マインドの場は広がりを有するーマインドの読み取り装置ができた

私の本『神の新創造-聖書が啓示する自然法則を超えるマインドのパワー』でも書いているが、われわれの魂(soul)の機能であるマインドは、霊(spirit)と共に相互作用し、ある種の波動、バイブレーションの場を生じる(☞マインドの場)。電磁波は電場と磁場が交互にバイブレーションにしつつ真空中を伝搬する波動であるが、それと同じ。

メッセでも語っているが、われわれのマインドは個人のブレインに限局されているわけではない。霊的領域においては波動の場としてある広がりを有している。これはちょうど電子などの素粒子が粒であり、波動であるのと同様である。電子は波の性質も有し(つまり広がり性)、粒子の性質も有している(つまり局在性)。

だからセレブなどの場においてフラストレーションや批判的なマインドを有していると、それはちょうど粒子のように限局化され、しこりとなってしまう。すると聖霊の波動を共有できず、その人はその場にいても神のタッチを受けることができない。霊がその人の周囲ではじき返されてしまうのだ。また憎しみ・嫉妬・妬みなど霊によって満たされたマインドは、苦い根として、その場を汚ししてしまう(Heb 12:15)。場の空気、アトモスフィアが重要な理由である。

ジーザスも人のマインドをご自分の霊で読み取られた(Mark 2:8)。それは霊がマインドの場を感知できるからである。人がなぜ同じ場にいて神の臨在を感じる/感じない、神のタッチを受ける/受けない、また癒しを受ける/受けないのか、その差はまことにマインドのあり方に懸かっているのだ。その人のマインドが霊の波動を阻害している。まことにマインドを凝り固めてはならない。つねに溶かしていただくこと。柔らかいパウダーのように・・・。

きょう、もし御声を聞くならば、御怒りを引き起こしたときのように、心をかたくなにしてはならない。-Heb 3:15

参考:霊の機能と魂・体の相互作用について

00votes
Article Rating

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x