反キリストはイスラム系か―台頭する終末のカギを握るトルコ―

反キリストはイスラムから?との説が最近浮上しているは前から指摘している。その有力候補地がかつてのオスマン帝国、99%がスンニ派のトルコなのだ1)昨今、ロシアやイランとの結びつきを強め、反イスラエルの姿勢を明確にしている。これもエゼキエル書などの預言の布陣どおりである。時代はかなり煮詰まってきているのだ。。なるほどエルドアンの様を見るとアリかも、とも・・・。極私的にはローマ帝国の末裔という点から見て、ちょっと?なのだが。

イスラム・シーア派のエスカトロジーによると、12番目のイマームがImam Al-Mahdi(マフディorマハディ)として現れる。つまり彼らのメシア。この人物が世界をイスラム帝国化する。つまりシャリア法によるウンマの形成。それは近代国家概念と真っ向から対立する。ISはそれを先取りしているわけ。すでにヨーロッパはイスラムの移民でほとんど社会が崩壊するリスクに直面している。

そして同時に悪魔がダジャールとして出現するのだ。これが一つ目。これはダニエ ル書の反映と思える。ダニエル書7章の三つの角が取れて出てくる小さな角には一つ目がついているのだ(Dan 7:8;20)。 彼らのエスカトロジーとわれわれクリスチャンのそれはネガポジ関係。つまりシーア派のメシアはわれわれの反キリスト、彼らの悪魔が実は再臨のキリストなのだ。

さて、ここへきてトルコがクローズアップすることは2012年ころから指摘している。果たしてトルコが今後どのような役割を果たすのか、EU加盟を狙っているがこれはムリだろうが・・・。

いずれにしろ、こういったダイナミクスは一般のニッポン人にはまったく意味不明であるとは思う。が、それはこの国がカプセル化されているからなのだ。世界はこのようなダイナミクスで動いている。彼らには自由と民主主義なんぞはまったく意味がない。ニッポンではそれが永久普遍の人類最高の価値観とかのたまう議員もいるのだが、まったく見当外れ。はっきり言って幼稚。

ルーツはアブラハムの妾の子イシマエルと正妻の子イサクの葛藤。もっと先にはカインとアベルの相克。要するに世界を動かす霊的ダイナミクスはYHWHに受 け入れられた霊と拒絶された霊の相克なのだ。政治経済など地政学的な動きもすべてはこのふたつの霊の対立がこの物理的時空間に現出したもの。つまり霊的領域の相克の投影なのだ。

・・・といっても、トンデモ妄想話になるのがわが国の現状。文科省の教科書では大事な知識がすべて抜けており、オトナシイ羊を養成するだけの用しか果たさい。しかし今のままではこの国は対応策をしらないまま、世界の潮流の中でクラゲのように彷徨うだけ。今は経済的な意義があるので、あちらとしても利用価値があるが、これもポシャるとほんと三島が懸念したように何もないスッカラカンの国、亡霊の国と化す。むしられるだけむしられて捨てられる女性のようなものだ。アニミズムに埋没している時代はすでに終わっている。真の霊的覚醒がこの国の存立には不可欠なのだ。

ちなみにこのWalid Shoebatは元イスラムのテロリスト。後にクリスチャンとなる。彼の発言には一応注目しておいてよい。(⇒http://shoebat.com/

References   [ + ]

1. 昨今、ロシアやイランとの結びつきを強め、反イスラエルの姿勢を明確にしている。これもエゼキエル書などの預言の布陣どおりである。時代はかなり煮詰まってきているのだ。