本日の癒しの証

ある姉妹が言われるに、昨年2月頃から乳がんを発症していた。私たちのプレイヤーMTGでも共にがん細胞の消滅を命じ、医者に対してもジーザスが癒すと宣言。その時には医者は嘲笑っていたと。

が、数カ月前に検査に行くと、医者は何も言わないで経過を見ましょうとだけ。不思議に思っていたが、最近再び検査すると、ようやく医者がしぶしぶ「がんが消えてます」と。すでに前の検査の時消えていたのだ(笑)

これが医者のプライドのなせるわざ。結局、ほとんど治療することなく、がんは消えたのだった。PTL

 


Continue Reading

栄光の中での主の癒しのみわざ

昨日のプレイヤーMTGでの報告によると、今回のキャンプで【いつの間にか】(☜これがカギ。自分から意識が離れるとき、御霊は働くのだ。いつ癒されるか、まだか、まだか、とその症状を見つめているとなかなか・・・)いろいろな癒しを受けた兄弟姉妹がいたようです。別に私が手を置かなくても、栄光(カボド=重さ)にある臨在(パニーム=神の顔)の中で、御霊のタッチを受けてしまうのです。すると

もし、イエスを死者の中から復活させた方の霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリストを死者の中から復活させた方は、あなたがたの内に宿っているその霊によって、あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださるでしょう。―ローマ8:11

魂の中の阻害要因(パウロの言う、要塞;私の言う、霊感情観念複合体)のブロックが外れると神のドュナミスが流れる。あとはイッツ・オートマティックなのだ。GBTG!


Continue Reading