世界の対立軸グローバリズムは人類を奴隷化する

神は、一人の人からすべての民族を造り出して、地上の至るところに住まわせ、季節を決め、彼らの居住地の境界をお決めになりました。-Acts 17:26

三橋氏の本の収穫。このマトリックスは実に明快だ。ぼくは保守(右系)と反グローバリズムを重ねていた。だからアベちゃんなども理解困難だった。かつての民主党とどこが違うのってね。理解ができないときはディメンジョンを増やすことだ。

国の境を決め、人類を分散統治することは神の秩序。それを壊すのがリベラル×グローバリズムだ。ニッポンは着実に壊されている。

前にこのシェーマを上げたが、霊的要因は抜いて、日本性軸はグローバル性軸、親米性軸は左右性軸とすれば、ちょうど同じになるね。読み替えで理解が新たにされた次第。

アベちゃんは「日本を取り戻す」とか、いかにも反グローバリズムに見えたが、実は・・・だったのだ。小泉・竹中時代と本質的には変わっていない。ニッポンはどんどん売られている。

ちょうど再建主義の富井氏も触れている。今日のニッポンキ業界が左巻きという点はまことに同意。さらにナイーブに愛によって世界はひとつ的なスローガンも見事に敵のプロパガンダにハマっているわけ。

究極にはバビロン化による人類の奴隷化である。

引用
tomi 2018/10/30(火) 12:40

中国詣の真意は?2

ご回答ありがとうございます。中国詣にはそういう意味があったんですね。

あの首脳会談のあと、私はかなりがっかりしましたが、少し視界が開けてきたような気がします。

ところで、今、日本の製造業(食品加工業などは私の知る範囲では日本人は2割くらい)や土木業などでは
言葉も通じない外国人労働者が恐ろしいほど増えています。
日本名を持っていても日本語が全くできないということも頻繁に見られます。あれでどうやって仕事をしているのだろうと思います。ロボットよりもひどい。そして外国人労働者はある割合でドロップアウトして、いなくなってしまうのだそうです。これが不法滞在者になり、そういう人間を使う業界も存在するわけで、それが日本の治安を破壊していくのでしょう。以前、何年も前に警察関係者から聞いたことがあるのですが、国内での犯罪率は日本人よりも外国人の方がずっと高いそうです。(順法精神がないんだそうです)。マスゴミはそういうことは絶対に報道しません。

日本の問題は 少子高齢化(警察官、自衛官の確保が困難になりつつある)、地方の過疎化(それと同時に地方の外国人の人口増加)、移民政策(特にいざとなれば、本国の指示にしたがって破壊活動をする外国人―日本人でそれを知っている人は少ないですが―そんな国から来る人間のビザ発給要件を緩和することが決まってしまいましたが)、増税、左翼、左翼史観に汚染され引きこもりを決め込む教会(おそらくこれが日本にとってもっとも破壊的なのでしょう)、財務省、外国人の北海道(特に水源地)買い占めを黙認・容認する国土交通省(自民党からは大臣がこない―いつもあの党から大臣が来る― その理由は国土を売り渡すため?)、不勉強、無知に基づいて頑迷にキリスト教を攻撃する保守など 問題が山積しています。

キリスト者が左翼史観を廃し、国際情勢について、そして日本について、深い知識を持ち、問題を直視し、Theonomy/Postmillennialism をもって具体的に祈っていかなければならないことを痛感させられます。

そのとおりだと思います。

日本が閉塞状況に陥っているのは、そのように仕組んでいる人がいるからで、日本を弱体化し、中国をアジアのリーダーにしようという人々がいたからです。

しかし、中国が暴走し、アメリカに楯突くようになったので、イルミナティ側は方針を変えて、共産党による支配を終わらせようとしています。

これもわれわれが祈ったからであると考えます。

霊界では、神の国の勢力と、悪魔の国の勢力が戦っていますが、われわれが祈って求めない限り、神の国の勢力は強くなりません。

なぜならば「神は、人間を通じて世界を支配される」からです。

われわれが求め、神がお与えになる。

この方法以外に、地上を神の国と変えることはできません。

「黙っていても、神はやってくださる」というわけではありません。

「具体的に祈り求める」ことなしに、われわれは勝利できません。

今の教会は左翼思想に汚染されており、国力を増強するという目標について無頓着です。

左翼思想は国際主義であり「一」の思想です。世界統一を目指しています。

民族主義は「多」の思想です。個々の民族の自主性を尊重します。

聖書は「一と多」の調和を命令しています。

つまり「三位一神が創造された世界は、神においてそうであるように、一と多が調和すべきである。多様な国々が自主性をもってそれぞれの領域を統治しながら、同時に、世界平和を求めるべきだ」と。

日本も世界も、教会は、共産主義という名の悪魔の思想によって大きく破壊されています。

健全な姿の教会に帰るには、健全な著作を読み、学ぶ以外にはありません。

ミレニアムはこの「洗脳解除」「再教育」のために活動しています。