予知夢―神は夢においても語る

これ、ユングの分析心理学ではかなり重要視するテーマ。ダニエルによるネブカデネザルの夢の解き明かしがルーツ。ある精神分析学者はフロイトの精神分析のルーツは聖書であると明言している。まあ、カイン・コンプレックスからも分かる。

ちなみに私もかつて夢日誌をつけていた。25歳の頃、頻繁に見た夢が妊婦さん。繰り返し、繰り返し、夢に出てきた。不思議だった。で、まもなく26歳に新しく霊から生まれることができた。後で振り返ってみて、なるほど・・・。

さらに遡ること小学生時代。3,4年の頃、どうしても20Mが泳げなかった。長路(50M)プールを横切るのだが、何度やっても息が上がる。いい加減諦めかけていたある日、担任のA先生に体育の後、ひとり残された。「泳げ!」と命じられ、トライしたが、何度やってもダメ。そろそろベソかきモードに入ったとき、なぜか泳げた。この時は正直大泣きした。

そう、力が入り過ぎていたのだ。それが疲労で力が入らなくなったので、むしろ自然と泳げたのだと後で分かった次第。この件のみならず、この先生には実に感謝している。息子さんは東大文Iから法学部を経て、現在東京高裁で判事をしている(もしかして定年か?)。その後、極私的には教師には恵まれなかったのだが・・・💦

で、面白いことに、その後、夢を見た。自分が50Mを泳ぐのだ。まさか、ようやく20Mなのにと思いつつ、リアルでチャレンジすると、これが一発で楽勝。いとも簡単に50Mをクリアした。自分でも不思議なほど。それからはスイミングに対する苦手意識は払しょくされ、スピードは問わずならばいくらでも泳げるようになって今日に至る。

In a dream, a vision of the night, when deep sleep falls on men; while they slumber on the bed, then He opens the ear of men and seals their instruction, that He may turn man from his deed; that He might conceal pride from man.―Job 33:15-17

神は夢においても語るお方。こちらが聞く耳、つまり神の言葉、バイブレーションに共鳴しているかどうか、これがカギ。

聞く耳のある者は御霊が諸教会に語ることを聞くがよい。―黙示録3:18

フェイスは聞くことから生まれるのだから。聞くことはそのままフェイス。フェイスはそのままサブスタンス。

今、フェイスとは願う事柄のサブスタンス、見ていない事の立証である。―ヘブル11:1

右耳(聴力)、右手の親指(行為)、右足(歩み)の親指に血を塗られた後(聖別)、油が塗り込まれるのだ(御霊の満たし)。(Lev 8:23;30)


Continue Reading

考えるな、直覚せよ!


本日、25M潜水、一発で成功。水に入ったとき、今日はできると分かった。こういう瞬間は必ずそのとおりになる。血圧も至適(私は高血圧ではなく、下手をすると上が88とかになるのだ)。ちなみにわが奥さんは割とそのようなセンスがあって、かつてある企画で10人抜きのジャンケンをした。その時、彼女の証言では、何か自分が別の精神状態に入っているのがわかって、出すべき手がみな見えた。負ける気がしなかった、と。で、見事に優勝。

そう、リクツを超えて分かるのだ。ただ見える。I know that I know.雀鬼と呼ばれた櫻井章一は20年負け知らず、麻雀は考えるものではないと言う。損得を考えると落ちる。だから彼の手の動きは速い。打牌は1秒以内、見えたとおりに動くだけ。ジャンケンも負けない。が、考えたら負ける。(⇒http://majandofu.com/sakurai-syouiti#003

彼の名言はいくつもあるが―

・負けの九十九パーセントは自滅
・勝負において「守り」という立場はあるべきでないと考えている

これ、霊的原則でもある。ほとんどのクルシチャンは自ら負けの立場に自分を置いているのだ。たとえば、自分を傷つけた相手を恨むこと。これは相手と同じ物差しを持ち、相手の権威に服しているから。相手を祝福すること。祝福は大なる者が小なる者になすことだから。

霊的にも受動性は大きな罠となる(⇒受動性の罠)。牧師のもっともらしい説教に無防備に同意するから束縛されるのだ。はっきり言うが、ニッポンキリスト教において聞くべきメッセージはそれほどない。聖書の知識や神学、自分の意見や人生論などはいろいろ提示するが、霊的生命にとっての栄養分となるものは本当に少ない。人頼みではなく、自ら御霊に聞くこと。

わたしたちの内にはキリストからいただいた塗り油があり(これも「注ぎの油」ではない!)、すべてのことを教える。―1ヨハネ2:22

フェイスは聞くことから生まれるのだ。それはオツムの善悪といった二元論的価値判断を超えた直覚(Intuition)である。よく聞かれるのだが、Dr.Lukeのメッセのネタ本は何と。そんなものはない。私はただ聞いたことを語っているだけ。最近では牧師たちもけっこう私のメッセをネタに用いているようだが。それは分かるから、分かるとしか言えない。

しかし、わがボディ、また成長しているし、主観体感的には30代の頃と変わってない♪ きわめて軽快である

あなたがたの若さは鷲のように新しくなる。―詩編103篇

 


Continue Reading