Information

3_White_logo_on_color1_256.jpg

ブログ・スクリプトをWord Pressにチェンジしました。明日(2017年3月10日)以降、このページは更新しません。新しいブログに移行します。

-DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE(http://www.dr-luke.com/wp/)

なお、フレームは以前と同じです。

-http://blog.dr-luke.com

また過去ログはこちらで一覧可能です。

-Dr.Luke's Spiritual Insight(本ブログ)

-過去ブログ2

-過去ブログ1

 

Entry

Tag: 911

イラク戦の総括

20160812-1.jpg

-英国で「イラク戦争は誤り」報告書 日本での総括はどうなっている?

この記事は重要。当時、ニッポンキリスト教のハーベストなんちゃらなどの一部の牧師たちが、「この戦争は神の戦争である。ブッシュのために祈れ」とかアジっていたものだ。

◎私の批判⇒http://www.kingdomfellowship.com/blog/index.cgi?no=18
◎ブッシュの罪⇒http://www.kingdomfellowship.com/blog/index.cgi?no=3102

が、私は2003年にこう書いた:

◎イラク戦の預言―アメリカは自らの偽りの果てしない刈り取りをするであろう-
http://www.kingdomfellowship.com/Column/flowing53.html

またブッシュについても神の主権を犯した罪の裁きを受けるとも書いた。⇒http://www.kingdomfellowship.com/blog/index.cgi?no=145

ニッポンも立ち位置を明確にすべき時なのだが、この国は人の目にどうかだけで、神の目を畏れることがない。アメリカの運命と一蓮托生になりかねない。

ここでも責任はほわほわと蒸発するのだろう。

追記:イラク戦その後⇒http://www.kingdomfellowship.com/Column/flowing56.html

追記の追記:イスラエルとエクレシアの関係を理解しないと、本件は混乱する。イスラエルは経綸的選びの民、その選びは終わっていない。エクレシアは本質的選びの民。この二つの選びを同じ平面に乗せると、置換神学とか、イスラエルは神聖にして犯すべからずになる。私がイスラエルを祝福せよと言うのは、経綸的なレベルでの話。念のため。

תשעה באבの秘密

昨晩からユダヤ暦のTish'a B'Av、アブの月(政治歴11月)の9日。ユダヤ人の悲劇の歴史の刻印の日。で、その数秘術的意味は・・・。こういうのって、極私的にはけっこう好きだね。

-The Temples in Jerusalem & the Twin Towers Destroyed on the same "Numerological" Date

CLIP:ビン・ラディンは生きている!?

との記事をいつもの富井氏が紹介している。

tomi 2015/05/16(土) 12:02 ビン・ラディンは生きている
Justin Raimondoによる論文Bin Laden’s End: The Truth Comes Out(ビン・ラディンの運命:真実が明らかになる)を紹介する。
http://www.informationclearinghouse.info/article41830.htm
米調査報道記者シーモア・ハーシュによると、ビン・ラディンはまだ生きていて、2006年からパキスタン・イスラマバードのISI本部近くのアボッタバードに収監されている。
3階の居住部屋の入口は鉄扉がついており、武装警備兵に監視されている。この隔離費用はサウジ・アラビアが負担している。
この情報は、パキスタンの諜報機関のエージェントのひとりによってもたらされた。
彼によると、パキスタン政府はテロリストのリーダーたちの居場所も知っているという。
サウジ・アラビアは、ビン・ラディンが生きていることをアメリカに知られたくない。なぜならば彼はサウジ人だから。そのため、彼を隠し続けるように指示している。
アメリカの耳に入れば、アメリカはパキスタンに圧力をかけて、ビン・ラディンにサウジとアルカイダの関係について問いただすだろう。
サウジ政府はこのような事態を恐れている。しかし、サウジとアルカイダ及び911事件の関係はすでにある資料から明らかになっている。
前フロリダ州上院議員で、かつて上院諜報委員会議長を務めたボブ・グラハムや、他の議員によると、『Joint Inquiry into Intelligence Community Activities Before and After the Terrorist Attacks of September 11, 2001(2001年9月11日のテロ攻撃の前後の諜報グループの活動に関する共同調査)』の極秘扱いの28ページ分には、911事件に関係するある外国政府の関与について記されている。
この箇所は、議員しか読むことができず、しかも、音が遮断され、盗聴器が仕掛けられていない地下室において、諜報将校の立ち合いのもとでのみ閲覧が許されている。
閲覧者が漏らしたところによると、「サウジ・アラビア政府の関与」が書かれているという。グラハムは、サウジ政府がハイジャック犯を直接に支援し、FBIがそれを隠ぺいしたと語る。
トマス・マッシー議員はこの28ページの閲覧後このように述べた。
「閲覧は、私にとって真に心をかき乱す出来事であった。2,3ページごとに立ち止まり、私の歴史感覚をいちいち更新しなければならなかった。…それは、閲覧者の中東観を確実に変える内容である。」
マサチューセッツ州ステファン・リンチ議員によると、911の攻撃にサウジが資金を提供したことがそこに記されている。
ハーシュの爆弾記事に対するメディアの反応は、防戦一方である。つまり、彼らに金を出している人間を守ろうと必死である。
親オバマメディアのヴォックスのマックス・フィッシャーからネオコンのジャミー・カーチックまでみな「陰謀論者だ!」と声を荒げて非難している。
以前ご紹介したように、サウジ王家はユダヤ系である。
タルムードユダヤ人であるロックフェラーやブッシュ、ネオコンが、タルムードユダヤ人の息のかかったサウジ王家やパキスタン政府と共同して起こしたのが911であろう。
ビン・ラディンが生きていて、法廷に引っ張り出されて証言すれば、ブッシュの関与が明らかになり、アメリカを牛耳っているこの巨大な悪の組織イルミナティの悪行が世界に知れ渡ることになる。
このような状況が生じていることそのものが、闇の勢力の弱体化の一つの証拠なのである。

911がヤラセであることは明確であるが、富井氏によると311もイルミナティによる。しかも失敗してロックフェラーが失脚、さらにロスチャイルドも弱体化したと・・・。放射能による被害はないとも。人間はとにかく「説明」が欲しいのだ。メーソンやイルミによる陰謀はメタ言語として一番手っ取り早い。再建主義では、現在千年期だから、それに反する社会事象はすべて悪魔による陰謀とする他なくなる。よってそれを駆逐する必要があるのだ。韓国も中国も反千年期的存在。唯一、神に選ばれた、真のユダヤ人にして、真性なキリスト教国であるわが日本だけが千年期を支配する資格を有するというわけ。この世界観って、果たして聖書の真理なのだろうか?

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

CALENDAR

09 2018.10 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Trackback

Re:真の礼拝とは-Colin Urquhart
2018/04/30 from 承認待ち