Information

3_White_logo_on_color1_256.jpg

ブログ・スクリプトをWord Pressにチェンジしました。明日(2017年3月10日)以降、このページは更新しません。新しいブログに移行します。

-DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE(http://www.dr-luke.com/wp/)

なお、フレームは以前と同じです。

-http://blog.dr-luke.com

また過去ログはこちらで一覧可能です。

-Dr.Luke's Spiritual Insight

 

 

Entry

Keyword: トラウマ DNA

DNAの隠された情報の層が証明された

DNAは4つの塩基配列によるコードのみでなく、隠された第二の情報のレイヤー(層)があることが判明した。ストレスや環境はこのレイヤーに影響する。 WOW! 逆に言えば、DNAを心の状態や環境によって制御できるのだ! 祈りとかメディテーションはDNAに影響を及ぼすという説が立証された。この分 野をエピジェネティクスと呼ぶ。

-Scientists just confirmed there's a second layer of information hidden in our DNA

前にナチの迫害によるトラウマが遺伝することを紹介したが、今回のこの研究結果は、われわれの経験がDNAレベルで継承されることを証明したと言える。もっと言えば、キリストのDNAをわれわれは継承することも可能であるということ。つまり霊的領域におけるサブスタンスがDNAレベルに発現することも十分可能だと言うこと。遺伝病や先天異常の人々にとっては大いなる希望となるであろう。

霊精神身体医学(Pneuma-Pshycho Somatic Medicine)

このところYouTubeで紹介している大脳生理学者の論。実に興味深い。ニッポンキリスト教のいわゆる「自我を砕きぃ~」とか、「肉を十字架につけろ~」とかのキーキー声にすでに辟易している方も多いと思う。聖書はなんといっているか?

 ・古い人はキリストと共に死んだ(完了形)

 ・キリストにある者は自分の情と欲と共に肉を十字架につけてしまった(過去形)

とある。聖書箇所はそれぞれでどうぞ。完了した!とイエスも言われたであろう。が、なぜかクルシチャンたちはそれを自分で再現しようとする。死のうとすればするほど、自分が生きていることを感じてしまう。どうしたら自我が死ぬことができるのか、自我に死ぬことはいかに難しいか・・・・。ああ、できるわけがなかろうに!こうして無駄な時間と労力を消耗するのだ。

われわれは既に新しい創造とされた(完了形)!ニュー・クリーチャー新生命体。問題はこの肉体がまだ旧創造に属しており、従って大脳が贖われていないこと。だからマインドのリニューアルとトランスフォーメーションが必要なのだ。それは大脳のネットワークをも再構成する。古い価値観、感じ方、考え方、意思決定のあり方、そして行動が新しく書き換えられること。そう、プログラムの書き換えである。聖化とか言われるとたちまちキリスト教の価値観が入る。いわゆるホーリネス強迫観念だ。

ここでもすでに紹介しているが、最近大脳生理学者にしてクリスチャンが御言葉と大脳生理学の橋渡しをしてくださっていることは大変に心強い。私も『霊精神身体医学』を提唱しているが、御言葉をサイエンスというチャネルをとおして一般の方々や迷える子羊たちに提示したいのだ。いわゆる神学や宗教学の範疇から解放されよ!と私は口を酸っぱくして叫んできた。そのような流れが欧米では着々と起こされている。先駆けはニール・アンダーソンであると考えているが、彼らの基礎にはつねにウォッチマン・ニーがいる。彼の"The Spiritual Man"だ。それは神学でも宗教学でもない。人間学なのだ。ただし、神との関係における御言葉によるそれ。ヒューマニズムに基づくいわゆる人間学ではな決して決してない。

最近に知見では、トラウマ経験がDNAレベルで継承される。人類のもっとも悲惨なトラウマは神との分離とエデンの園からの追放だ。しかし、人類のもっとも至高の喜びは神との一体と神の国への招聘だ。前者はアダムにより、後者はキリストにより成就された。罪を犯すことがなんの努力も要らないように、われわれのマインドのトランスフォーメーションが進めば、義を行うこともごく自然となる。御霊はこの死ぬべき体にすらいのちを与えるのだ。究極の希望は体の贖い、しかしキリストの祝福を受け継ぐDNAを再構成されることにより、この体すらDNAレベルからの変革が可能である!あなたはこれを信じるか?と主は問わるのだ。

Dr.Lukeの一言映画評-『ギヴァー-記憶を注ぐ者』

ギヴァー-記憶を注ぐ者』。

荒廃の灰の中から、ある社会が再建された。境界に守られたコミュニティである。ここでは誰も過去の記憶を持たない。荒廃の後、人々は、新しい社会を作り上 げた。完全に平等な社会である。差異のない世界、差異がなければ争いも起きない。“恐れ”“苦痛” “憎悪”は、もはや死語と化し、人々の記憶から消し去られた。人々は争いを避けるために、何かあれば、すぐに他人に対して謝罪をしていた。
このコ ミュニティで育ったジョナスは、理想的に見えるこの世界に住んでいる。モノクロでも、調和がとれて安心できる世界だった。しかし彼が、「記憶を注ぐ者」と いう、すべてのコミュニティの記憶を保持する唯一の人物と過ごし始めると、コミュニティに隠された過去の、暗く最悪な真実をすぐに見つけ始めた・・・。

いわゆるディストピアをテーマにした作品。ジョージ・オーウェルの『1984年』、レイ・ブラッドベリの『華氏451度』などが有名だ。しかし、これ最近の世界の空気感そのものだ。言葉や日常生活まですべて監視されている。社会の平和を維持するために、個人の感情は殺される。毎朝、感情を鈍麻させる薬を注射されるのだ。こうして人々はバウンダリーの中で白黒の世界に生きている。しかし、ジョナスは違和感を覚え、真実に目覚めるようになるのだ。ギヴァーによって記憶を注入されるたびに世界がカラー化していく。それまで自分が見ていた世界がリアリティーなのではなく、見えなかったリアリティーが明らかにされていくのだ。

人類はエデンの園を追放された後、当初はそのエデンの素晴らしい世界と経験の記憶を有していた。が、時が下るにつれて、その記憶は薄れ、自分たちのチカラで社会を構成し、平和を保つために、自分の真の心を押さえ込むようになった。通勤電車のサラリーマンの表情を見ると明らかだ。世界はビビッドな新鮮さを失い、色彩も曇っていく。実際、うつ病者では色彩も影響を受けることが証明されている。今、世界は究極の管理社会に入ろうとしている。エデンの園のあの素晴らしい経験を心の奥底に沈めたまま・・・。

しかし、イエスは神のサブスタンスであるにもかかわらず、肉体を取り、アダム系の創造に終止符を打ち、新しいキリスト系の人類を生み出してくださった。アダム系のトラウマ経験はDNAレベルにも及んでいるが、キリストはそれをキャンセルしてご自分の義と祝福をDNAレベルで回復してくださった。つまりキリストはかつてのエデンの園の記憶を新しい人類であるわれわれに与えてくださるのだ。否、エデンの園を越える永遠の神の国のリアリティーだ。それは旧くて新しい記憶だ。彼はまことのギヴァーとして・・・。

リアリティーとは何か。自分の五感で得たリアリティーなどはフェイクなのだ。まことのリアリティーがどこにあるのか。それは霊によってのみセンスされる世界。この作品、愛が信仰と希望を生むとか、けっこう聖書的にハマっている。私の新著のテーマとも十分絡んでいる。お薦めだ。

 

DNA Blessings!

先にトラウマがDNAレベルで継承される研究結果を紹介したが、このクリップでも同じことを指摘している。DNAレベルの傷も神は癒して下さり、DNAレベルでの祝福をくださると。まことにアーメンだ。

-David Herzog’s revelation of the "Courts of Heaven"

英語のリスニングがちょっとという方はトランスクリプト(pdf)をどうぞ。

DAVID: Yeah. Well DNA and blood has memories. So yes, it has memories of sicknesses, of sins.You see people that have broken homes because their fathers had it. But then what people don't realize, once you break the curse off your family life, you need to go back and say, now Lord, liberate all the blessings on my ancestors to me, the wisdom they had, the gifts, the talents, the abilities, the inheritances. When you start praying like that, suddenly things start to happen. Even abilities you did not have before that were dormant suddenly start to happen. You start to have business understanding. You learn languages very fast, natural gifts, spiritual gifts, amazing things.

すべて神のわざは栄光の中でなされる。礼拝とは栄光に入ることだ。そのとき立っていることができなくなる・・・。

祭司たちは雲のために立って仕えることができなかった。主の栄光が主の宮に満ちたからである。-1Kings 8:11

 

トラウマ経験は遺伝する

ゲラを本日提出する。修正しているとキリがなくなる。娘を嫁に出すような気分でもあるが・・・。

そのテーマは神の新創造。私たちはニュー・クリーチャー。ネオ・ホモ・サピエンスだ。ホモ・サピエンスの始祖アダムとエバの不従順によって人類に入った罪、単数形のSin(いわゆる原罪)は私たちの肢体に住んでいる(Rom 7:17)。私たちは自分の自由意志で生まれたのでもない、しかし罪を継承してしまった。なんという不条理。諸々の罪(sins)を犯す以前にすでに罪人なのだ。

神学的にはアダムとエバの原罪が私たちの体に継承されるのか否か、いろいろ議論があるようだが、いつものとおり神学などは空論。最近の医学的研究によると、ホロコーストの経験者の子孫はそのトラウマを遺伝子レベルで継承しているとの結果が出ている。通常、生物学では獲得形質は遺伝しないのだが、どうもトラウマ経験はDNAを変化させているようだ。

-Holocaust exposure induced intergenerational effects on FKBP5 methylation

Conclusions
This is the first demonstration of transmission of pre-conception parental trauma to child associated with epigenetic changes in both generations, providing a potential insight into how severe psychological trauma can have intergenerational effects.

人類のもっとも悲惨なトラウマはエデンの園を追い出されたこと。これはDNAレベルで継承されている。逆に言えば、その系列に死んでしまえば、キリストの義をも継承する。キリストの祝された生はDNAレベルでも継承されると言える。私たちは遺伝子レベルで、文字通りに新人類(ネオ・ホモ・サピエンス)とされたのだ!問題はそのキリストの遺伝子が発現するかどうか。昨日のメッセでも語ったが、自分がいかなる存在であるかを知り、その権威と能力を見出すプロセスがメタモルフォーゼ、トランスフォーメーションなのだ。映画『ルーシー』の例を紹介したが、ある意味この映画はわれわれの経験を描いているとも言える。

先に国連で45分間の死の後イエスによって蘇らされた牧師が証言したケースを紹介したが、その際、心臓病の遺伝子が取り除かれていたのだ。DO YOU BELIEVE? クリスチャンとはいわゆる良い行いをするとかしないとか、善良な市民になるとか、いわゆる謹言実直、ホーリネスの牧師さまのようになるとか、そんなレベルのことではない。私たちはネオ・ホモ・サピエンスなのだ。キリスト教という宗教から解かれよ!それは実に生命現象そのものなのだから。

もっとも悲惨なことは、自分がどのような存在であり、どのような権威と能力を有しているか、神が私たちに用意された富がどれほどのものかを知らず、あるいは知っていはいても、その発現を見ることなく、人生を送ることであろう。人として、ホモ・サピエンスとして・・・・。私たちは「醜いアヒルの子」なのだ。

どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示との霊をあなたがたに賜わって神を認めさせ、あなたがたの心の目を明らかにして下さるように、そして、あなたがたが神に召されていだいている望みがどんなものであるか、聖徒たちがつぐべき神の国がいかに栄光に富んだものであるか、また、神の力強い活動によって働く力が、わたしたち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、あなたがたが知るに至るように、と祈っている。-Eph 1:17-19

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

CALENDAR

03 2017.04 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Comment

Re:思想や正義の病理の究極
2017/03/17 from X
Re:リアリティーとは何か?
2017/03/17 from 権限がありません
Re:世界は数学だ
2017/03/08 from 権限がありません
Re:偽りの代償
2017/02/26 from satake
Re:本日のセレブでの難病の癒し
2017/02/20 from Q

Recent Trackback

Re:リアリティーとは何か?
2017/04/25 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/24 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/23 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/21 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/19 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE