日本語で「信仰」と聞くと、「信じて仰ぐ」とそれぞれのオツムに構築されたマトリックス回路が作動する。仏教とも神道でも何かを信じて仰いでいる。ゆえに、オレの信仰、あなたの信仰・・・、それぞれの信仰を大切にとなるのが一般的。かくして信仰を論じると、けっこう一部のプライドを刺激するようだ。この単語自体が日本語マトリックスなのだ。わたしはあえてフェイスと言う。

さて視力と言ったとき、オレの視力、あなたの視力とはならないであろう。それは与えられたセンサー、機能、能力。確かに視力の良し悪しはあるが、視力とは物理 的サブスタンスである電磁波をキャッチし、内的に実体化する能力。これは万人に共通。同じようにピスティス、すなわちフェイスも霊的サブスタンスをキャッ チし、実体化する能力なのだ。

「わたしは信じた。それで、わたしは語った」と書いてあるとおり、それと同じフェイスの霊を持っているので、わたしたちも信じ、それだからこそ語ってもいます。-2Cor4:13

つまりフェイスとは霊である!オツムで聖句をアレコレいじくって、その読解や解き明かしをするのではない。それは単なるオツムのマトリックス。霊的サブスタンスを知るのは霊。フェイスは霊的領域へのチャネル、ポータル。ヘブル11章1節の「フェイス」には定冠詞がないことに注意と何度も指摘している(Heb 11:1)。ニューエイジも フェイスを用いている。ただわれわれとはチャネル、ポータルが異なるのだ。われわれのそれはジーザス。

フェイスにより語り出された言葉、つまりレーマは霊であり、いのちである(John 6:63)。語り出された神の言葉は無益に帰ることはない、必ず何かを成し遂げる(Isa 55:11)。フェイスはわれわれの僕(しもべ)、私たちが命じたことを忠実に行ってくれる(Luke 17:8-9)。ある姉妹がある事について祈ると主の油塗と平安が与えられた。すると思い煩いとか不安や恐れが消失 した。祈りが通ったことは分かった・・・けど、私自身も何かしなくてよいのでしょうか?と言われた。僕は忠実に言うことを聞いてくれるのだ(Luke 17:6)。

ポイントは、誰の言葉をどう聞いて、どう語り出すか。ジーザスは内なる父の言葉を聞いてそのとおりを行った。またそれを語り出した。それだけ。彼のわざ は、聞いて、語り、行う、これだけ。私たちも同じ。ややこしいナントカ神学とかカントカ主義とか、そのようなマトリックスに絡め取られないこと。マインドが透明であれば明確に内なる神の声を聞くことができる。

「フェイスは僕である」にはまたぞろ異論があるようだ。「信仰」を日本語マトリックスで考えるむきは特にであろう。弟子たちが「神のわざを行うためには何を したらよいでしょうか?」と尋ねると、ジーザスは「父が遣わされた者を信じること、これが神のわざである」と答えた。ここで日本語マトリックスは、「ふー ん、行いではなく、信仰が大切なんだ」と考える・・・。

が、よく読んでほしい、ジーザスはそんなことを言っていない!信じること、つまりフェイスが神のわざだと言っているのだ。See? 人は何かせねば、と考 える。神はわたしがする、と答える。これがフェイス。フェイスは私の何かではない。神のわざ、つまりスーパーナチュラル。だからジーザスは「神フェイスを持て」と言われる(Mark 11:22)。私たちのために何かを成してくだ さるのは神ご自身であると。自分で「信じます、信じます」とやって裏切られたと感じる者がけっこういるが、とんでもなく勘違いしているゆえだ。

フェイスは霊であり、神のわざであり、スーパーナチュラル。キリスト教の「使徒信条」云々とかのレベルではない。昔、近視の私は視力検査の際、あらかじめ 視力検査表を「リサツクケテヘコ」と暗記して、それを答えたものだ。何を言いたいか分かりますよね?これがキリスト教なる宗教。

マトリックスを離脱せよ。霊的センサーとキリストのマインドをアクティベーションせよ。「リサツクケテヘコ」は不要になる!

0 0 vote
Article Rating

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x