Entry

Dr.Lukeの一言映画評―『シークレット・オブ・モンスター』

SAKUHIN013729_1.jpg

父親は米国政府高官、母親は美しくかつカトリック教の"敬虔"な信者。だが、子供を産むことを願ってはおらず、むしろ子供のために自分の人生を喪失したと考えている。加えて密かに他の若い男に惹かれている。

この両親の間で追い詰められていく女児と見間違われる美しい息子。カトリック教を押し付けられ、彼の魂は完全に窒息し、居場所を失う。家庭教師の若い女性に惹かれるも、彼女からも拒絶される。父親からの究極の拒絶により、彼の魂は死ぬ。かくしてある時、叫ぶのだ。ぼくは神なんか信じない、神なんか信じない!!!

・・・その後、彼は独裁者と化す。モンスターの誕生だ。モデルはイタリアのムッソリーニ。

あの当時、ジーザスはユダヤ教の律法主義者たちと特に対決した。もし、現代においてジーザスがおられたら、おそらく対決する対象は○○学会でもなく、xxの科学でもない。キリスト教だ。牧師の息子であったニーチェは当時の偽善的組織・習俗制度としてのキリスト教の欺瞞をあぶり出したが、彼の脳内ではジーザスと同一視してしまった。彼はジーザスをも排除したのだ。その末路は悲惨だった。ムッソリーニも同じなのだ。

ニッポンキリスト教でも一部にレビヤタンの霊により絡んでくるモンスターたちが出現しているが、キリスト教なる宗教とキリストご自身を切り分けることができた人は幸いだ。ジーザスご自身の魅力を知った者たち、それこそが神の新創造であるエクレシアである。目に見えるものはフェイクであると知るべし。五感の領域から離脱せよ!

目に見えるものは一時的、見えないものこそが永遠のものである。―2Cor 4:18

 

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/1037

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

11 2017.12 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Trackback