フェイス

かなえられる祈りのカギ-Coming To Oneself

これらの約束、マジで受け取るならば、まことにすごいこと。しかし、これらを約束されたのはJesusその方だ。ゆえに嘘偽りはない!こちらの受け取り方に問題があるのだ。

またわたしは、あなたがたがわたしの名によって求めることは何でも、それをしましょう。父が子によって栄光をお受けになるためです。

あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。

あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです。

その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねません。まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが父に求めることは何でも、父は、わたしの名によってそれをあなたがたにお与えになります。

また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。

私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。

これが自分において成就する鍵は何か?ルカ15章の有名な放蕩息子の逸話にこうある。

しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。『父のところには、パンのあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、飢え死にしそうだ。立って、父のところに行って、こう言おう。「おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』

この放蕩息子が言おうとしているセリフはかなり策略的だ。しかし父は待ち構えて喜んで迎えた。なぜか。彼が我に返ったからだ。KJVでは"he came to himself"とある。口語訳では「本心に立ち返って」。彼は放蕩したとき、自分を離れていた。つまり彼の遊びは彼自身の本心ではなかったのだ。しかし自分自身に戻った。自分の心の真実に気がついたのだ。

主はご自分の所に来る者に、たとえ盲人であっても、必ず尋ねた、「わたしに何がしてほしいのか」と。分かるでしょう、主よ、と私たちは考える。が、しばしば私たちは表向きの霊性や格好にかまけて、自分の本心を忘れる、あるいは抑圧する。本心でないことを主に求めても、決して叶えられない。主が「何でも」と言われるとき、私たちの本心を求められる。本心を願い求めるとき、内側が光と喜びに満ち、祈っていてワクワクする。サブスタンスを得ているから、したがって必ずそのとおりに現出すると分かっているからだ。

自分の欲しいものを自分で認めること。これ、けっこう難しい。しばしば私たちは自分で自分の心を取り繕ってしまうからだ。神はpretensionな心を祝福することは決してない。かくしてかなえられる祈りの秘訣は

coming to myself!

Follow me!

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments