ジーザスは教職制度を憎みまた戦う

黙示録2-3章の7つの教会は当時の断面的状態でもあるが、時系列的な教会歴史を予言している。 すでにエペソ(好ましいの意味)の教会では最初の愛から落ち、ニコライ派の「行い」が入った。それは「ニカオ(=支配)+ラオス(民衆)

業界のタブーをあえて語ること

いずれの業界にも組織にも必ずタブーが存在する。それに触れると業界におれなくなるのだ。ジーザスは当時のユダヤ教の祭司や律法学者などのタブーに触れ、いわゆる教職の欺瞞を暴いた。今日も同じ。ジーザスはいわゆるキリスト教の教職な