フェイス

ニュー・クリーチャーとはエロヒム属

クリスチャンは罪ゆるされた哀れな罪人。これがニッポンキリスト教の貧弱な「福音」だ。アブソリュートリー・ノー。われわれはホモサピエンスではない。は? では何?・・・エロヒム属のスーパーヒューマンだ。最近、欧米でも次のような本が出ている。

キリスト教の根本的勘違いは、聖書の啓示を物理的世界(五感の領域)に適用し、実行しようする点。それはこの<3D+Time>からなる物理的世界の中の出来事に過ぎない。が、フェイスはこの五感の世界にスーパーナチュラルな神の国が介入していることを知る。私たちはその世界の住人なのだ。

わたしがこの世のものでないように、彼らもこの世のものではありません。-John 17:16

パウロもこういってコリント人を叱責している。

あなたがたは、まだ肉に属しているからです。あなたがたの間にねたみや争いがあることからすれば、あなたがたは肉に属しているのではありませんか。そして、ただの人のように歩んでいるのではありませんか。-1Cor 3:3

原文には「ただの」はない! これが邦語訳の問題点。勝手なことをするな、と言いたい。人のように歩んでいるから、ねたみや争いがある、というわけ。え? では、何? 新創造だ。ニュー・クリーチャー。私たちは人(ホモサピエンス)ではない!

イエスがメシアであると信じる人は皆、神から生まれた者です。そして、生んでくださった方を愛する人は皆、その方から生まれた者をも愛します。-1John 5:1

神、正確には霊的生命体であるエロヒムは何を生むのか? 犬は犬を、猫は猫を、人は人を、エロヒムはエロヒムを生む! これに抵抗を覚える人には質問しよう。エロヒムは何を生んだのか? われわれは何なのか? ニッポンキリスト教の罪ゆるされた哀れな罪人? そう信じるならばあなたは罪の奴隷であり、哀れな人生になるだろう。あなたの信じたととおりに、だ。

神のサブスタンスであるロゴスはイエスとして私たちの肉体と同じ肉体(ただし罪の住んでいない)を着た。いわゆるキリスト教ではその人間性こそが神のみ心の中心であり、弱く、貧しく、虐げられ、拒絶され、処刑された人なるイエスこそすべてとし、私たちもその歩みをすべしと説く。違う! 実は十字架とは新創造を生み出すプロセスなのだ。

イエスはその新創造の初穂として死者の中から最初に生まれた方(Col 1:18)。新創造がどのような存在であり、どこに住まい、何をなし得、何を得ているか。これをデモンストレーションされた。そしてイエスと同じことをわれわれもするのだ(John 14:12)。われわれは神をエミュレートする(Eph 5:1)。

そもそもイエスは貧しくない。確かに、飼い葉桶の中で生まれたが、それは場所がなかったため。加えて三博士が宝箱を持って来た。宝箱の大きさを考えてみよ。らくだで運ぶのだ。そして金と乳香と没薬を捧げた。金の量を考えてみよ。数十グラム? 乳香も没薬も高級品だ。ローマ兵はイエスの着物を争って奪い合った。なぜ? 彼の下着(われわれのイメージするものとは異なる)は一枚織り、これは高級品だ。よく繁栄を言うと非難する向きがあるが、彼らはまずイエスを非難すべきであろう。イエスは富んでいたのだ。私たちも同じ。父は言われた-

わたしのものはすべてあなたのものだ。-Luke 15:31

宗教的価値観から解かれよ! 宗教の霊から離れよ! 主は私たちに絹を着せて下さる(Eze 16:13)。私たちはすでに富んでいるのだ。それが天のサブスタンス。これが実体化されるプロセスは時空間の中で現出する。ポイントは、世の方法によらないこと、富に使えるのではなく、富を支配すること。宝くじに当選して破滅する人がいるが、彼らはマモンの餌食になったのだ。われわれはマモンを支配するのだ。誰もあえて北朝鮮の紙幣など欲しがらないであろう。が、そこに暮らすためには必要だ。

私たちはこの世のものではないが、この世におかれている。ゆえに円とかドルなどは紙切れに過ぎないが、必要なのだ。便宜として。北朝鮮紙幣をいくら集めたとて、人生安泰とは言えないように、円やドルも同じ。みな欺かれているのだ。私たちはちょうど縄文時代にタイムワープした21世紀人のようなもの。縄文時代では貝殻や石がカネであった。が、貝殻や石に身を預けることなどはナンセンセスと分かるであろう。

神の御心はどこにあるのか。新創造だ。それがいかなるものであるか、イエスは実証された。私たちはそのイエスと天に座している。自分のアイデンティティーと居場所を忘れることなかれ。地べたを這いずり回るような人生はもうやめよ。でも、私は生きるだけで精一杯なんです・・・。ああ、いつになったら気づくのか。あなたはそう信じているではないか。だからそうなっている!

マインドセットをシフトせよ! イエスは男だけで五千人を五つのパンと二匹の魚で養えるお方。弟子たちも二回も物理的に目撃しながら、悟らなかった。いわんや、私たちをや、と言わないように。私たちのうちには真理の御霊がおられるのだ!この方はイエスの言葉とわざを思い起こさせ、イエスを栄光化するお方。そもそも信仰自体もスーパーナチュラル。自分でできると思うなって。そもそも。できると思っているから、まだ足りないとか、強くないとか、ブツブツ・・・。それはただ聖霊によるのだ!

こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき理性的な礼拝です。あなたがたはこの世の形に構成されてはなりません。むしろ、思いを新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。-Rom 12:1-2

 

 

 

Follow me!

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments