11次元のうち感知できない丸まった7次元の様子。これをカラビ・ヤウ空間という。このバイブレーションが素粒子であり、われわれを構成する原子。つまりわれわれはバイブレーションなのだ。

There is no ground for supposing that matter and energy existed before and were suddenly galvanized into action. It is simpler to postulate creation “ex nihilo”…Divine will constituting nature from nothingness.-Edmund Whittaker, Physicist

物質とエネルギーがすでに存在しており、ある瞬間に突如作用し始めたと仮定する根拠はまったくない。むしろ「無から」の創造を根本原理とするほうがシンプルである。・・・何か神聖な意志が無から自然界を生み出したのだ。-エドモンド・ウィッタカー(物理学者)

The chain of events leading to man commenced suddenly and sharply…at a definite moment in time, in a flash of energy and light. -Robert Jastrow, Astronomer

人類に導いた出来事の連鎖は突如かつ瞬時に始まった。・・・時間のある決定的瞬間において、エネルギーと光の放散の中にあって。-ロバート・ジャストロー(天文学者)

We can’t understand the universe in any clear way without the supernatural. -Allan Sandage, Cosmologist

われわれはスーパーナチュラルな存在を無視しては、宇宙を明確に理解することは不可能である。-アラン・サンデイジ(宇宙物理学者)

But you see, all this is pure mathematics and so the final resolution could be that God is a mathematician. And when you read the mind of God, we actually have a candidate for the mind of God. The mind of God we believe is cosmic music, the music of strings resonating through 11 dimensional hyperspace. That is the mind of God.-Michio Kaku,Theoretical Physist

お分かりのように、これは純粋数学であり、よって究極的結論は神とは数学者であると言えるだろう[1] Dr.Kakuの神はスピノザの神。肉体を取られた神ではない。。もし神のマインドが読めるとしても、われわれは神のマインドの候補を得るだけだ。われわれが信じている神のマインドは宇宙的な音楽であり、11次元の超空間をとして共鳴する弦のかなでるミュージックである[2] … Continue reading。これこそが神のマインドである。-ミチオ・カク(理論物理学者)

0 0 vote
Article Rating

References

References
1  Dr.Kakuの神はスピノザの神。肉体を取られた神ではない。
2  詩編19篇との一致は興味深い。「天は神の栄光を物語り/大空は御手の業を示す。昼は昼に語り伝え/夜は夜に知識を送る。話すことも、語ることもなく/声は聞こえなくてもその響き(弦)は全地に/その言葉は世界の果てに向かう。
カテゴリー: フェイス科学

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x