良き地カナンの実体はキリスト-その地の富をワークアウトする-

むしろ私たちは、奥義の中にあって〔今に至るまで〕隠されてきた神の知恵を語るのであって、それを神は、世々の〔創造〕以前に、私たちの栄光のために、あらかじめ定められておかれたのである。・・・
「目が見ず、耳が聞かず、人間の心に思いも浮かばなかったこと、そのことを神は、神を愛する者たちのために用意されたのだ」。
そして、まさにこの私たちにこそ神は、霊をとおして〔そのことを〕啓示されたのである。霊は、すべてを、神の深みをさえも、探り尽すからである。
・・・霊的なものによって霊的なことがらを判断しながら、そうするのである。・・・
しかし、自然的な1)脚注として、psycheの形容詞形・・・、要するに「魂的な」の意味。人間は、神の霊のことがらを受け容れない。・・・しかし私たちこそは、キリストの思いをもっているのである。-1Cor 2:7-16(岩波訳)

御言葉(ロゴス)を魂の機能のひとつである思いによって理解することはひとつのことで、もちろん必要不可欠。知性による祈りもあるのだから(1Cor 14:15)。しかしこのレベルで満足して、ここで止まっては大いなる損失。霊によりその言葉が指しているリアリティにタッチしてゲットする必要がある。これは神が、私たちの栄光のために用意してくださったもの2)ニッポンキ業界では、よく「神っさまにすべての栄光をお返しします~っ」とかやるが、これは何度も言っている通り、臭い。栄光をお返ししないとヘロデのように虫に刺されて死ぬとでも?。神は私たちの栄光のために「人間の心に思いも浮かばなかったこと」を用意して下さっている。これは霊的領域に存在する。それを信仰は実体とする。すると地的領域に現出するのだ。神の国はロゴスにではなく、デュナミスにある。

神は何を用意して下さっているのだろうか? もちろん御子を下さった。彼のうちにこそ神性も霊的資産もすべてが存在する。キリストこそ乳と密の流れる良き地の実体である。信じる者はすでにそれを所有している。キリストのマインドすら! が、これまで私の思いのキャパ-それはただちにフェイスのキャパとなるが-により制限してきた。神の用意された富を経験化する度合いは各人のキャパに従っている。

おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。-Matt 13:12

ここでマインドのトランスフォーメーションがきわめて重要となるのだ(Rom 12:2)。それはこれまでの自分の生きる領域(マトリックス)を脱すること、それには人間的(魂的)にはやや勇気も必要とされる。満々と流れるヨルダン川にまず足を突っ込むこと、セルフにとってのカンファート・ゾーンを脱することだから。それはセルフの終わり。が、霊的法則はこうだ:捨てれば、その何十倍も得る、と!

世から救い出される時は、まず紅海が割れてから足を突っ込んだ。これはバプテスマである。パロの支配下にあったエジプト(体の経験)からエクソダスすること。そして40年間荒野をさまよって(魂の経験)、ついにヨルダン川を渡り良き地に入る(霊の経験)。この時、まず祭司が一歩を踏み入れると激流が止まる3)上流のアダムにおいてであるが、これはアダム以降のすべての私の経験がせき止められることを意味する。十字架はアダム系を終わらせ、キリスト系を生み出す場、すなわちいのちの交換の場である(☞十字架って何でしょう)。。順序が逆になる。

また荒野においては毎朝マナが降った。が、良き地に入るとそれは止まり、自分で収穫した地の産物で生きるのである。

彼らが土地の産物を食べ始めたその日以来、マナは絶え、イスラエルの人々に、もはやマナはなくなった。彼らは、その年にカナンの土地で取れた収穫物を食べた。-Josh 5:11

受け身でただ口を開けていれば神のスーパーナチュラルな供給があると勘違いするむきが多いが、霊的な耕作が必要なのだ4)これはアダムが呪いの結果として負ったいわゆる労苦とは異なる。耕作とは”abad”、英語では”cultivate”、それは罪の前の作業であり、祝福されたもの。それは元々礼拝の意味を含むのだ(Strong)。。もともとアダムに与えられた命令は「地を治めよ」だ。内には良きなるキリスト、外にも御言葉なるいのちの種が与えられている。聖霊の導きの下、自らの霊を用いて、御言葉を相手に霊的なエキササイズをするのだ。

体の鍛練も多少は役に立ちますが、信心は、この世と来るべき世での命を約束するので、すべての点で益となるからです。-1Tim 4:8

この信心(Gk.eusebeia)と訳された単語は霊的鍛錬(spiritual exercise)とも言え、Henryによれば:

but godliness is profitable unto all things; to the health of the body, and the welfare of the soul; to the things of this life, and of that which is to come; to themselves and others, though not to God, or in a way of merit:

とある。良き地の産物はすべて私たちの所有である。その時空間を超えた霊のサブスタンスを(神由来の)フェイスにより(Mark 11:22)、今・ここに実体化すること(Heb 11:1)。そのための訓練である5)フェイスを阻害するのはしばしばセルフである。セルフから離れるとき、すっと神の備えがもたらされる。。すべては霊から、つまりインサイド・アウトである。

良き地カナンでの労し方を知った者は幸いである。それは祝福の中でなされるフェイスによるエルゴン、つまりフェイス・ワークアウトである。

References   [ + ]

1. 脚注として、psycheの形容詞形・・・、要するに「魂的な」の意味。
2. ニッポンキ業界では、よく「神っさまにすべての栄光をお返しします~っ」とかやるが、これは何度も言っている通り、臭い。栄光をお返ししないとヘロデのように虫に刺されて死ぬとでも?
3. 上流のアダムにおいてであるが、これはアダム以降のすべての私の経験がせき止められることを意味する。十字架はアダム系を終わらせ、キリスト系を生み出す場、すなわちいのちの交換の場である(☞十字架って何でしょう)。
4. これはアダムが呪いの結果として負ったいわゆる労苦とは異なる。耕作とは”abad”、英語では”cultivate”、それは罪の前の作業であり、祝福されたもの。それは元々礼拝の意味を含むのだ(Strong)。
5. フェイスを阻害するのはしばしばセルフである。セルフから離れるとき、すっと神の備えがもたらされる。