Entry

補助輪を外せ―恐れは幻想

20160823-1.jpg

今回のメッセでも語ったが、自転車の乗り始めは補助輪をつける。しかし走ると補助輪は浮くが、つまり二輪だけで走っているのだが、本人は気がついていな い。そこで補助輪を外すと、途端に走れなくなる。なぜ?恐れのゆえだ。実際は補助輪があっても、それは役をなしていなかったのに、いざ外すと走れない。こ れがマインドのなせるわざ。つまり補助輪に頼り、補助輪があるから安心と思っているから。そのマインドのマトリックスにはまっているわけ。が、事実はすで にそのマトリックスを逸脱している。

自転車が走るのは目に見えない物理の法則による。それをつかむこと、あるいはそれに乗ること。ここでマインドのリニューワルが要る。目に見える補助輪で走 るのではなく、目に見えない法則にのること。が、これまで頼ってきた目に見える補助輪がないと怖いのだ。恐れ。それは幻想であるとわかる。なぜ?すでに補助輪は不要になっているのだ。ただマインドが補助輪に置かれているゆえに、それがないと恐れを覚える。

フェイスによる歩みもかくのごとし。目に見える何か、これまで頼りとしてきた対象、自分のアイデンティティーや生存を担保してくれる何か、それがなくなる ことを人は恐れる。が、私たちは目に見えるところによらないで生きる。それはフェイスの法則だ(Rom 3:27;8:2)。何もないようであるが、物理的法則は働いている。霊的法則 も同様。フェイスを使うこと、フェイスに任せること。フェイスを働かせること。

補助輪を外した当初は1m進んでは倒れ、また起きては倒れだ。が、あきらめたらそこで終わる。傷つきながら、何度も繰り返すと、ボディが法則をつかみ覚え る。するとあとは自動的。何の力みもなく軽く走れる。ただこぎ出せばよいのだ。まことにフェイスによる歩みもかくのごとし。なんと安楽なものだろうか。何の労苦も要らない。フェイスを働かせるだけで何でも得られる。神の用意された資源(サブスタンス)はすべて使うことができるのだから。そのためには―

フェイスの覚醒!

Glory to God!!!

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/867

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

10 2017.11 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH