祝イスラエル独立記念日

今年度のイスラエル独立記念日は西暦の5月1日だった(イヤルの5日)。まあ、ロスチャイルドの陰謀とか、シオニズムの仕業とか、ユダヤ教右翼は認知してないとか、いろいろ異議はありますが。

さて、1948年は・・・もちろんイスラエルの再建。AD70にローマのタイタスによって滅ぼされ、2,000年にわたるディアスポラから約束の地にイスラエルが帰還した日。現代のユダヤ人の定義は必ずしも血統的なものではないので、もちろんそのすべてがアブラハムの子孫ではないだろう。が、この国が神の瞳であることは動かせない霊的事実だ(Zech 2:8)。私は置換神学はとらないし、それは真理ではない。彼らの選びは経綸的選びではあるが、今も有効である(→「教会とイスラエルの関係について」http://www.kingdomfellowship.com/Topics/churchandIsrael.html)。

アブラハムの子孫が外国に囚われた機会は何度かある。一度はエジプトに430年(Exo 12:40)。次はアッシリアによる北王国の崩壊(BC721)、およびバビロンによる南王国の捕囚。このバビロン捕囚はエレミヤなどにより70年間と予言されていた(Jer 25:11)。この期間の数え方は

・BC606年(第1次捕囚 )~536(故国への帰還)の70年 
・BC586年(神殿の破壊)~516(神殿の再建)の70年

と複数ある。いずれにしろ、バビロンに捕囚された民の一部が帰還し、大多数はバビロンに残った。バビロンでもそこそこの生活が楽しめたのだ。これは神の国よりもこの世を愛することの象徴であり、レフトビハインドの予型でもある。

さて前者に基づいて次のような計算が成り立つ。エゼキエルに

また、一枚の鉄の平なべを取り、それをあなたと町との間に鉄の壁として立て、あなたの顔をしっかりとこの町に向けよ。この町を包囲し、これを攻め囲め。これがイスラエルの家のしるしだ。
あなたは左わきを下にして横たわり、イスラエルの家の咎を自分の身の上に置け。あなたがそこに横たわっている日数だけ彼らの咎を負え。
わたしは彼らの咎の年数を日数にして三百九十日とする。その間、あなたはイスラエルの家の咎を負わなければならない。
あなたがその日数を終えたら、次にまた、あなたの右わきを下にして横たわり、ユダの家の咎を四十日間、負わなければならない。わたしは、あなたのために一年に対して一日とした。-Eze 4:3-6

すなわち430日、1日は1年だから430年。ここから従順の年数である70年を引くと360年。レビ記に神は不従順に対しては7倍の裁きを行うとあるゆえに(Lev 26:18)、360×7=2,520年。聖書の1年は360日だから、2,520×360=907,200日。太陽暦に直すと907,200÷365.25=2483.8年。こでBC536年から数えると

-536+2483.8+1=1948.8(紀元0年はないことに注意)

かくしてエゼキエルの予言は、AD70年の世界へのディアスポラ以降消失したイスラエルの1948年の再建国をもって見事に成就しているのだ!(Grant Jeffrey, Armagedon-Appointed With Destiny, 1988)

すごい、恐るべし、神の言葉の成就に驚愕します。神には当たり前だけど、私は、人間だから、やはり、恐るべし、全知全能の時空間を越えた神の正確さに驚嘆します。

wpDiscuz