Dr.Lukeの一言映画評:『スカイスクレイパー』

ドウェイン・ジョンソン、単なるマッチョではバカ面。そこで家族のために自己犠牲的な活躍をと・・・。『カリフォルニア・ダウン』も同じモチーフだった。90年代のマッチョとは路線が少し異なるわけだ。

70年代の『タワーリングインフェルノ』に『燃えよドラゴン』が何気に調味料として・・・。夏の疲れをボーっと抜くにはちょうど手ごろな刺激かもだ。家族愛を歌うと何でもOKになるわけだな(笑)