Entry

罪(Sin)と古い人(Old Man)と肉(flesh)の関係

この一連の記事、驚きました。

-クリスチャンには原罪があるか?(その1-5)

一見、もっともらしいが、なんとクリスチャンのうちには罪(Sin)、つまりいわゆる原罪がないと。その主張はこうです:

  1. パウロの言っている「うちに住んでいる罪」は過去の視点
  2. 「うちに住んでいる罪」は「過去」の「古い人」を意味している
  3. 「うちに住んでいる罪」は「善をしたいが悪が宿っているという原理」
  4. 「うちに住んでいる罪」は「からだの中にある罪の法則」
  5. 「からだの中にある罪の法則」は「肉の思い」
  6. 「肉の思い」 = 「古い人」は死んでいるのにも関わらず生かす事も可能

罪(Sin)や古い人(Old Man)や肉(Flesh)を見事に混同している!ニッポンキリスト教の諸々の間違った教えについてはすでに放置の姿勢が原則なのですが、これは重要な論点なので指摘しておきます。ただし、あえてここで反論するのも疲れるので、私の記事を紹介しておきますが、ちょっと懸念される誤りですね。

sin.jpg

-人間の聖書的啓示と現代精神科学

-罪について

-肉について

-律法とクリスチャンについて

ポイントは私たちの体がまだ贖われていない事。だからパウロも地上の幕屋の中でうめいていると証している。さらに神の子たちの出現、すなわち体の贖いを待ち望むとも・・・。言動としての個々の諸々の罪(sins)は血潮により、過去・現在・未来すべては消し去られていますが、内住の罪(Sin)はいぜんとしてこの古い肉体に残るのです。罪に同意するから個々の罪を犯すのです。それに対する対処はすでに成し遂げられた十字架の死と今の私たちによるその適用、つまり御霊により体の働きを殺すこと(Rom 8:13)。要するに、罪(Sin)は残るのですが、それはすでに裁かれており(Rom 8:3)、ニュークリーチャーである新しい私を支配することはないのです(Rom 6:14)。それはすべてフェイスによるのです!

 

 

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/1157

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

07 2017.08 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Comment

Re:思想や正義の病理の究極
2017/03/17 from X
Re:リアリティーとは何か?
2017/03/17 from 権限がありません
Re:世界は数学だ
2017/03/08 from 権限がありません
Re:偽りの代償
2017/02/26 from satake
Re:本日のセレブでの難病の癒し
2017/02/20 from Q

Recent Trackback

Re:リアリティーとは何か?
2017/08/15 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE|キングダム・フェローシップ
Re:リアリティーとは何か?
2017/08/15 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/08/14 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/08/13 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/08/11 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE