世事都訛―一石

コレ、なかなか面白い。日本人は日本の歴史を知らない。南京大虐殺はあり得ない。当時、日本軍が統治し、むしろ安全だからと、20万だった人口が25万に増えていた!?

この三上氏(この人、元はつくば大で物理学専攻)の発言もいいね。「歴史」なんてヤラセ。政治家に倫理道徳を求めるからややこしくなる。悪党でもいいから、ちゃんと治めろと。 そう、メスは切れるが、カネと女にまみれた財前のオペを受けるか、聖く貧しいがメスの切れない外科医のオペを受けるか、あなたはどちら?

牧師も同じ。いつもニコニコ牧師顔、なんでも愛して赦してだが、聖書の知識はほぼゼロ(ま、神学は知ってるかも?)、無邪気に嘘を語るのがいいか、Dr.Lukeがいいかってね(笑)

結局ね、赤と青、どちらのカプセルを飲みますか?ってこと。

世事 都て訛たり  一石
當年 風貌 細腰(さいよう)多し
浮客 時を痛む 髪己(すで)に皤(しろ)し
何(なん)ぞ人生に耐えん 胡蝶の夢
今に到り識(し)る可(べ)し 事都(すべ)て訛(か)なるを

かつてはみな姿かたちも美しかった
世の旅人はすでに髪も白くなり、時の流れを悼む
人生はまことに胡蝶の夢のごときもの
今にして、この世はすべてフェイクであると知るのだ

目に見えること、これは目に見えないことの現れ。それはマインドが作り出したマトリックス。真理は見えない世界、五感を超える領域、時空に拘束されないスフィアにあるわけ。しかし苦と楽とか、富と貧とか、相対世界で見えるもので振り回されているのが罪に落ちた人類なのだ。マズローによるまでもなく・・・。これはキリスト教徒も同じ。

見えるものは一時的、見えないものこそ永遠である。―聖書

参考:胡蝶の夢とは(Wikiより)
夢の中で胡蝶(蝶のこと)としてひらひらと飛んでいた所、目が覚めたが、はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか、という説話である。この説話は「無為自然」「一切斉同」の荘子の考え方がよく現れているものとして有名である。「無為自然」を荘子の言葉でいえば「逍遥遊」となり、それは目的意識に縛られない自由な境地のことであり、その境地に達すれば自然と融和して自由な生き方ができると荘子は説く。荘子が他の説話において提出してきた「是と非、生と死、大と小、美と醜、貴と賎」などの現実に相対しているかに見えるものは、人間の「知」が生み出した結果であり、荘子はそれを「ただの見せかけに過ぎない」という。

追記:さっそくこんな記事がありました。単語一つでいかようにも「歴史」は操作されるのです。

聖徳太子、鎖国… 「教えづらい」のひと言で歴史が歪められる驚き


Continue Reading

いつも思うニッポンキリスト教徒の不思議な事

このキリスト教なる業界、聖書を唯一の信仰基準にすると宣言しつつ、全然聖書を知らないし、平気で誤訳を鵜呑みにするし、書かれてないことを堂々と言っている。ほんと、自然科学系の者からすると理解不能なのだ。

例えば、例の「ラブソナタ」。これは実にキモイ。「あなたは愛されるために生まれた」・・・。いやはや、自己憐憫の霊の極致。聖書はなんと言っているか:エロヒムは祝福して言われた、生めよ、増えよ、地を従わせよ。

つまり人が創造された原初的目的は、神の代理権威として「地を従わせる」こと。この「従わせる」の原語は「強制力を持って」の意味である。要するに神の意志に反するものがすでに人の創造の時に存在していたのだ。これは創世記1:1と2節の間に秘密がある。

このアサインメント(委託)から人は堕ちた。で、一種の傍観者となってしまった。自分が何をしても世は変わらない。ただ愛されていればよい・・・と。あるいはめんどうなことは言わず、伝道、伝道とかね。あるいは携挙と再臨を待ち望むだけとか。この辺は再建主義者の批判どおりであろう。

これがもろに現れるのが病気に対する姿勢。ある者は病気は神の御旨、それにより人格を陶冶されるためとか、主のお苦しみを共にする経験だとか・・・。まあ、三浦綾子文学的ワールド。

果たしてジーザスは自分のところに来る病者にそんなことを言われたであろうか?ジーザスは病気を治めたのだ。従わせたのだ。命令、コマンドにより。それは秩序に置くこと。病気はDis-orderあるいはDis-ease。神の秩序からのDis=逸脱。だから秩序に戻すこと。神の秩序とは健康である。

もっとも深刻な病は、実は、聖書からの逸脱。自分が聖書を知らないことにすら気がついていない。キリスト教の病とは、ちょうど結核を患っている医師がそのことを知らず、マスクもしないで治療室に人々を招くようなものである。

これもね⇒ニッポンキリスト教の七不思議


Continue Reading