Entry

御言葉にあえて抵触することの危険性

20161001-2.jpg

ひじょうに危険な兆候がこういった雰囲気で語られる時代。

-「祝福できないならば呪うことを学べ」は明るい教え~原田まりる氏インタビュー(後編)

ニーチェは牧師の子、いわゆる「キリスト教」に反発、それが彼のすべての動機。悲劇はキリスト教とキリストを同一視した点。彼はキリストにも反逆してしまった。死因は梅毒性の精神錯乱と言われているが、そうでなくとも彼の思想が狂気へと導いた。

ある種、その本質は「ひねくれた純真性(純粋性)」とも言えるが、御言葉にあえて抵触することは実にリスキーなのだ。「純粋な人」はかえって自分を悲劇へと追い込むことが多いのだ。神がいるのになんで世界はこんなに悲惨なんだぁ!と。まだ犠牲が要るのかぁ~!と、ポセイドンアドベンチャーのメンタリティ。だから神がサタンの権威に服しているとかいう者すら出てきてしまう。

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/919

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

01 2018.02 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Comment

Re:赤い子牛
2018/02/12 from 承認待ち
Re:思想や正義の病理の究極
2017/03/17 from X
Re:偽りの代償
2017/02/26 from satake
Re:本日のセレブでの難病の癒し
2017/02/20 from Q
Re:出家と献身-ニッポンキリスト教のタブーをあえて
2017/02/14 from Dr.Luke Karasawa (唐沢治)