フェイス

ホリゾンタルかヴァーティカルか、あなたはどちら?

あちこちの聖会とか、いわゆる油注ぎの器とかを巡り歩く人々がいる。自分の体の癒しや問題の解決を求めて、カネと労力を浪費しながらも・・・。そして、たいていは失望に終わるのだ。この人でも、また、ダメだ・・・と。

嗚呼、このような人々はトンデモ勘違いをしている。世でもミュンヒハウゼン症候群と言われる人々はドクターショッピングをする。この病院がいい、あのセンセイは名医だとか聞くと、もう居ても立っても居られないのだ。これも立派なビョウキ。このような地面を這いずり回る限り失望に次ぐ、失望で終わる。いい加減、目を覚ませよ、と言いたい。

メッセでも語ったが、私たちはイエスと全く同じに世の者ではない。私たちは上から神によって産み出された存在、つまり神属人類新しい創造ニュークリーチャー、つまり新生命体なのだ。

上から来る者は、すべてのものの上にある。地から出る者は、地に属する者であって、地のことを語る。天から来る者は、すべてのものの上にある。-John 3:31

わたしは彼らに御言を与えましたが、世は彼らを憎みました。わたしが世のものでないように、彼らも世のものではないからです。-John 17:14

聖書は日本語で考えるな、と何度も言っている。この「ように」が曲者なのだ。原語は”kathos”, Strongによれば”just (or inasmuch) as”だ。つまりイエスが世のものではないのとまったく同じに私たちも世のものではない。イエスは神のロゴス(John 1:1-3)、神のサブスタンスの物理的時空間への現出(Heb 1:3)。私たちも同じだ、と言っているのだ。つまりイエスはエイリアンであり、私たちもそれと同じエイリアンである! 上から来た存在、上に座す存在、新しい生命体としてのエクレシアの中にバプテスマされた存在なのだ。ゆえに

このエクレシアはキリストの体であり、すべてのものをすべてのものの中に満たす方の充満である。-Eph 1:23(岩波訳)

エクレシアとはキリストの充満(プレローマ)。これをキリストが満ちておられるところ、とか訳すのでズレるのだ。場所があってそこに聖霊様の油注ぎがというニッポンキ業界聖霊派の理解は間違っている。エクレシアとはキリストの充満である! 私たちは神(エロヒムなるYHWH)が生み出した存在。人は人を生む、犬は犬を生む、ならば神は神を生むのだ! というと、いよいよDr.Lukeも異端に落ちたと喜ぶむきもニッポンキリスト教にあろうと思う。私の言葉尻をとらえたくてうずうずしながら虎視眈々と狙っている人々がいるのだ。

御父は、御心のままに、真理の言葉(ロゴス)によってわたしたちを生んでくださいました。それは、わたしたちを、いわば造られたものの初穂となさるためです。-James 1:18

人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。・・・肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。-John 3:3-6

では、彼らに聞こう。カエルの子は何? 神が生み出した神の子とは何か? 正確に言おう、エロヒムが生み出したものは何?

私たちは水平方向に生きる者ではない。この地上をあちこち彷徨う者ではない。地のものはフェイク、マトリックスである。サタンは獲物を求めて地上を這いずり回っている(Job 1:7)。彼の餌は塵だ(Gen 3:14)。つまり土から造られた人。

エロヒム属のわれわれは垂直方向のリアリティーに生きる者である。救いはどこから来るのか。天地を作られた神から来るのだ(Ps 121:1-2)。別に彷徨う人々に、それをやめよ、と言うつもりはない。ご勝手にどうぞ。ただ、ご苦労様な事です、と声をかけたい。あなたが自分の真のアイデンティティーポジションアビリティインヘリタンスに覚醒するならば(☞iPAIの覚醒)、あなたの抱えてソレは瞬時に蒸発してしまうであろうに・・・。ヴァーティカルに突き抜けた人はすぐに分かる。独特の解放感を漂わせるからだ。改めて、フェイスに覚醒した者は幸いである!

Follow me!

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments