Entry

フェイスの成長の鍵

わたしたちは限度をこえて、他人の働きを誇るようなことはしない。ただ、あなたがたの信仰が成長するにつれて、わたしたちの働きの範囲があなたがたの中でますます大きくなることを望んでいる。-2Cor 10:15

信仰の成長の鍵は?これ、クリスチャンならばみな切望すること。で、我は●●を信ず!我は癒しを信ず!我はしるしと不思議を信ず!・・・・とやったところで疲れるだけ。神が嫌うもの-それは人の汗!(Eze 44:18) クリスチャンが一番弱い点は何か?それは罪意識だ。Sin-Consciouness! これにやられている人がいかに多いことか。これは霊の病気、浸潤型のガン細胞のようなもの。じわじわとわれわれの信仰を侵食する。逆に-

イエス・キリストの僕また使徒であるシメオン・ペテロから、わたしたちの神と救主イエス・キリストとの義によって、わたしたちと同じ尊い信仰を授かった人々へ。-2Pet 1:1

「義によって」とあるのは「義をとおして」または「義にあって」が適切。私たちは信仰によって義とされた。が、神とキリストの義にあって信仰を授かったのだ。もっと言えば、義も信仰も神によって授かるもの。神は私たちに信仰を測り与えてくださっている(Rom 12:3)。義と信仰はキリストご自身である。ただ、私たちの罪意識がその流れを阻害する。あらゆる罪定めの感覚から解かれること。あなたは新生命体ニュークリーチャーとして、神の前に完全とされ、罪のないものとみなされている。義意識(Righteous-Consciousness)に目覚めよ!すると自然にフェイスは増殖する。なにしろ、われわれのいのちはキリストとともに神のうちに隠されており、私たちはキリストと共に天の座にいる存在なのだ。はあ、とてもそんなおこがましいことは・・・と思う人は騙されている。それは謙遜とは言わない。真の謙遜とは神の言葉が啓示することをそのままに受け入れ、信じること!まことに

事を隠すのは神の誉れ。事を探るのは王の誉れ。-Prov 25:2

詳細はあすのメッセにて・・・

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/435

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

03 2017.04 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Comment

Re:思想や正義の病理の究極
2017/03/17 from X
Re:リアリティーとは何か?
2017/03/17 from 権限がありません
Re:世界は数学だ
2017/03/08 from 権限がありません
Re:偽りの代償
2017/02/26 from satake
Re:本日のセレブでの難病の癒し
2017/02/20 from Q

Recent Trackback

Re:リアリティーとは何か?
2017/04/25 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/24 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/23 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/21 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/19 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE