世事都訛―一石

コレ、なかなか面白い。日本人は日本の歴史を知らない。南京大虐殺はあり得ない。当時、日本軍が統治し、むしろ安全だからと、20万だった人口が25万に増えていた!?

この三上氏(この人、元はつくば大で物理学専攻)の発言もいいね。「歴史」なんてヤラセ。政治家に倫理道徳を求めるからややこしくなる。悪党でもいいから、ちゃんと治めろと。 そう、メスは切れるが、カネと女にまみれた財前のオペを受けるか、聖く貧しいがメスの切れない外科医のオペを受けるか、あなたはどちら?

牧師も同じ。いつもニコニコ牧師顔、なんでも愛して赦してだが、聖書の知識はほぼゼロ(ま、神学は知ってるかも?)、無邪気に嘘を語るのがいいか、Dr.Lukeがいいかってね(笑)

結局ね、赤と青、どちらのカプセルを飲みますか?ってこと。

世事 都て訛たり  一石
當年 風貌 細腰(さいよう)多し
浮客 時を痛む 髪己(すで)に皤(しろ)し
何(なん)ぞ人生に耐えん 胡蝶の夢
今に到り識(し)る可(べ)し 事都(すべ)て訛(か)なるを

かつてはみな姿かたちも美しかった
世の旅人はすでに髪も白くなり、時の流れを悼む
人生はまことに胡蝶の夢のごときもの
今にして、この世はすべてフェイクであると知るのだ

目に見えること、これは目に見えないことの現れ。それはマインドが作り出したマトリックス。真理は見えない世界、五感を超える領域、時空に拘束されないスフィアにあるわけ。しかし苦と楽とか、富と貧とか、相対世界で見えるもので振り回されているのが罪に落ちた人類なのだ。マズローによるまでもなく・・・。これはキリスト教徒も同じ。

見えるものは一時的、見えないものこそ永遠である。―聖書

参考:胡蝶の夢とは(Wikiより)
夢の中で胡蝶(蝶のこと)としてひらひらと飛んでいた所、目が覚めたが、はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか、という説話である。この説話は「無為自然」「一切斉同」の荘子の考え方がよく現れているものとして有名である。「無為自然」を荘子の言葉でいえば「逍遥遊」となり、それは目的意識に縛られない自由な境地のことであり、その境地に達すれば自然と融和して自由な生き方ができると荘子は説く。荘子が他の説話において提出してきた「是と非、生と死、大と小、美と醜、貴と賎」などの現実に相対しているかに見えるものは、人間の「知」が生み出した結果であり、荘子はそれを「ただの見せかけに過ぎない」という。

追記:さっそくこんな記事がありました。単語一つでいかようにも「歴史」は操作されるのです。

聖徳太子、鎖国… 「教えづらい」のひと言で歴史が歪められる驚き


Continue Reading

視・聴・臭・触・味そして信(再掲)

この五感は誰もが分かる。視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚によって私たちのうちにある世界のモデルが構築されている。私たちはこの五感あるいは五覚によって何気に生きている。それぞれの覚はそれぞれの物理的実体、つまり物理的サブスタンスを私の主観的経験とする。これを実体化(Substantiation)という。

普通の人は光の実体は知らない。電磁波であり、光量子でもあると物理学では教える。そのエネルギーはhνであるとも。が、それを知らなくとも目がそれを私の経験として実体化してくれる。物理は知らなくても何も困らない。同様に音は空気の粗密波であると知らなくても、音楽を楽しむことができる。耳がそれを私の経験として実体化してくれるからだ。こうして五感により私たちは世界を認知し、それぞれの経験に応じて世界はこうこうであると知っている。それが各人の世界観であり人生観である。これがマトリックスだ。

では、霊的サブスタンスはどうか。メッセでも語ったがLAに行かずにガイドブックだけは隅から隅まで知っている人がいる。同じように霊的サブスタンスにタッチすることなく、聖書は隅から隅まで知っている人がいる。信仰なる単語があまりよろしくないと言っているが、それは視仰とか聴仰とか言ったらおかしいでしょということ。フェイスとは第6のセンサーなのだ。ゆえに信覚とでも言うべきかもしれない。

それは霊的領域にタッチし、それをセンスする。霊的サブスタンスを経験する感覚器官なのだ。ゆえにそれはスーパナチュラル。聖書を知っていることと霊的サブスタンスを味わうことはまったく別のこと。ガイドブックを知っていることとLAを味わうことはまったく別のことであるのと同じ。この意味でいわゆる霊的書物を漁って、誰がこう言った、彼がああ言ったとよく知っていても、それはオツムの中の現象に過ぎないのだ。

今回のメッセで語ったが、われわれはゼロクリアする必要がある。フェイスとは何か。義人は視によってでもなく、聴によってもなく・・・、信すなわちフェイスによって生きるとはどういう経験であるか、主よ、教えてください。私たちは何か大いなる勘違いの中に生きていたかもしれません。マトリックスにはまっていたかもしれません。教えてください、と求める必要があると強く感じている。

これからの時代、自分の聖書の知識や御言葉の解き明かしとかいったものに頼るならば、必ず失望に終わるであろう。この意味で、自分が何によって生きているかが明確に表れてしまうのが癒しなのだ。ある人は言う、主の打たれた傷によりわれわれは癒された、といっても神は癒す人と癒さない人があるのだ、と。いや、現代では医学も発達しているから神の癒しはもはや廃れたのだ・・・。では、伺おう。主の打たれた傷によりわれわれは赦された、といっても神は赦す人と赦さない人があるのだ、と彼らは言うのであろうか?

イエスは昔も、今も、永遠に変わらないお方!すべての人を偽りとしても、神を真実とせよ!

Glory be to God!

追記: Pistis,Faithは霊覚というのがイイかもですね。ウォッチマン・ニーのThe Spiritual Manにおいては、霊の機能として良心・直覚・交わりとしています。その統合的作用が霊覚、つまりフェイスです。霊的領域のサブスタンス、リアリティーをこの五感の領域において実体化(Substantiation)するわけです。

 


Continue Reading