これ、ユングの分析心理学ではかなり重要視するテーマ。ダニエルによるネブカデネザルの夢の解き明かしがルーツ。ある精神分析学者はフロイトの精神分析のルーツは聖書であると明言している。まあ、カイン・コンプレックスからも分かる。

ちなみに私もかつて夢日誌をつけていた。25歳の頃、頻繁に見た夢が妊婦さん。繰り返し、繰り返し、夢に出てきた。不思議だった。で、まもなく26歳に新しく霊から生まれることができた。後で振り返ってみて、なるほど・・・。

さらに遡ること小学生時代。3,4年の頃、どうしても20Mが泳げなかった。長路(50M)プールを横切るのだが、何度やっても息が上がる。いい加減諦めかけていたある日、担任のA先生に体育の後、ひとり残された。「泳げ!」と命じられ、トライしたが、何度やってもダメ。そろそろベソかきモードに入ったとき、なぜか泳げた。この時は正直大泣きした。

そう、力が入り過ぎていたのだ。それが疲労で力が入らなくなったので、むしろ自然と泳げたのだと後で分かった次第。この件のみならず、この先生には実に感謝している。息子さんは東大文Iから法学部を経て、現在東京高裁で判事をしている(もしかして定年か?)。その後、極私的には教師には恵まれなかったのだが・・・💦

で、面白いことに、その後、夢を見た。自分が50Mを泳ぐのだ。まさか、ようやく20Mなのにと思いつつ、リアルでチャレンジすると、これが一発で楽勝。いとも簡単に50Mをクリアした。自分でも不思議なほど。それからはスイミングに対する苦手意識は払しょくされ、スピードは問わずならばいくらでも泳げるようになって今日に至る。

In a dream, a vision of the night, when deep sleep falls on men; while they slumber on the bed, then He opens the ear of men and seals their instruction, that He may turn man from his deed; that He might conceal pride from man.―Job 33:15-17

神は夢においても語るお方。こちらが聞く耳、つまり神の言葉、バイブレーションに共鳴しているかどうか、これがカギ。

聞く耳のある者は御霊が諸教会に語ることを聞くがよい。―黙示録3:18

フェイスは聞くことから生まれるのだから。聞くことはそのままフェイス。フェイスはそのままサブスタンス。

今、フェイスとは願う事柄のサブスタンス、見ていない事の立証である。―ヘブル11:1

右耳(聴力)、右手の親指(行為)、右足(歩み)の親指に血を塗られた後(聖別)、油が塗り込まれるのだ(御霊の満たし)。(Lev 8:23;30)

00votes
Article Rating

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Author

dr.luke.karasawa@gmail.com
Subscribe
Notify of
guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x