と教える人々がいるとのこと。ある集会の証の本に、「病気の癒しを祈ってはならない、悪霊が働くから」と書いてあるのを見て目が点になったことがある。この人たちは異言も悪霊によるとしているらしい・・・・。要するに病気の中で自分の十字架を負って主の清めの御業を受けることが大切ということのようだ。彼ら的にはこれがいわゆる聖化の過程なのだ1)それでは、神がその目的を成就するために送られた病を医学によって治療することは、見事に神の意志に反することになるではないか?!。うーっむ。

つまり、ナザレのイエスのことです。神は、聖霊と力によってこの方を油注がれた者となさいました。イエスは、方々を巡り歩いて人々を助け、悪魔に苦しめられている人たちをすべていやされたのですが、それは、神が御一緒だったからです。-Acts 10:38

イエスは御父を完全に現わされた。すなわちイエスを見れば御父の心が分かる。悪魔に苦しめられて人たちをすべていやされた! これは悪霊に憑かれた人のこと? ここの「いやされた」は”iaomai”、Strongによれば”heal, make whole”とある。健やかにされることだ。では、御父の心とは? それともイエスはあるときに方針を変えられたのだろうか? ヘブル書には、昨日も、今日も、永遠に変わらない、とある。

わたしは自分にかけて誓う。わたしの口から恵みの言葉が出されたならばその言葉は決して取り消されない。-Isa 45:23

いじめっ子にいじめられて人格が錬られることを恵みとすることはあり得ないように2)われわれは栄光の中において主と同じ姿に変えられていくのだ(2Cor 3:18)。、私たちは不当ないじめっ子には立ち向かうべきなのだ。

ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。-James 4:7

いじめられっ子メンタリティーからマインドのトランスフォーメーションにより解放される必要があるのだ。これは病気だけではない。人間関係の束縛、貧困、逆に富の誇り、世のプライドなども同じ。あらゆる妨げから自由にされて神の国の豊かさを享受するためだ。

さて、ここで問題となるのは、罪と病の関係だ。罪はひとりの人から全人類に入り込んだ(Rom 5:12)。その結果として病も蔓延した。あなたは次の質問にどう答えるであろう:主はわれわれが罪のうちにとどまることを望まれるであろうか? アブソリュートリー・ノーだ。では、主はわれわれが罪の実である病にとどまることを望まれるであろうか? ここでそれぞれのフェイスが問われるのだ。

罪と病の問題はきわめてセンシティブな部分がある。イエスは、ある盲人に対しては、本人の罪でも親の罪のためでもなく、神の栄光が現れるためと言われた。ベテスダの池の病人に対しては、これ以上罪を犯さないように、悪いことが起きないように、と言われた。しばしば人は罪を楽しみつつその中にとどまることを願う。同様に病にあることがある種のコンフォートゾーンになることがあるのだ3)これを疾病利得と言う。誤解や反論を恐れずに言うが、癒されない人はしばしば深層心理において癒されたくないのだ。罪にとどまる人も同様に、それを指摘されることを避ける。なぜならその罪の享楽を失いたくないから。人はかように自己矛盾した存在である。

原則として言えることは、死はひとりの人の罪によってもたらされた(Rom 5:12)。すなわち病気もアダムの罪の結果だ。イエスは十字架で人類の罪と病を負われ、否、罪とされ2Cor 5:21)、病を知られたIsa 53:3)。そしてその打ち傷により、私たちの罪は赦され、病は癒された(Isa 53:5)。私たちはアダムにあって生まれ、生きてきたが、ある時、イエスと共に十字架でアダムにある自分が死に、キリストにある自分が復活したと知った。さらに私たちは新しい創造とされた。

問題は、この身体がまだ旧創造に属していること。その中には罪(Sin)が住んでいること(Rom 7:17)。ゆえにこの身体は病気を抱えるし、罪も犯す。私たちにとっては、あなたの罪はすべて赦されていると宣言することは容易だが、あなたの病気はすべて癒されていると宣言することは困難なのだ。何故? 後者は目に明確に見えることだから。

癒しのミニストリーに携わる人々、例えばBill Johnsonが受けている非難に4)彼に対する批判や非難は相当のものがある。一部のニッポンキリスト教徒からの私への非難に匹敵するかもだ(笑)、彼自身メガネを必要としているし、息子も補聴器を必要とする難聴ではないか、とするものがある。彼もそれは真実に認めている。なぜ、他人は癒せるのに、自分と息子は癒せないのか? 回答は、不明、だ。私たちには分からない。英国のKingdom Faithでも、わが師であるJohn Mckayはガンで死亡した。Colin Urquhartは胃ガンになったが、15年経た今も健在だ。なぜ?・・・分からない5)ひとつヒントになる聖句がある。創世記28:16(Gen 28:16)でヤコブは、神の家ベテル、天の門に神がいるとは気がつかなかったとある。神は常に共におられるのに、私たちは気がつかない、当然神の声(レーマ)を聴くことができない。あらゆる場面におられる神(I-AM)に気が付くかどうか、これは大きな差を生み出す。フェイスは自力で絞り出すものではない。神の声レーマを聞くなのだ。

目に見える現象としては、癒されない人もいるし、綺麗に癒される人もいる。しかし、極私的には、病気の人に対しては手をおいて祈ることを淡々と続けたいと願っている。それは機会がよくても悪くても御言葉を語り続けることと同じ。御言葉を聴いた人がすべて救われるわけでもないが、聖書には淡々と種まきをせよ、とあるからだ。私たちには誰が癒される/癒されないは不明であるし、誰が救われるか/救われないかも不明だ。主は多分言われていると思う:主権者はわたしであるから、あなたが知るべきことではないと6)私は医学の介入を否定するものではないので、注意されたい。人間の裁量権に任されている部分は相当にあると考えている。神学用語を弄すれば、「一般恩恵」として。。ただ御心はすべての人が救われ、すべての人が癒されることであることは否定できない7)ここでカルバン神学に言う、選びの問題がクローズアップする。救われた人は選ばれていた人。では選ばれていない人はどうなるの? と人は質問する。が、それは神の主権に属することである。神はある器を尊い目的に、別の器を卑しい目的にのために作られるのだから。

References   [ + ]

1. それでは、神がその目的を成就するために送られた病を医学によって治療することは、見事に神の意志に反することになるではないか?!
2. われわれは栄光の中において主と同じ姿に変えられていくのだ(2Cor 3:18)。
3. これを疾病利得と言う。誤解や反論を恐れずに言うが、癒されない人はしばしば深層心理において癒されたくないのだ。罪にとどまる人も同様に、それを指摘されることを避ける。なぜならその罪の享楽を失いたくないから。人はかように自己矛盾した存在である。
4. 彼に対する批判や非難は相当のものがある。一部のニッポンキリスト教徒からの私への非難に匹敵するかもだ(笑)
5. ひとつヒントになる聖句がある。創世記28:16(Gen 28:16)でヤコブは、神の家ベテル、天の門に神がいるとは気がつかなかったとある。神は常に共におられるのに、私たちは気がつかない、当然神の声(レーマ)を聴くことができない。あらゆる場面におられる神(I-AM)に気が付くかどうか、これは大きな差を生み出す。フェイスは自力で絞り出すものではない。神の声レーマを聞くなのだ。
6. 私は医学の介入を否定するものではないので、注意されたい。人間の裁量権に任されている部分は相当にあると考えている。神学用語を弄すれば、「一般恩恵」として。
7. ここでカルバン神学に言う、選びの問題がクローズアップする。救われた人は選ばれていた人。では選ばれていない人はどうなるの? と人は質問する。が、それは神の主権に属することである。神はある器を尊い目的に、別の器を卑しい目的にのために作られるのだから。

drluke

本名:唐沢治(からさわ おさむ、aka. Dr.Luke、ドクター・ルーク、ルーク・カラサワ)/出自:195X年東京生まれ(5歳まで)、長野県育ち(高校まで)/学歴:東京大学医学部保健学科卒・同大学院(第一基礎医学専門課程)修了、英国Kingdom Faith Bible College修了/学位:医学博士/専門:精神病理学、生体現象の数理モデルなど/活動:Kingdom Fellowship Ministries代表;同パスター/趣味:温泉、映画、漢詩、ジャズ、ボディビル、ジョッギング、スイミング、ドライブ、Jean=Claude Van Dammeのファン/模範:ウォッチマン・ニー、リスペクティングYAZAWA&MISHIMA/漢詩:号は「靑心堂一石」/Blog:http://blog.DR-LUKE.com/Twitter:https://twitter.com/#/Doctor_Luke/Facebook:https://www.facebook.com/Dr.LukeKarasawa/YouTube Chanel:https://www.youtube.com/c/DrLukeKarasawa/著書:『真理はあなたを自由にする』(リバイバル新聞社)、同ワークブック、VHSビデオ(DVD2巻); 『神の新創造 GOD'S NEW CREATION 聖書が啓示する自然法則を超えるマインドのパワー』(文芸社)