Entry

地はゆらゆらと

20160418-2.jpg

地に住む者よ、恐怖と穴と罠がお前に臨む。恐怖の知らせを逃れた者は、穴に落ち込み/穴から這い上がった者は、罠に捕らえられる。天の水門は開かれ、地の基は震え動く。
地は裂け、甚だしく裂け/地は砕け、甚だしく砕け/地は揺れ、甚だしく揺れる。
地は、酔いどれのようによろめき/見張り小屋のようにゆらゆらと動かされる。地の罪は、地の上に重く/倒れて、二度と起き上がることはない。-Isa 24:17-20

地下10キロ震源の地震の多発については2010年ころから指摘している。2011.03.11についてはピンポイントで事前に指摘してしまった。当時、講義でも11日に注意と何度も警鐘を鳴らしていた。今回のも地下11キロとかで、一部には人工地震説も出ているようだ。

地下10キロで頻発していることは多分に地殻と内部のズレが生じていることを思わせる。つまり卵の殻と中身がずれているのだ。これは地球がおかしてくなっていることの証左。いわゆるシンクホール(地面の陥没)なども頻発している。先にはナイル川が"血"に変わった。

2010年は霊的相転換の年と指摘したが、それ以降確かにソレが起きている。これまでとはまったく違うスピリチュアルな様相を見せているわけ。霊的領域のサブスタンスは物理的領域の現象とシンクロする。よってこれまでのパラダイムが崩壊するような現象が多発するのだ。

人はみなノーマルシー(日常性)バイアスに騙される。韓国では地下鉄で火災が起きても、乗客は平然としていた。いわゆる茹でガエル状態。カエルをいきなり熱湯に入れると暴れるが、徐々に温めると気持ちよくご臨終する。ノアの洪水でも、人々は流されるまで<気がつかなった>とある。それと同調性バイアス。赤信号みんなで渡れば怖くない。極私的には青信号ひとりで渡ると怖くなる、だ。大衆に流されたらオシマイ。

いずれ東京も他人ごとではなくなる。私は以前より廃墟と化したビル群が見えている。その幻は未だに消えていないのだ。

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/600

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

03 2017.04 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Comment

Re:思想や正義の病理の究極
2017/03/17 from X
Re:リアリティーとは何か?
2017/03/17 from 権限がありません
Re:世界は数学だ
2017/03/08 from 権限がありません
Re:偽りの代償
2017/02/26 from satake
Re:本日のセレブでの難病の癒し
2017/02/20 from Q

Recent Trackback

Re:リアリティーとは何か?
2017/04/25 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/24 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/23 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/21 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/19 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE