フェイス

良い模範(モデル)を持つこと

ぼくは99年までニッポンキ業界とはまったく接触がなかった。その必要もまったく覚えなかった1)だいたい、メインライン、福音派、聖霊派の違いも知らなかったし、センセイたちもまったく。今も業界と関わるつもりはないが、絡んでくる連中がいてウザイ。これは交わりを拒絶しているわけでない。交わりの根拠は「イン・クライスト」だけ。要するに教団や教派とは関わらないが、エクレシアとは触れ合うのだ。この意味、お分かりですよね。。霊的には英国のColin Urquhartから豊かな霊の流れと養いを受けていたし、ウォッチマン・ニーの霊性にも触れていた。

良い模範を持つこと。私たちは見た物を自然と真似るのだ2)ぼくは意識的に矢沢を真似てるわけではないのだが・・・💦。特に、自分が意志を以って認めて服した対象は、だ。だから、何を見て、何に服するか。これがカギ。ニッポンキ業界には、この意味での模範はない。

まちがってはいけない。「悪い交わりは、良いならわしをそこなう」。-1コリント15:33

この業界、人受けねらいの「君は愛されるために生まれた」などのコピーで分かるとおり、セルフを増長し、自己憐憫を煽るばかりの空気が蔓延している。真理は? 「われわれは死ぬために生まれた」のだ。老子も言っているではないか、生を出でて、死に入る、と。『葉隠』にも「武士道とは死ぬことと見つけたり」とある。生に恋々とすると醜悪に堕す。

わたしにとっては、生きることはキリストであり、死ぬことは益である。-ピリピ1:21

こうして、わたしたちの内には死が働き、あなたがたの内には命が働いていることになります。-2コリント4:12

キリストと共なる死を帯びることは、実はいのちを解き放つことに他ならない。そのとき、その人からは香が漂う。匂いはごまかせない。それはナチュラルなのか、フェイクなのか、すぐに分かる。が、同じ臭いを醸す同士は分からないのだ。ウォッチマン・ニーは若い頃からこう語っていた。

働きに倦むときに

そして全生涯をかけて、そのとおりに証しした。

永遠の励まし-ウォッチマン・ニーの最期

 

Follow me!

0 0 vote
Article Rating

References   [ + ]

1. だいたい、メインライン、福音派、聖霊派の違いも知らなかったし、センセイたちもまったく。今も業界と関わるつもりはないが、絡んでくる連中がいてウザイ。これは交わりを拒絶しているわけでない。交わりの根拠は「イン・クライスト」だけ。要するに教団や教派とは関わらないが、エクレシアとは触れ合うのだ。この意味、お分かりですよね。
2. ぼくは意識的に矢沢を真似てるわけではないのだが・・・💦
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments