 

魂と霊の切り分け―マトリックスからの離脱のカギ

最後の霊的覚醒のチャンス

-安倍首相 トランプ氏の勝利にイラ立ちか「話が違うじゃないか!」

この人、どこまでもお子ちゃま。成蹊大だったっけ。ニッポンは米に捨てられ、自立せよ、と言われても、今更どうやって? こんな人をトップに据えちゃうニッポンの国民さまもエライ!政治屋と国民は鏡像関係だから・・・。米軍がいることも実感がないし、いなくなることも実感がないでしょ、そもそも。

タコツボ化、オタク化、カプセル化した社会は外界への感受性を失って、お笑い、SMAP、誰とダレがくっついた別れた、美味しいもの食べたとか、意識は色気と食い気と飾り物だけ。まことに聖書が言う通り、肉の欲、目の欲、持ち物の誇りで煽られるだけ。三島由紀夫はまことに今日を見ていたのでしょう。

教界も「あなたの街のお気軽な教会♪」とかって、この世に身売りして組み込まれてしまって、預言的機能を何ら果たしていないし。しかし、真の霊的覚醒の最期のチャンスかもだが。

邦訳聖書の問題点

これはまことに同意だ。邦訳はあまりにもテキトー、訳者のフィルターの色が付きすぎ。ちなみに私は翻訳本はまず読まない。原書主義。そもそも数学や物理のように専門用語として訳する必要があるのだ。これでニッポンキリスト教のマトリックスができて、クルシチャンが大量生産されるわけ。で、フラストレーションためた連中が狂い出すと。なお、私はプレミレですが・・・。ちなみに写本の問題はおいて、岩波訳は良い。リベラルの人たちの手によるが、専門用語をキチンと定義して用いている。

---------------
tomi 2016/11/05(土) 01:03

日本語訳聖書で手放しで推薦できるものはない

>日本語訳聖書はどれを読めばよいのでしょうか。

メールありがとうございました。

聖書は写本において2種類あります。

1.ビザンチン写本

大多数のキリスト教会において1900年間使用されてきたものです。

2.アレキサンドリア型写本

ウェストコットとホートという学者がそれまで古文書館において眠っていたアレキサンドリア型写本がビザンチンよりも古いと言い出して、現在のほとんどの翻訳聖書に使用されるようになりました。

しかし、ウェストコットとホートはいずれもオカルト秘密結社に属する悪魔崇拝者でした。

しかも最近の研究では、アレキサンドリアよりもビザンチンのほうが古いという説もあります。

アレキサンドリア由来の翻訳聖書NASB、NIVなどには、無数の省略(つまりビザンチン由来の翻訳聖書にある文言の欠落)があったり、オカルト用語が含まれていたりと、信頼に足るとは言えません。

現在、日本語においてビザンチン写本に基づく聖書は永井訳などわずかであり、そのわずかな翻訳聖書も、永井訳は日本語が読みにくいこと、その他はディスペンセーショナリズムなどの異質な神学の影響があり、手放しでお勧めできるものは存在しません。

ただ、ビザンチンとアレキサンドリアの差はマイナーなものであり、メジャーな差は僅少であるため、日本語訳としては私は新改訳聖書を利用していますし、注意書き付きでお勧めもしております。

英語でお勧めできるのは、ジュネーブ聖書です。これは、宗教改革者たちが使用してきたもので、最良の翻訳聖書です。キング・ジェームズ訳はフリーメイソンであった監訳者フランシス・ベーコンの影響があり十分にはお勧めできません。
---------

Dr.Lukeのワンショット―言葉はサブスタンスまたスピリット

Pagination

Utility

CALENDAR

11 2017.12 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Trackback