バビロンの人類飼育システム

このグラフは実に興味深い(⇒ソース)。人々、特に若者が食うことに追われて、モノを考えなくなってきている。

長時間労働で疲弊した人は新聞を読む気力もなく,物事を深く考えなくなる。少しの情報だけで自分の意見を決める。それが世論になってしまう。欧州では家族で食事をとりながら会話をしたり,広場やカフェで自由に議論をしたりする。時間に余裕があるかどうかは,民主主義の成熟と深く関わっている可能性がある。(福井新聞,2017年3月20日)

とりあえず食っていくことがすべてになるとき、Sheepleが誕生する。あるいは自己実現的事業をする者も、既成勢力に認知され、受け入られることを求め、スリスリになる。いずれにしろ、「寄らば大樹」モードに陥って、何も変わらない。敵を作ることや既成システムから拒絶されることを恐れる者には何もできないのだ。この世でもキリ業界でも同じ。ニッポンは出た杭は打たれるが、出過ぎた杭はスルーされるから、思いっきり出ちゃった方が楽なんですが・・・

霊的には、これがバビロンの人類飼育システムに他ならないのだ。


Continue Reading

栄光の中での主の癒しのみわざ

昨日のプレイヤーMTGでの報告によると、今回のキャンプで【いつの間にか】(☜これがカギ。自分から意識が離れるとき、御霊は働くのだ。いつ癒されるか、まだか、まだか、とその症状を見つめているとなかなか・・・)いろいろな癒しを受けた兄弟姉妹がいたようです。別に私が手を置かなくても、栄光(カボド=重さ)にある臨在(パニーム=神の顔)の中で、御霊のタッチを受けてしまうのです。すると

もし、イエスを死者の中から復活させた方の霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリストを死者の中から復活させた方は、あなたがたの内に宿っているその霊によって、あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださるでしょう。―ローマ8:11

魂の中の阻害要因(パウロの言う、要塞;私の言う、霊感情観念複合体)のブロックが外れると神のドュナミスが流れる。あとはイッツ・オートマティックなのだ。GBTG!


Continue Reading

書籍&DVD『真理はあなたを自由にする』の再版のお知らせ

2001年に出した本書、現在絶版中ですが、希望者がいまだに多いのです。今回、出版社から版権を引き上げましたので、自由にこちらで出版が可能となりました。とりあえずKindle版で出す予定です。また当時VHSだったレクチャービデオ(2巻)はすでにDVD(2枚)化して、販売しております。なお、ワークブックは現在も出版社から入手可能です。

・オンラインショップ(⇒http://shop.kingdomfellowship.com

またサイトにて購読することも可能です。ただし、書籍にはかなり加筆してあります。「ヒューマトリックス」も公開してあります。なお、この「ハードコアプロファイルズ」に対しては当時、編集部に抗議の電話が来たり、不買運動が起きたりしました。面白いですね、霊が反応してしまうのです。

・DR.LUKEの書籍購読コーナー(⇒http://www.kingdomfellowship.com/Ministry/readingroom.html

内容:

まえがき
プロローグ 人間-この不条理な存在

パートⅠ 福音と精神病理

第1章 聖書の啓示と科学の見方
第1講 アプローチの違い
第2講 人間の構成
第3講 人間の実存的状況と原因
第4講 精神分析と精神病理
第5講 福音と精神療法

第2章 霊精神身体医学の提唱
第1講 人間の聖書的啓示と現代精神科学
第2講 霊的カウンセリングの必要性
第3講 御言葉の力

パートⅡ 真理は人を自由にする

第3章 魂編(ダイレクト・カウンセリング)
第1講 諸問題のルーツ
第2講 罪の諸相(Sin と sins)
第3講 肉の問題
第4講 信仰の必要性
第5講 御霊の働き(1)
第6講 御霊の働き(2)
第7講 敵の策略(1)
第8講 敵の策略(2)
第9講 神の戦略
第10講 重要事項の補足(1)
第11講 重要事項の補足(2)
第12講 神のパースペクティヴ

第4章 霊編(フルコンタクト・ゴスペル)
第1講 霊の開眼
第2講 神の臨在の座である霊
第3講 信仰の本質(1)
第4講 信仰の本質(2)
第5講 霊の機能(1)
第6講 霊の機能(2)
第7講 霊の機能(3)
第8講 霊と魂の相互関係
第9講 心のダイナミクス
第10講 身体の意義
第11講 十字架と御霊の機能
第12講 福音の究極

第5章 実践編(ダイナミック・フリーダム)
第1講 真理の実践
第2講 自由を得るステップ
STEP1:敵に対処する
STEP2:偽りを対処する
STEP3:反抗とプライドを取り扱う
STEP4:赦しの実行
STEP5:要塞と呪いを取り扱う

エピローグ 人間-不条理からの解放
あとがき


Continue Reading

Paul Washer 心臓発作で倒れる

このブログでも何度か紹介しているが、きわめてキツキツの説教をすることで有名な彼、今回心臓発作で倒れたようだ。この手の人はたいてい心臓をやられる。自責感の強い人は自己免疫疾患とかね。彼のメッセは解放感と喜びがまったくない。この写真の目も輝きがないし、作った笑顔で、表情全体が曇っている。

参考までにこのメッセ、聞いてみてください。救いの喜びはどこに?この霊が自分の肉体を痛めつけているのだ。

 


Continue Reading

霊的オーガニック耕法

God's Kingdom Grows Through Spiritual Organic Cultivation.

人手によらず、人はそれを知らず・・・・。何も足さない、何も引かない、御言葉だけで・・・・。聖書はね、道徳や倫理や人生論や思想や哲学や神学の本ではありません。ましてやキリスト教の教典でもない。それは生命現象の書です!


Continue Reading