宇宙はクオンタム・インフォメーションから構成される

神の言語を使う―Dr.Luke from Luke Osamu Karasawa on Vimeo.

 

宇宙は量子情報、0と1から構成されている。これが真のリアリティー、サブスタンス。霊的にも同じ。ゆえに神の言語を操作するとこの五感の領域を操作できるのだ。

御子は、神の栄光の反映であり、神の本質(サブスタンス)の完全な現れであって、万物を御自分の力あるレーマによって支えておられます。―ヘブル1:3

フェイスによって、わたしたちは、この世界が神のレーマによってフレーム化され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。-ヘブル11:3

それはGod-OSのプログラミング言語であり、霊的サブスタンスを五感の領域に現出させる。フェイスは神の言語を操作するのだ。

いま、フェイスとは願うサブスタンス、まだ見ていないことの現出である。―ヘブル11:1

The theory of everything: The universe is 'like a COMPUTER underlined by information'

Since Albert Einstein established his General Theory of Relativity 100 years ago, scientists have been at odds as to how it merges with quantum mechanics – all of the fundamental particles, including the ones that have yet to be discovered and three of the four interactions: electromagnetism, and the weak and strong nuclear forces.

The fourth interaction, gravity, which falls into Einstein’s theory, does not match with quantum mechanics, leaving scientists unable to establish a Theory of Everything that unify the both.

However, by digging to the very depths of reality, scientists are on the brink of discovering what makes up reality and how spacetime – the model that combines space and time – emerges.

Their theory is that information, to put it simply, underlies and makes the universe.