Information

3_White_logo_on_color1_256.jpg

ブログ・スクリプトをWord Pressにチェンジしました。明日(2017年3月10日)以降、このページは更新しません。新しいブログに移行します。

-DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE(http://www.dr-luke.com/wp/)

なお、フレームは以前と同じです。

-http://blog.dr-luke.com

また過去ログはこちらで一覧可能です。

-Dr.Luke's Spiritual Insight(本ブログ)

-過去ブログ2

-過去ブログ1

 

Entry

Tag: 罪

罪(Sin)と古い人(Old Man)と肉(flesh)の関係

この一連の記事、驚きました。

-クリスチャンには原罪があるか?(その1-5)

一見、もっともらしいが、なんとクリスチャンのうちには罪(Sin)、つまりいわゆる原罪がないと。その主張はこうです:

  1. パウロの言っている「うちに住んでいる罪」は過去の視点
  2. 「うちに住んでいる罪」は「過去」の「古い人」を意味している
  3. 「うちに住んでいる罪」は「善をしたいが悪が宿っているという原理」
  4. 「うちに住んでいる罪」は「からだの中にある罪の法則」
  5. 「からだの中にある罪の法則」は「肉の思い」
  6. 「肉の思い」 = 「古い人」は死んでいるのにも関わらず生かす事も可能

罪(Sin)や古い人(Old Man)や肉(Flesh)を見事に混同している!ニッポンキリスト教の諸々の間違った教えについてはすでに放置の姿勢が原則なのですが、これは重要な論点なので指摘しておきます。ただし、あえてここで反論するのも疲れるので、私の記事を紹介しておきますが、ちょっと懸念される誤りですね。

sin.jpg

-人間の聖書的啓示と現代精神科学

-罪について

-肉について

-律法とクリスチャンについて

ポイントは私たちの体がまだ贖われていない事。だからパウロも地上の幕屋の中でうめいていると証している。さらに神の子たちの出現、すなわち体の贖いを待ち望むとも・・・。言動としての個々の諸々の罪(sins)は血潮により、過去・現在・未来すべては消し去られていますが、内住の罪(Sin)はいぜんとしてこの古い肉体に残るのです。罪に同意するから個々の罪を犯すのです。それに対する対処はすでに成し遂げられた十字架の死と今の私たちによるその適用、つまり御霊により体の働きを殺すこと(Rom 8:13)。要するに、罪(Sin)は残るのですが、それはすでに裁かれており(Rom 8:3)、ニュークリーチャーである新しい私を支配することはないのです(Rom 6:14)。それはすべてフェイスによるのです!

 

 

愛こそは諸悪の根源

FBで流れてきたこの記事、するどいね。タモリとかタケシは人間の本質を見抜いているわけ。強迫神経症的に愛こそすべてのニッポンキリスト教なんて、一発で撃沈されるでしょう。彼らの『沈黙』に対する感想を聞いてみたいが・・・。

愛って、ある意味諸悪の根源。創世記を読めば人が創造された目的が分かる。それは「愛されるため」ではないのだ。「統治せよ」だ。

 
 
 エバはへびに騙されたが、アダムはそうではない。それなのになぜ禁断の実を食べたか?エバを愛していたからだ。彼はエバを統治し損なったわけ。愛ゆえに。だから主は言われた、わたしよりも父母や子供を愛する者はわたしにふさわしくない、と。だからね、『沈黙』なんてのは根本がずれているわけ。繰り返すが、フェイスによらない愛は罪。が、愛がなければフェイスはむなしい。大切なのは愛によって働くフェイス。アダムはフェイスから逸脱したわけ。
 
(影の声:ただね、ギリシャ語では愛の単語にもいろいろあることは一応指摘しておきます。少なくとも魂由来のものではありません。)

仁和寺の和尚化した信仰者たち

20160726-1.jpg

どうも、信仰者なる人々を見ていると、真剣に的外れを演じているケースが多い。そもそもジーザスが言ってもいないことや邦訳聖書の誤訳を間に受けて、自分 は自分の信仰に忠実に生きているのだ!と懸命に主張している姿はかなり滑稽。自分のオツムの中で何かが空転、要するに自作自演なのだ。カプセル化したマイ ワールドに生きているわけ。

今回のメッセでも語ったが、「わたしの信仰」、「あなたの信仰」なる表現がすでに的外れ。フェイスをとんでもなく勘違いしている。が、わが道を行く彼らはなぜか聞く耳を持たない。徒然草の仁和寺の和尚の話は他人ごとではない。

繰り返すが、罪とは的外れ。純粋また真剣であればあるほど、それに気がつかない・・・。それを指摘するとかえって頑なになっていく。彼らはしばしば"善人"であるゆえに、こちらが不当とされて憐れみを受けるyellまことに"善人"は救われない、"悪人"であることは幸いなのだ。

また、彼らに言われた。「何を聞いているかに注意しなさい。あなたがたは自分の量る秤で量り与えられ、<聞く者は>更にたくさん与えられる。持っている人 は更に与えられ、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。」-Mark 4:24-25(<>は邦訳では削除されている)

 

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

CALENDAR

09 2018.10 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Trackback

Re:真の礼拝とは-Colin Urquhart
2018/04/30 from 承認待ち