形影神・神釈-陶淵明

老子の無為自然あるいは禅の境涯に通じる陶淵明の詩。終わりの部分のみ。 形影神・神釈   陶淵明  大化の中に縱(まか)せ浪(ただよ)ひ 喜ばず 亦た懼(おそ)れず 応に尽くべくんば便(すなわ)ち須(すべ)からく尽くべし […]

続きを読む


漢詩:水鳥の春夢―一石

水鳥の春夢 一石 梅花 亭上(ていじょう) 流泉(りゅうせん)を聴く 日漏れて 波紋 春憐れむ可(べ)し 澹澹(たんたん) 翠微(すいび) 酒の如く緑なり 知らず 水鳥 夢相牽(あいひ)くを ​(七言絶句・平起式・下平声 […]

続きを読む


誉め言葉に注意!

誉められるより、卑下される方が幸い。パウロは言っている: ののしられては優しい言葉をかけている。わたしたちは今に至るまで、この世のちりのように、人間のくずのようにされている。 誉められることは、実に罠なのだ。まず裏がある […]

続きを読む