本日の癒しの証

ある姉妹が言われるに、昨年2月頃から乳がんを発症していた。私たちのプレイヤーMTGでも共にがん細胞の消滅を命じ、医者に対してもジーザスが癒すと宣言。その時には医者は嘲笑っていたと。

が、数カ月前に検査に行くと、医者は何も言わないで経過を見ましょうとだけ。不思議に思っていたが、最近再び検査すると、ようやく医者がしぶしぶ「がんが消えてます」と。すでに前の検査の時消えていたのだ(笑)

これが医者のプライドのなせるわざ。結局、ほとんど治療することなく、がんは消えたのだった。PTL

 


Continue Reading

Dr.Caroline Leaf

もうひとりの注目する人物、Dr. Caroline Leaf。メルリ・ストリープ似の大脳生理学者。彼女はもろウォッチマン・ニーの『霊の人(The Spiritual Man)』(http://www3.telus.net/trbrooks/The_Spiritual_Man.pdf)を継承している。英語はクリアで分かりやすい。フェイスと大脳の関係は私のメッセでも何度も語っているところ。

なお、このテーマについてはニーの"Spiritual Knowledge"(CFPhttp://www.c-f-p.com/)が源流にある。特にマインド(nous)とブレインの関係とそのトランスフォーメーションを詳細に論じている。


Continue Reading

Dr.あいこ氏のセミナーに参加

以前より注目していたDr.あいこ氏が来日してセミナーをとのことで、本日参加してまいりました。以下、FBより-

DRあいこセミナー終わりました。一言、面白い❣️何より89歳とか。ぼくの亡きおふくろと同じ。存在そのものが証だねケリーさんやロイドさんともお会いできて感謝です。ヨロシク

追記:ようやく自宅着(東京駅で足止めを食いました)。しかし、こういう方がおられるんだと、YouTubeで注目していたが、私のアプローチときわめて似ているのだ。空理空論的神学ではなく、あくまで生体と霊との関連で聖書を理解し、実践応用すること。本日は理論よりは実践編といった感じだったが、参考になった。

(しかし、テスラのスカラー波まで登場して、通訳は困ったことだと思う。ただこの辺はいろいろ議論があるところではあるが・・・。)

ちなみに私も20年近く前から『霊精神身体医学』を提唱している。大脳と霊との関係はわが関心の核心(⇒人間の聖書的啓示と現代精神科学 http://www.kingdomfellowship.com/Ministry/Ron/human.html)。

もうひとり注目しているサイエンティストは大脳生理学のDr.Caroline Leaf。聖書は宗教の本ではないし、キリスト教の教典でもない。物質⇒精神⇒霊的領域まで射程を広げたサイエンスの書なのだ。スピリチャル・サイエンス。フェイスによりいかに五感の領域を統治するか。Take Dminion!!!


Continue Reading