Entry

(続)癒される人・癒されない人

この厳粛な差はどこに由来するのか? これまでの経験からの事実をまとめてみると―

今回の方は以前に、やはりガンで亡くなったある姉妹から受ける雰囲気や印象と非常に似ていることに気がついた。両者ともとても育ちがよく、従順、教育程度も高く、医師の言うことがよく理解できて、自分でも自ら学んで医学的知識を持っておられる。自分が処方されているクスリも実によく知っている。常識をよくわきまえており、気配りもできる普通の社会人としてはまことに模範的。要するに状況に自ら適応する傾向が強い。

対して末期ガンや難病が癒された人たちの場合、いわゆる模範的社会人像からはかなり外れている。末期ガンが癒されたご婦人などは病院に行かず、患部を自分で切開して膿を絞り出しておられた。難病がふたつ癒された兄弟などは社会的には完全に破綻していた。前にも書いたが、韓国のある姉妹は2010年に肺に5センチくらいの腫瘍があり、胸水も貯留していたが、なんの治療も受けずにいまだに元気である。当時、私は彼女のX線写真を見せられてかなり驚いたものだ。

英国のKingdom FaithColin Urquhartも2002年ごろに胃ガンを患った。一時はビデオで見ても衰弱が著しく、もうダメかと思った。癒しの務めは彼のミニストリーの重要な部分なのだ。が、彼は完全に癒されて、今もなお主にあるミニストリーを継続している。

一方、私が学んだJohn Mckeyは2001年にガンで召された。彼は元々神学者であり、大学の講師もしていたが、Colinと出会っていわゆるオツムだけの「信仰」から解放され、大学も辞して、Colinと共にKingdom Faithの主要なコース"The Way of the Spirit"を運営していた。彼の著書は文体もペダンティックであり、一読して学者のものしたものと分かる。対してColinのものは英文も簡単。

もちろんColinもKings Collegeを出て、聖公会の地区牧師であったが、70年代に組織に頼る働きに限界を覚え、巡回説教者として自立、現在に至る。そもそもKingdom Faith Churchが設立されたのは93年。それまではミニストリーのみだった。89年ころ、偽預言者がColinの働きは終わったと宣言して、それを信じた者たちが彼の元を去り、12人だけが残った。ほとんど存続が危ぶまれる事態に陥った。が、その後彼の働きは大いなる祝福を受けている。死と復活の原則を経たのだ。私は90年から彼の下に入った。

話を戻すと、ColinとJohnの差はどこにあるのか?

この世界には波動が満ちていることは私の『神の新創造-聖書が啓示する自然法則を超えるマインドのパワー』でも指摘している。神のバイブレーションと言葉(ミレア)は全地に満ちるとある(Ps 19:5)。一方でサイエンスとか人間の言葉、さらには敵の言葉のバイブレーションも満ちている。それらはちょうど電波と同じなのだ。この世界には諸々の周波数の電磁波が混在している。霊的には普通の人は神のレーマを聞くことはできない。なぜ? センサーとしての霊が死んでいるから。が、空中の存在による影響は受けている(Eph 2:2)。人のマインドは霊の世界と物理的世界の接点にあるからだ。

一般的に、従順で、教育程度も高く、常識的な人のマインドがどちらに共鳴し易いかは言うまでもない。つまり癒しを受ける人と受けない人の差はマインドの構造による部分が大きいのだ。医師の診断と御言葉の診断のどちらにより容易に共鳴し得るか? カギはここにある。ゆえに主は言われた-

あなたがたはどう聞くかによくよく注意しなさい。-Luke 8:18

フェイスは聞くことから、聞くことはキリストの言葉(レーマ)による(Rom 10:17)

癒しを受ける人はみな自らこのレーマを聞いている。別に私が祈ったからとか、誰かのミニストリーを受けたからではない。彼ら自身が聞いているのだ。そして分かる、あ、自分は癒された、と。それがフェイスの瞬間、つまりレーマにチューニングされるのだ(⇒信仰と希望について)。これをもっとも阻害するのが、恐れの霊である。ゆえに主は繰り返し、「恐れるな」と言われたのだ。

癒しは希望によるのではない、フェイスによる。フェイスは願うことのサブスタンス(Heb 11:1)。希望からフェイスに突き抜ける瞬間があるのだ! そしてこれはそれぞれのマインドの構造によって、タイミングも、程度も、状況もまったく異なるものとなる。ある意味で、肉体の病状の進行とフェイスへの突き抜けの競争となるのだ。

カギは何か? 繰り返すが、レーマにチューニングされること。そのためには

あなたがたはこの世に倣ってはなりません。むしろ、思い(原語)を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。-Rom 12:2

マインドが世に倣うほどにフェイスを失う。世とは別に六本木のディスコを言うのではない。高尚なサイエンスや学問や思想などすべて神の言葉に対立するものである。私たちのサブコンシャスのレベルにはそのようなサタンの要塞が構成されている。私はこれを「霊感情観念複合体」と呼んでいる(⇒サタンの要塞について)。ゆえにパウロはこう訴えるのだ。

わたしたちは肉において歩んでいますが、肉に従って戦うのではありません。わたしたちの戦いの武器は肉のものではなく、神に由来する力であって要塞も破壊するに足ります。わたしたちは理屈を打ち破り、神の知識に逆らうあらゆる高慢を打ち倒し、あらゆる思惑をとりこにしてキリストに従わせ・・・-1Cor 10:3-5

マインドの再構成(メタモルフォーシス、トランスフォーメーション)フェイスの覚醒。今回の件を通して、このプロセスがさらに触媒されたことを感じている。

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/624

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

09 2017.10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Trackback

Re:リアリティーとは何か?
2017/10/20 from 承認待ち New!